あるあるなるほどみんなのこえ恋愛テク恋の悩み/トラブル
占い/診断生活/暮らしトレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

お直しならセーフ!?  電車で化粧する人の心理、それが気になる人の心理

2017年06月06日(火)  読了時間:約3分
電車の中では特に、粉が飛び散るメイクは御法度!
電車の中では特に、粉が飛び散るメイクは御法度!
 電車の中でお化粧をする女性っていますよね? 若者だけでなく、年配の人もファンデーションやマスカラを塗っていることも。そんな場面に遭遇してしまったらいい気はしないですよね…。

 でも、よくよく考えてみると電車の中では、本や漫画を読んだり、ゲームをしたり、メールをしたり…いろんなことをしている人を見かけるのに、なぜお化粧だけがひときわ不快に映るのでしょうか。

 そこで、心理カウンセラーとしても活躍しているフリーライターの内埜さくらさんにお話を聞くことに!


電車内メイクが気になる理由


「日本の歴史をさかのぼると、素顔を人に見せるのは恥ずかしいこととされていました。そのため、人前に顔を出すときは、しっかりとお化粧をして『化けて』から会うのが礼儀でした。『化ける』過程を人に見せるというのは、トイレやお風呂に入っている姿を見られるのと同じように、恥ずかしい行為であり、無礼だとされていたんです。

そのような意識が日本人の中には刷り込まれているため、化ける過程を堂々と見せる『電車内メイク』は、読書やゲームなどの行為と違い、不快感を与えるのではないでしょうか」(内埜さん)

 なるほど!『本来は見せてはいけない行為』を恥じらいなく見せつけられているから、イヤな気持ちになるんですね~。


電車で化粧をする人にも羞恥心アリ!?


 でも、電車内でお化粧をする人にも『化粧をしている姿を見せるのは恥ずかしい行為』という意識が刷り込まれているはずなのに、なぜ人前でしてしまうのでしょうか?

「人前でお化粧ができる人は『羞恥心がない』と思われがちですが、実は『自分の知り合いにスッピンで会うわけにはいかない』という心理が働くからこそ、電車内で必死に化粧をしているので、羞恥心がないわけではありません。でもそれは、『知り合いに限り』芽生える心理で、他人にはどう思われても気にしないんですよね」(同)
 
 電車でお化粧をする人は、誰に対しても羞恥心がないんだと思っていました! 

「なかには『私的空間』と『その他の空間』の差がない人もいます。人は、自分1人の空間と、人の目がある空間とでは、無意識のうちに境界線を引くのですが、その差が曖昧な人は、どこにいても自宅にいるのと同じような感覚なので、電車の中でお化粧ができてしまうのだと思います」(同)


電車内でも大目に見てもらえる化粧があるとしたら…


 ちなみに、「電車内だけどこれくらいなら大目に見よう」と思ってもらえる、お化粧のボーダーラインはあるのでしょうか?

「スッピンからお化粧をした状態に『化ける』過程を見せられると不快に感じる人が多いので、ハンカチで脂をおさえる、リップを直すといった『お化粧直し』程度であれば許容範囲内と言えるのではないでしょうか。

ただし、ファンデーションやチークのような『粉もの』を使うのは、お化粧直しの範囲内であっても周囲に粉が飛び散るなどの『実害』を与えかねないですし、化粧について詳しくない男性の目には『化粧している』としか映らないので避けた方がいいですね」(同)

 見た目の不快感だけでなく、メイク道具で相手の服を汚してしまうなど、想像以上に周囲に迷惑をかけてしまう電車内メイク。これからは、人前で化粧をしないためにも、あと10分早く起きて「顔の準備」を整えてから電車に乗るように気を付けます!
(山本絵理/short cut)
識者紹介
内埜さくら
これまでのインタビュー人数は1200人超。女性限定でメール無料恋愛相談も実施中。(詳細はブログのプロフィール欄を参照)
オフィシャルブログ
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
  • 植田愛美
    株式会社Willコミュニケーション 代表取締役。コミュニケーション関連の各種セミナーを企画・運営。自らインストラクターとして指導にあたることも多い。同時に恋愛問題などを得意とするコラムニスト。大手媒体で連載コラムは多数。NLPをはじめ心理系の資格を複数保持。
  • 五百田達成
    「特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ」(クロスメディア・パブリッシング)が12万部を超えるベストセラーに。東京・恵比寿にて働き女子の人生相談ルーム「恋と仕事のキャリアカフェ」を主宰。2014年1月7日に新刊が発売。「実はあなたもやっている!? ウザい話し方」(PHP研究所)
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 田中結
    編集&ライター。男性向けの成人誌、女性向けの婚活サイトの編集経験から、 生々しい恋愛問題が得意。おひとり様の研究も行ってい て、 ひとり焼肉、ひとり焼き鳥、ひとり居酒屋、ひとりバー、ひとり旅館、 ひとり野外フェスはクリア。
  • 姫野ケイ+プレスラボ
    ヴィジュアル系バンドが大好きなバンギャルライター。 学生時代は出版社でアルバイトをしながら、年間60本以上のライブに通うというライブ三昧の日々を送る。化粧映えのするイケメンとお酒が大好き。 恋愛、エンタメ、暮らしに役立つコラムを執筆中。
  • 坂井あやの
    お酒と野球をこよなく愛する、アラサー独女ライター。グルメ誌、ファッション誌の恋愛、マネー関連のページまで、幅広く執筆中。 酸いも甘いも知った大人女子w目線で、恋の不思議と謎を追及していきます!