258名の専門家への取材と皆さまのアンケートから生まれた1303の恋愛コラム。(毎日更新)
ヒトメボ公式 Facebookアカウント ヒトメボ公式 Twitterアカウント ヒトメボ公式 Google+ Contact
専門家に聞いた!
2012年02月20日(月)  読了時間:約5分

男子の嫌いな女子の言動をズバリ指摘! 知らぬ間に嫌われる、女子のNG言動集

男子の嫌いな女子のNG言動集
「私って〇〇だから~」は、男子の前では禁句です

 いまや男性に好かれるための「モテテク」は数え切れないほどありますが、意外と「ひそかに嫌われている行動」って分からないもの。もしかしたら、男性はあえて口に出していないけれど、内心「女のそういうところが嫌い! 」とうんざりしていることがあるかもしれません…。

 そこで、本音を知るため周囲の男性陣にリサーチ。「女性のどんな言動にイラッとする? 」と聞いてみたところ、こんな意見が挙がりました。

「一緒に買い物に行くと、何を見ても“かわいい”しか言わないところ。『これかわいい~! ねぇ、かわいくない? 』と連呼されても、他に言うことないの!? と思ってしまう」(26歳・不動産)

「好きなタイプを聞かれて、『好きになった人がタイプ』という返しをする人。だからその好きになった人はどういうタイプなんだよ! と、ツッコミを入れたくなる」(27歳・会社員)

「『私って○○な人じゃないですか~』と、さも自分が有名人であるかのような言い方をされると、引いてしまう。別にそこまで知らないのに…」(25歳・建築士)

 これは案外、深く考えずに発言してしまっている女子も多いかも…。男性からの評価を下げている行動って、やっぱり自分じゃ気づけなさそう! 恋愛コンサルタントの橘つぐみさん、「男性に嫌われる、女子のNGな言動」とは一体どんなものか、教えて下さい!

「嫌われる言動を学ぶ前に、まずは男性には、人の心を読み取るのが上手な人と、そうでない人の2タイプがいることを覚えておきましょう。このタイプの違いによって、女性のどんなところに嫌悪感を抱くかが変わってきます」(橘さん)


 ふむふむ。接する男性がどちらのタイプかによって、自分の印象も大きく変わるわけですね。では、彼氏や気になる男性がどちらのタイプかを見極める方法は?

「分かりやすい判断ポイントは、その人が『流行に敏感かどうか』です。スマートフォンや最新の家電製品を持っているか、話題のマンガや映画をチェックしているか…など、流行りをどの程度取り入れているかで、じつは性格が分かるんですよ。人の心を読み取るのが上手な人は流行りモノを好まず、そうではないタイプの人は、人目を気にせず流行に飛びつく傾向があります。また、誰かの格言や台詞を気に入って使用するなど、他者の受け入れが多いのも後者のタイプ。どちらかというと、体育会系の人が多いでしょう」

 なるほど。ではさっそく、タイプ別に具体的なNG言動例を解説していただきました!

1.人の心を読み取るのが上手な男性
「このタイプの男性は、もともと他人にどう思われているか気にする人。そのため、他者の発言や態度にも敏感になる傾向があります。女子の考えていることもすぐに勘ぐってしまうため、小手先の小悪魔テクニックは通用しません。そのような『女性の腹黒い部分』が見え隠れすると、一歩引かれてしまう恐れがあるでしょう。また、主張が強すぎる発言を面倒臭いと感じることもあります。冒頭の『私って○○な人』のように本人のパーソナリティを前面に出されると、『そこまで聞いてないし』と思ってしまう人も多いです。同じく面倒臭く思われがちな『カワイイ』の連発は、『この部分の○○が△△でカワイイ』と、具体的な理由を述べる言い方に変えるだけで随分印象が違います」(同)

≪NGな言動例≫
気に入られようとして「すご~い」と男性をベタ褒めする
「酔っちゃったかも…」と演技しつつ男性に近づく
「疲れてもう歩けない~」と、かよわい姿をアピールする

