あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

芸術方面の才能が開花? 3月生まれのあるあるネタ

2016年03月01日(火)更新  読了時間:約3分
初春、何かとわくわくすることが多い時期でもありますね
初春、何かとわくわくすることが多い時期でもありますね
 とっても寒い冬が過ぎ、春の足音が近づいてきました。新年度ももう少し! 3月に誕生日を迎えた方&迎える方、おめでとうございます。3月生まれの「あるあるネタ」を集めてみました。

早生まれ、といえば

「3月31日生まれ。あと少し遅く生まれてきたら学年が違って友人や環境も変わっていたので、たまにそれを妄想する」(東京・28歳男性)

「成長が周りより遅かったので、中学校まで『小さくてかわいい女の子』のポジションを思うままにしていた」(埼玉・24歳女性)

「3月末の生まれ。歳をとるのが遅いから、大人になってから同級生の女友達に羨ましがられます」(東京・30歳女性)

「芸術関係の専門学校に進学したが、周りは3月生まれが多かった。子どもの頃の回りとの体格差で体育が苦手だったため、芸術方面の勉強を積極的にしてきた人が多かったんだと思う」(東京・31歳女性)

 「早生まれ」で得をした部分もあれば、そうでもない部分も? 大人になってからは、「歳をとるのが遅い」ということは確かに羨ましがられる要素です。

桃の節句が誕生日

「周囲の男性で3月3日生まれの人が何人かいる。『男性だけどひな祭り生まれ』というのが印象的なのですぐ覚えてしまった」(東京・29歳女性)

「ひなまつりに生まれた女の子、ということで、子どものころは自分がまるでお姫様であるような勘違いの思い込みをしていた」(神奈川・22歳女性)

 3月3日。ひなまつりだしゴロも良いし、誕生日を覚えてもらいやすいですね! 

卒業式の後が誕生日

「3月末生まれ。14歳で中学校を卒業し、17歳で高校を卒業した」(千葉・28歳女性)

 中学卒業は15歳、高校卒業は18歳と思い込んでしまいがちですが、3月生まれの人にはこんなこともあるのですね。

3月のお祝い

「誕生日祝いと進級祝い、卒業祝い、入学祝いがいっぺんに来る。祖父母からのお祝い金を他の兄弟よりはずんでもらえたので、3月は財布が潤っていた」(東京・26歳男性)

「3月14日生まれ。バレンタインにチョコレートをあげた人からの、ホワイトデーのお返しが毎年豪華です(笑)」(東京・29歳女性)

 3月14日生まれの女性からバレンタインにチョコレートをもらった男性はきっと、お返しを何にしようか考え込んでしまいますね。

この時期の苦労

「花粉症がヒドイ。誕生日はいつも、鼻水と目のかゆみがひどい状態で迎える」(東京・30歳男性)

 誕生日が花粉の時期と重なるとは……。マスクをしっかり、お大事にしてください。


 3月生まれの皆様、共感できるあるあるネタはありましたでしょうか? 季節の変わり目、体調を崩されませんように。誕生日を迎えて新たな気持ちで、4月からの新年度を迎えましょう!
(桜まゆみ+プレスラボ)
初出 2014/3/16
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。