あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

気がある男性と話すときに女性の声が高くなる理由

2013年12月21日(土)  読了時間:約3分
女性の声に好意のサインが……!?
女性の声に好意のサインが……!?
 女性が気になる男性と会話をするとき、声のトーンが高くなっていることに気づきませんか? 声を発している本人は無意識のうちにそうしているのかもしれませんが、声のトーンと女性の心理には切っても切り離せない関係があるそうです。恋愛カウンセラーの有馬樹里先生に教えていただきました。

「女性が地声よりも高い声で話すのは相手に好意があるというサインです。もしその声が男性に向けられているのであれば2人の距離は一気に縮まる可能性があるということです」(有馬先生)

 なぜ女性は、好意がある人に対して高いトーンの声で話すのでしょうか?

「理由は主に2つあります。1つめは、単純ですが、気になる男性と話をしている時間が楽しいからです。歌を想像してください。笑顔で歌うと、口角が上がるので、いつもより高い声が出ると言われています。それと同じように、心が弾んでいるときも口角が上がるので声が高くなるのです。また、『自分を可愛く見せたい、もっと好きにさせたい』という気持ちが前に出て、かえって緊張してしまい、のどに力が入り声帯が細くなることで高い声になる場合もあります」(同)

 どちらも意識して高い声を出しているのではなく、口角や声帯の影響でつい高くなってしまうということですね。もう1つの理由とはなんでしょうか。

「もう1つの理由は、自分をかわいく見せたいという、アピール心が無意識に働いているからです。例えば、顔のパーツや髪型などは、男女の差はあっても、持っていないとまではいきませんよね。ところが、トーンの高い声というものは、女性ならではの特徴です。それを際立たせることで、かわいいと思ってもらえるのではないかという期待が多くの女性の潜在意識にあって、それが働くのでしょう」(同)

 そうなんですね。こちらもはっきり意識して出しているわけではないものの、自分を可愛く見せたい、もっと好きにさせたいという潜在意識が高いトーンの声となって表れているんですね。では、その声に示された好意は、男性に届くものなのでしょうか。

「はい。届きます。女性の高い声は、男性にウケるんです。男性の本能として、高い声、またはアニメ声の女性に対して、守ってあげたい、という保護欲求が働くことが分かっています。つまり、可愛らしい声に反応するのです。女性は無意識に声色を変えているのかも知れませんが、男性も同じく本能の部分では、しっかり反応しているんです」(同)

 ちなみに、地声で話しているときは、緊張感がない自然な状態。地声よりも低い声で話しているときは、何か気に入らないか気分が沈んでいるというサインを出しているそうです。気になる女性の声の変化を敏感にキャッチできたら恋がうまくいくかもしれませんね。
(黒澤真紀/コンセプト21)
識者紹介
有馬樹里
婚活トレーナー。nifty「恋愛の達人」等にてメールや電話などで恋愛お悩み相談を担当。講演会やカウンセリングを通して、これまで500人以上に婚活トレーニングを実施。セミナー講師は「恋愛・婚活トレーニング・実践!」など多数。メンタルトレーナーおよびカラーセラピストの資格保持。
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 島影真奈美
  • 高津和彦
    話し方教室「ベストスピーカー」の主任講師。大阪工業大学客員教授。アナウンサーやキャスターなどで活躍した後、スピーチインストラクターとして交渉術・プレゼン術を指導している。著書に『5秒でググッと引きつける!達人のプレゼン』(PHP研究所)などがある。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 山本莉会
    中国と日本のクオーター。 大手ウェブ系広告代理店を退社しライターに。 主に雑学、仕事術、恋愛コラムなどを執筆しています。 苦手なものはイケてる男性との会話。 重度の海外旅行癖があるが、小心者なので交流は苦手。
  • 田中結
    編集&ライター。男性向けの成人誌、女性向けの婚活サイトの編集経験から、 生々しい恋愛問題が得意。おひとり様の研究も行ってい て、 ひとり焼肉、ひとり焼き鳥、ひとり居酒屋、ひとりバー、ひとり旅館、 ひとり野外フェスはクリア。