あるあるなるほど恋の悩み/トラブルみんなのこえ恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

男性の視線の行先は……、実は女性が誘導している?

2014年07月12日(土)  読了時間:約3分
女性へ向ける視線はだんだん下がっていく?
女性へ向ける視線はだんだん下がっていく?
 この間まで女性の胸元にドキドキしていたはずが、今ではヒップを目で追ってしまう……。このように男性が女性へ向ける視線は、年齢を重ねるにつれて顔から胸→腰→尻→太ももへと下がってくるという話が! はたして本当なのでしょうか? 「確かなことは言えませんが、それは同年代の女性の心理の変化に反応しているのかもしれないですね」とは、心理カウンセラーの池尾昌紀さん。一体どういうことなのでしょうか?

思春期の女子は顔や髪で個性を主張


「子どもから大人へ身体が変化してくる思春期。女の子はその変化に戸惑いを感じながら、まだもてあましている時期です。スタイルにコンプレックスを持っている人はいるでしょうが、武器にしようとまでは思ってはいないでしょう。

また、多くの場合みなが同じ制服を身にまとっています。このため、彼女たちが個性を主張しやすいのは『顔』や『髪』なのではないでしょうか。かわいく魅せようとメイクをし出し、男子もそんな女子の心に反応し、顔に注目するように。実際にその頃、男子に人気があるのは、顔がかわいい子だと思います」(池尾さん)

 では、身体の変化にも慣れ、制服を卒業したあと、女性の意識はどのように変わっていくのでしょうか?


胸を意識し始めるのは?


「体が発達するとともに心も成長し、女性はより男性を意識し始める傾向があると思います。その頃には、女性として『胸』を意識するようになります。胸をキレイに見せようとする気持ちが芽生え、胸元がキレイに見えるよう服を選んだり、アクセサリーで飾ったりするのでは。すると、男性も自然に胸に目がいくように」(同)

 たしかに女性は学校を卒業してから、どんどん女性らしい服装になっていきますよね。その後の女性の心の動きとは?


成熟すると下半身にも意識がいくように


「女性としての経験や知識も増え、身体の実用性が分かり、女性として成熟した頃になると下半身を意識するように。女性らしいラインをよりキレイに魅せたいという気持ちが働くようになります。また無意識に出産を気にし出すことで、自身の下半身に注意を注ぐようになるという側面もあります。いずれにせよ、女性の下半身への意識が男性を引きつけているのかもしれません」(同)

 また、女性が隠そうとするから、逆に男性は見たいという欲望が生まれることもあるそうです。

「太ももに関しては少し事情がことなり、年齢を重ねた女性はミニ丈のボトムを履かなくなってきます。このため、同じ世代の男性にとって、若い女性が太ももを露わにしていると新鮮に映り、つい目がいってしまうのかもしれませんね」(同)

 男性の興味が顔から胸→腰→尻→太ももへと変化するのは、同世代の女性の心理に変化があるから。女性と男性は自然に反応しあっているんですね。

「といっても、これまで述べたものはあくまでも推測のひとつですし個人差も大きいものです。また、男性は女性と比べて異性を性的な対象として見てしまうところがあります。女性に対する視線がどのように変化したとしても、それは『単なる興味』の変化であって恋愛感情とは別ものと考えてくださいね」(同)

 多くの方々のカウンセリングをしてきた池尾さんですが、今まで恋愛相談を受けた中で「容姿が理由で別れを決意する方はいなかった」とのこと。もし、あなたの「○○が好き」と言っていた彼が別の女性の違う部分を見ていたとしてもそんなに気にする必要はないのかもしれないですね。
(ウチダモモコ/コンセプト21)
識者紹介
池尾昌紀
活動拠点の名古屋をはじめ、東京・大阪においてもカウンセリングを行う。
得意なジャンルは、恋愛・結婚・不倫・浮気などの男女関係、対人関係、異性への苦手意識など。「恋愛心理学講座」等の講師を担当し、「カウンセラー発!すぐに役立つ心理学講座」の執筆などでも活動中。その個性的で魅力あふれる存在感から、多くの方々に親しまれている。
オフィシャルブログカウンセリングサービス
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
  • 磯部らん
    大手運輸会社にて長年勤務し、都内の研修会社に転職。その後、独立してマナー講師になる。現在は企業での新入社員研修、ビジネスマナーセミナーをおこなっている。著書に『好かれる人の秘密』『超入門ビジネスマナー上司が教えない気くばりルール』など。
  • 清水おりえ
    真剣な恋に向き合う女性のため、恋愛カウンセリングを行っている。主著に『元カレとよりを戻す方法』(PHP出版)
  • 五味常明
    1949年、長野県生まれ。一橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 医学博士。体臭多汗研究所設立。日本診療外科研究会代表。 流通経済大学スポーツ健康科学部客員教授。
  • 鳴沢ことみ
    女性誌の編集者を経てフリーのライターに。 旅行、グルメ、美容、健康、占い等のジャンルで執筆。 趣味は日帰り旅行。神社と温泉、甘いものが好き。 最近、体力づくりのために山登りをはじめた。 実のところ“新たな出会い”に期待しています。
  • 冨手公嘉
    男性ライターならではの男の視点を汲んだコラムが書けるように励んでいきます。 美術館や映画館、ライブへ一緒に行けるようなサブカル系女子を探し求めております!!(つまり恋人募集中…)見つけた方はご一報を!
  • 有竹亮介
    人からはよく「草食系」といわれますが、否定し続けてます。マイペースすぎる性格のせいで勘違いされてるんだと思うんです、きっと。 ちなみに、J-POP命。歌って踊るグループが大好物です。