2.人の心を読み取るのが苦手な男性
「このタイプの男性がイラッと感じるのは、男女の違いが理解できない場面に遭遇したとき。女性特有のオチのない長話や、回りくどい物事の頼み方をされると、『結局何が言いたいの? 』と、もどかしく思ってしまうのです。また、男性のプライドを傷つけかねない言動にも要注意。仕事の話をしても興味のなさそうな顔をされると、一気にその女性に対する印象が悪くなります。つまらないからといって冷めた態度をせず、にこやかに最後まで話を聞いてあげて下さい」(同)

≪NGな言動例≫
「今朝寝坊して、お弁当作ってたら卵焼き焦がしちゃって、それで…」(オチなし長話)
「最近残り物ばっかり食べてる気がするなぁ」(外食に連れて行ってほしいアピール)
ドライブ中、道に迷った彼に対し「ナビの方が正しいんだから」と一蹴する

 ちなみに、どちらのタイプの男性にも共通して嫌われてしまう言動がコチラ。

「性に対して否定的な発言や嫌悪感を抱いた態度は、男性が傷つく大きな一因です。女性側は何気なく言ったつもりでも、かなりのダメージを与えている場合があることを忘れずに。交際中であれば、たとえマニアックなプレイを求められても受け容れられる心の広さを持っておきましょう。また、日常生活での男性のちょっとした失敗や矛盾に対し、過剰に反応するのもNGです。揚げ足を取るのではなく、気づかぬふりして流してあげるのが女性としてベストな対応でしょう」(同)

≪NGな言動例≫
体の関係を求められたとき「何でそんなにやりたいの!? 」
相手の性癖を知って「ヤダ、変態じゃないの!? 」
うっかりデートの約束を忘れた男性に「私、嘘つきって嫌いなんだよね」

 うーん。良かれと思って使っていたモテテクがじつは逆効果だったり、軽い気持ちで言った一言が仇になったり…。男性を不快な気持ちにさせてしまう言動って、身近にたくさん潜んでいるものなんですね(悩)。ちなみに今回は「男性に嫌われる女性の言動」を学びましたが、続編では「男性に嫌われる女性のファッション」について掘り下げてみたいと思います! こうご期待!
(池田香織/verb)
識者紹介
橘つぐみ
橘つぐみ つぐみ恋愛相談所代表
年間200件以上の恋愛コンサルティングを行う。著書に「最終彼氏の見つけ方」「5秒で彼診断 恋のリトマス試験紙(共著)」など。
オフィシャルサイト
コラムを共有
コンビニのエピソード
前の記事
9ストーリーズ ―コンビニ―
ミキサーいらずで美ボディへ導く「グリーンベリースムージー」
劇太りガガも2か月-13kg! 話題のグリーンスムージーのダイエット効果とは?
恋人との旅行
次の記事
ケンカする確率90%! 恋人との旅行で気をつけるべきことって!? (前編)
コメント
0/400

#ヒトメボ http://www.tokiomonsta.tv/hitomebo/column/article/166-hitomebo-behavior-of-girls-hate-boys.html
コメント投稿に関する注意
あわせて読みたい
キーワード
性格診断
  • 根本裕幸
    カウンセラーとして各地で活躍。5月下旬、新刊「こじれたココロのほぐし方」をリベラル社より発売。
  • LISA
    アパレル販売・営業、ホステス、パーティーレセプタントを経て、会話術のノウハウを学ぶ。2011年よりライター活動開始。恋愛心理や女子カルチャーに関する連載コラムをはじめ、エッセイや小説、メディア取材など幅広い分野で活動中。
  • 丸田みわ子
    自身の体調不良により、健康でスリムで美肌になる野菜や果物の効果をもっと追究したいと、野菜ソムリエの最高峰であるシニア野菜ソムリエを取得する。「真の“美”体質」をテーマに、カラダの中から“美”を養うレシピやコラムを発信。「美養食研究家」として、美容ライター(インナービューティー)、各種セミナーや資格講座の講師、レシピ開発などを手掛けている。