あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

「女の話はつまらん」なんて言わせない! 『fun』ではなく『interest』な会話って?

2016年03月13日(日)更新  読了時間:約4分
どうせなら「興味が引かれておもしろい」って思わせたい!
どうせなら「興味が引かれておもしろい」って思わせたい!
 たまに耳にする「女の話はつまらない」という男性の声。なんとも思ってない人から「…で、何が言いたいの?」というような態度をとられるのはまだいいとして、意中の彼に『つまらないコ』というレッテルを貼られるのは悲しいですよね。では、「このコの話おもしろいな!」と思わせるにはどうすれば…? 恋愛心理カウンセラーの根本裕幸さんにお話を伺いました。

 まず、男性が女性の話にオチを求めてくるのはなぜなんですか?

「女性の場合は、単純に会話ができればストレス発散になるので、そこにテーマや着地点がなくても成立します。一方、男性は『結果が全て』と考える生きものなんです。そのため、着地点がない話を聞かされると、『この話は最後まで聞く意味があるのか、ムダなんじゃないか…』と思い、不安になってしまうんですよ」(根本さん)

 でも、全ての話にオチをつけるなんてハードルが高過ぎます…。

目指すべきは「fun」より「interest」な会話!

「いや、オチをつけなくてもおもしろいと思ってもらえる方法はあるんです。そのためには、『滑稽でおもしろい』(fun)ではなく、『興味が引かれておもしろい』(interest)と男性に思われるように話すことが大切。というのも、男性は『fun』と思うものに対して、感情を入れずに客観的に見る人が多いんです。一発ギャグや突拍子もない発言をして、その場を盛り上げる女性は『fun』タイプ。こういったタイプよりも、男性が『もっとその人の話を聞きたい』『その人のことを知りたい』と思うのは、感情を入れて主観的に見る『interest』のほうなんですよ」(同)

 むしろ女性としても、『滑稽でおもしろい』より、『興味が引かれておもしろい』と思われたいはず! では、そう思ってもらうにはどうしたらいいんですか?

相手のこだわりを引き出す!

「男性に『interest』と思ってもらうには、会話をしていく中で相手のこだわりを引き出すことが大切なんです。そのためには、まず、『○○というお店のシュークリームは、中のクリームが軽くて食べやすいから好きなんですよね』と自分の好きなモノについて話しましょう。すると、男性は、『こだわりがあるこのコとなら、自分のことも話して大丈夫かな』と、思えるんですね。男性が持つこだわりに自分も興味があると一番いいのですが、まずは話を引き出すことが大切です」(同)

 なるほど。話そのものでおもしろいと思わせるのではなく、その男性がおもしろいと感じるテーマに誘導していくと。

会話が盛り上がって来たら聞き役に徹する!

「男性が興味を引かれて自分のこだわりについて話し始めたら、今度はひたすら聞き役に回りましょう。男性は自分のことについて話せると満足感を得られるので、『このコと話すのは楽しいな』という印象を持つんです。さらに、会話中は明るい表情や笑顔でいることが大切。男性は視覚情報に敏感なので、『このコ、僕の話を楽しく聞いてくれている!』と、安心するんですね。男性に対して、『常におもしろいことを言わないといけない』と考えている方が多いと思いますが、実際に男性から『このコ、おもしろいな』と思われている人というのは、実は聞き役に回っていることが多いんですよ」(同)

 そっか~! ついつい自分発信で「何か話さなきゃ!」と思っていたけど、そういうことばかりじゃないんですね。

 男性はやみくもに『fun』のおもしろさを求めているのではなくて、興味が引かれる『interest』のおもしろさを求めているんだ! こうしたポイントを押さえておけば、「女の話はつまらん!」なんて言われずに済むのかも!?
(山本絵理/short cut)
初出 2014/3/27
識者紹介
根本裕幸
カウンセラーとして各地で活躍。

近著は「こじれたココロのほぐし方」(リベラル社)
オフィシャルブログ
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • YUMI
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長