あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

怖くて寝付けなくなった… 子どものころに読んでトラウマになった絵本

2017年01月19日(木)  読了時間:約3分
幼いころに読んでいた本が今に影響しているかも…!?
幼いころに読んでいた本が今に影響しているかも…!?
 世代を超えて長く愛される絵本。子どもの頃、親に読んでもらっていた人も多いと思います。鮮やかな色彩やほっこりするストーリーに癒される一方で、泣くほど怖かった物語もあるのではないでしょうか?

 そこで、「ヒトメボ」読者の皆さんに、子どものころに読んだ絵本で、軽いトラウマになってしまった作品を教えてもらいました。すると、同じ作品に集中したのです。


『ねないこだれだ』

「おそらく多くの子どもたちにトラウマを植え付けた一冊だと思います。眠らない子どもをたしなめる内容なのに、逆に怖くて寝付けなくなった覚えが」(宮城・19歳女性)

「表紙のおばけのインパクトがすごくて、怖かった。早く寝かしつけるためとはいえ、両親がなぜこの絵本をチョイスしたのか謎(笑)」(栃木・20歳女性)

「最後のページで『えっ、これで終わり!?』ってびっくりして怖くなり、しばらく『ねないこだれだ』が置いてある本棚にすら近づけなくなった」(東京・26歳女性)


『おしいれのぼうけん』

「保育園に通っているとき、先生が読み聞かせでおどかして、みんなで泣いたイメージ。絵も黒っぽくて、今でも押入れはちょっと不気味ですね」(愛知・26歳女性)

「小さいころに読んで、押入れが怖くなりました。その後、母に怒られると押入れに入れられるようになり、さらにトラウマに…」(宮城・42歳女性)

 暗い場所でおばけや怪物が出てくる作品は、子どもにとって大きな恐怖となるよう。コメントにもあるように、暗い雰囲気の絵も恐怖心をあおると言えそうです。同じように、絵がトラウマを生む原因となった作品も。


『かいじゅうたちのいるところ』

「絵が受け付けなかった。怪獣が私の想像力をはるかに上回る迫力で、色使いも暗く、寝る前に思い出してドキドキすることもあった」(北海道・24歳女性)


『絵本 地獄』

「幼いころに読んだけど、地獄の絵がものすごくリアルで泣いた記憶がある」(宮城・28歳男性)


『チリンのすず』

「母が図書館で借りてきてくれたのですが、絵が最初のかわいらしいイメージから、どんどん恐ろしく変化していく怖い話でした。大人になった今では、大事なことを教えてくれた素晴らしい絵本だと思っていますが、当時はただただ恐怖でした」(兵庫・32歳女性)

 誰もが知っている名作を読んで、恐怖を感じたという声もありました。


『はらぺこあおむし』

「この絵本を読んで、あおむしが大の苦手になった」(東京・28歳女性)


『かちかち山』

「たぬきが殺したおばあさんを入れたみそ汁を、何も知らないおじいさんに食べさせる部分。挿絵はなかったのですが、想像したら何ともいえない気分になりました。家の裏の畑にたぬきが出たので、うちにも来るんじゃないかと本気で恐れていました」(京都・23歳女性)


『耳なし芳一』

「耳をちぎられるなんて恐ろしすぎる…」(栃木・41歳女性)


 大人になってからも思い出すほど、鮮明に記憶に残っている絵本。怖かった作品も、今読めば見え方が変わってくるかもしれませんよ。
(有竹亮介/verb)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。