あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

彼女に「どっちが似合うと思う?」と聞かれたときのOK回答&NG回答

2017年04月19日(水)  読了時間:約4分
「この服似合うかなあ?」と聞かれたらどうする?
「この服似合うかなあ?」と聞かれたらどうする?
「ねえ、この髪型似合う?」

 彼女に突然質問されて反応に困った…。こんな経験をしている男性は多いのではないでしょうか? 似合っていればスッとの褒め言葉が出てくると思いますが、問題はその逆。正直にダメとはっきり言った方がいいのか、本音は抑えて褒めた方がいいのか…。こんな「女性の答えにくい質問」に対しては、どんな風に答えるのがベストなのでしょうか?


ベタに褒めるがベスト! 女性はただ共感してほしいだけ


「結論としては真摯に本当のことを言う必要はないのです。彼女とうまくやりたいのであれば正直に答えようとせず、ベタに褒めてあげて下さい。女性がこのような質問をしてくるとき、大抵は共感してほしいだけなんです。女性は解決策も率直な意見も必要としていないんですね」

 と答えてくれたのは、恋愛心理学に詳しいカウンセラーの冨安ひとみさん。そんな彼女たちの言葉の裏には、以下のような心理作用が働いているのだそう。

・共感してほしい
・褒めて欲しい
・関心を持ってほしい
・一緒の時間を楽しみたい

 なるほど、こう思っているのであれば、わざわざつらい思いをして、女性に本音を言っても何もいいことはなさそうですね。

「そうですね。例えば、男性が女性の買い物に付き合って服を二着持ってきて『こっちとこっち、どっちが似合うと思う?』と質問してくるとします。こんなときに、男性が真面目に『こっちかな』と答えても、本音では女性は意見を求めていませんし、自分の中で答えが決まっていることがほとんどなんです」(カウンセラー・冨安ひとみさん)

 では、そんなときはどんな反応をしたらいいんでしょう? 教えてください!


<冨安先生による模範回答>

*OK編*
女性「こっちとこっち、どっちが似合うと思う?」
男性「○○ちゃんはどっちがいいと思うの?」
女性「こっちかなぁ」
男性「僕もこっちだと思うよ! センスがいいね」

 女性の中では答えが決まっていることが多いため、それを聞き出せればOK。

*好感度アップ編*
女性「こっちとこっち、どっちが似合うと思う?」
男性「こっちは大人っぽい雰囲気になるし、こっちは肌がきれいにみえるよねー」

 これは、どちらにしても褒めていて、なおかつ真剣に答えてくれている姿勢が好感度大!

*NG編*
女性「こっちとこっち、どっちが似合うと思う?」
男性「どっちでもいいよ!」
女性「私のことなんて、どうでもいいんだね。○○くんって、いっつもそうだよね。そういえば、あのときだって…」

 と、かなり面倒くさいことになります。

 あぁ。NG編のやりとりなんて、男性であれば一度は経験していそうですね。勉強になります。でも、やっぱり長く付き合えば、しっかりと本音を伝えるべきケースも出てくるはず。そんなときには、どのような点に気を付けて伝えるべきでしょうか?

「本音を伝える際に気を付けるべきことは、『女性としてのプライドを傷つけず、上手に褒めながら、感謝も交えて自分の好みを伝えること』に限ります」(同)

 何やら難しそうですが、先生! また模範回答をお願いします。


<冨安先生による模範回答>

女性「この洋服どう思う?」
男性「これも似合ってるよ。でも、僕はこの間着てたような、かわいい感じの方が好きだなぁ」

女性「この髪型かわいくない?」
男性「その髪型も斬新でかわいいけど…。僕はいつものサラサラストレートの方が、もっと好みだなぁ」

女性「私の作った料理おいしい?」
男性「いつも、作ってくれてありがとう! すごくうれしいよ。でも、実を言うとね…。もうちょっとだけ薄味がスキなんだ」

 なるほど。実際のやりとりを見ると、冒頭の言葉の印象が強く残るので、そこまで悪い気をさせずに済みそう! 彼女からの質問でいつもケンカに発展してしまう男性陣! 女性の心理をしっかり汲み取れれば、より実のある会話ができるようになるかもしれません。ぜひ、試してみてくださいね。
(船山壮太/verb)
識者紹介
冨安ひとみ
愛知県を拠点に活動を続ける。算命学などの占いと恋愛心理を絡めたカウンセリングを行っている。恋愛カウンセリングは対面の他、Skypeなどでも実施中。毎月先着10名には特典もあり。
オフィシャルブログ
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • YUMI
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長