あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

お直しならセーフ!?  電車で化粧する人の心理、それが気になる人の心理

2017年06月06日(火)  読了時間:約3分
電車の中では特に、粉が飛び散るメイクは御法度!
電車の中では特に、粉が飛び散るメイクは御法度!
 電車の中でお化粧をする女性っていますよね? 若者だけでなく、年配の人もファンデーションやマスカラを塗っていることも。そんな場面に遭遇してしまったらいい気はしないですよね…。

 でも、よくよく考えてみると電車の中では、本や漫画を読んだり、ゲームをしたり、メールをしたり…いろんなことをしている人を見かけるのに、なぜお化粧だけがひときわ不快に映るのでしょうか。

 そこで、心理カウンセラーとしても活躍しているフリーライターの内埜さくらさんにお話を聞くことに!


電車内メイクが気になる理由


「日本の歴史をさかのぼると、素顔を人に見せるのは恥ずかしいこととされていました。そのため、人前に顔を出すときは、しっかりとお化粧をして『化けて』から会うのが礼儀でした。『化ける』過程を人に見せるというのは、トイレやお風呂に入っている姿を見られるのと同じように、恥ずかしい行為であり、無礼だとされていたんです。

そのような意識が日本人の中には刷り込まれているため、化ける過程を堂々と見せる『電車内メイク』は、読書やゲームなどの行為と違い、不快感を与えるのではないでしょうか」(内埜さん)

 なるほど!『本来は見せてはいけない行為』を恥じらいなく見せつけられているから、イヤな気持ちになるんですね~。


電車で化粧をする人にも羞恥心アリ!?


 でも、電車内でお化粧をする人にも『化粧をしている姿を見せるのは恥ずかしい行為』という意識が刷り込まれているはずなのに、なぜ人前でしてしまうのでしょうか?

「人前でお化粧ができる人は『羞恥心がない』と思われがちですが、実は『自分の知り合いにスッピンで会うわけにはいかない』という心理が働くからこそ、電車内で必死に化粧をしているので、羞恥心がないわけではありません。でもそれは、『知り合いに限り』芽生える心理で、他人にはどう思われても気にしないんですよね」(同)
 
 電車でお化粧をする人は、誰に対しても羞恥心がないんだと思っていました! 

「なかには『私的空間』と『その他の空間』の差がない人もいます。人は、自分1人の空間と、人の目がある空間とでは、無意識のうちに境界線を引くのですが、その差が曖昧な人は、どこにいても自宅にいるのと同じような感覚なので、電車の中でお化粧ができてしまうのだと思います」(同)


電車内でも大目に見てもらえる化粧があるとしたら…


 ちなみに、「電車内だけどこれくらいなら大目に見よう」と思ってもらえる、お化粧のボーダーラインはあるのでしょうか?

「スッピンからお化粧をした状態に『化ける』過程を見せられると不快に感じる人が多いので、ハンカチで脂をおさえる、リップを直すといった『お化粧直し』程度であれば許容範囲内と言えるのではないでしょうか。

ただし、ファンデーションやチークのような『粉もの』を使うのは、お化粧直しの範囲内であっても周囲に粉が飛び散るなどの『実害』を与えかねないですし、化粧について詳しくない男性の目には『化粧している』としか映らないので避けた方がいいですね」(同)

 見た目の不快感だけでなく、メイク道具で相手の服を汚してしまうなど、想像以上に周囲に迷惑をかけてしまう電車内メイク。これからは、人前で化粧をしないためにも、あと10分早く起きて「顔の準備」を整えてから電車に乗るように気を付けます!
(山本絵理/short cut)
識者紹介
内埜さくら
これまでのインタビュー人数は1200人超。女性限定でメール無料恋愛相談も実施中。(詳細はブログのプロフィール欄を参照)
オフィシャルブログ
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 島影真奈美
  • 高津和彦
    話し方教室「ベストスピーカー」の主任講師。大阪工業大学客員教授。アナウンサーやキャスターなどで活躍した後、スピーチインストラクターとして交渉術・プレゼン術を指導している。著書に『5秒でググッと引きつける!達人のプレゼン』(PHP研究所)などがある。
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 山本莉会
    中国と日本のクオーター。 大手ウェブ系広告代理店を退社しライターに。 主に雑学、仕事術、恋愛コラムなどを執筆しています。 苦手なものはイケてる男性との会話。 重度の海外旅行癖があるが、小心者なので交流は苦手。