あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

「デート」と「異性の友人と遊ぶ」は同じですか? 男女で意識の違いが発覚

2015年06月26日(金)更新  読了時間:約4分
ふたりで遊びに行くのは……、「デート」?
ふたりで遊びに行くのは……、「デート」?
「週末は○○とデートなんだ」

 というように、気軽に使う「デート」という言葉。皆さんは「デート」という言葉を使うとき、「恋人と出かける」という意味で使いますか?それとも、異性の友達と出かけるときでも「デート」といいますか? 「デート」と「異性の友達と遊ぶ」ことに意識の違いはあるのか、ヒトメボ読者に聞いてみました。(回答者149名/男性93名 女性56名)

Q.「デート」と「異性の友達と出かける」は同じだと思いますか?

・同じ…61名(男性51名、女性10名)
・違う…88名(男性42名、女性46名)

 アンケートは上記のような結果に。女性は圧倒的にただ「異性の友達と出かける」のは「デート」とは違うと思っている人が多いようですね。女性にとって、デートは特別なものなのかも? さらに、「デート」と「異性の友達と出かける」ことは「違う」と答えた人たちに、具体的にどんな意識の違いがあるのか聞いてみました。

服装

「少しでも『かわいい』と見られたいので、とびっきりのオシャレなどをする」(愛媛・24歳女性)

「デートは、下着から何から何まで100%気にかける。異性の友達と出かけるときは、50%気にかける」(東京・38歳女性)

 とくに女性の意見で多かったのが服装に関するもの。確かにデートの日は、どの服を着て行こうか長時間悩んでしまいますよね。

気持ち

「恋愛対象と見ていたらデート」(東京・28歳男性)

「相手にときめいているか否か」(東京・25歳女性)

 自分でコントロールできる部分ではありませんが、ドキドキ感があったらデートになるということでしょうか。

目的

「『デート』は同じ時間を共有することが目的。『異性の友達と出かける』は(それ自体が目的ではなく)目的、目標を達成するための行動」(東京・29歳男性)

「デートは相手を楽しませる義務がある」(東京・22歳男性)

「デートとは相手の女性を幸せにしてあげることが目標であり、異性の友達と出かけるとは自分含めて相手も満足できることが目標なのかなと自分は思っています。ようするに相手と自分の優先順位が違うものなのかなと思っています」(神奈川・19歳男性)

 確かに、行き先が決まっていなくても、恋人とは一緒にいるだけでデート気分ですね。しかし、なんてステキな考え方の19歳男性。

手をつなぐ/エスコート

「デートは好きな人と出かけ、手をつなぎ一緒の時間を共有すること。異性の友達と出かけるは、まず手もつながないし、ドキドキしない」(東京・24歳女性)

「女性としてエスコートされてる感がない場合は、デートではない」(東京・32歳女性)

 スキンシップはデートならではの行動ですね。また、女性がエスコートされると男性に頼りがいを感じ、そこから恋愛感情が生まれることも。

下心

「デートは男女の関係を良くするためのもの。友達とはただ遊ぶだけ。その先に下心があるかないか」(青森・28歳男性)

「ドキドキ感とか? 幸せな感じとか? あと下心感笑 もう何もかも」(大阪・35歳男性)

「相手に性欲が沸くかどうか」(福岡・28歳男性)

 これは男性からの意見が多かったもの。下心とは、女性の場合はトキメキと言い換えられるかもしれません。


 男女が連れ立って歩いている様子は、はたから見れば「デート」も「異性の友人と遊ぶ」のも同じように見えますが、当事者の中では明確な違いがあるようです。とはいえ、

「男女の関係に発展する可能性がゼロならデートじゃない。でもゼロなんてのは基本的にあり得ないだろうから、実質、同じですかね」(東京・36歳男性)

 という意見も。もしかすると、片方は「友人と遊ぶ」と思っているけど、もう片方は「デート」と思っている場合もありえそう。意識し直してみると、「友人だと思ってたけど、けっこうドキドキしてたな……」という恋人候補が見つかるかも!?
(田中結/プレスラボ)
初出 2013/11/29
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。