あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

告白も自慢も前フリで予防線! 察してほしい人の心理

2017年06月12日(月)  読了時間:約4分
「オレたち、付き合ってるって思われてるよ」は告白です!
「オレたち、付き合ってるって思われてるよ」は告白です!
 いい感じの音楽が流れるカフェで、男友達とごはんを食べていたときのこと。急に「この曲なんだっけ?」と言い出した彼。「調べようか?」と筆者がスマホに手を伸ばしたあたりで、「思い出した! この曲をプロデュースしている○○さんのあの曲がよくてさ…」と、音楽うんちくが始まったのです。なーんだ、最初のセリフは「オレ、音楽詳しいんだぜ」アピールをするための“フリ”だったのね。

 この一件があってから、意識して会話するようにしてみたところ、“フリ”のなんと多いことか!

 女友達は「全然カッコよくないよ」と言いながらイケメン彼氏の写真を見せてくるし(本音/「イケメンじゃん!」という褒め言葉を待っている)、後輩は「ちょっと締め切りがタイトだったんで…」と原稿を提出してくるのです(本音/「時間があればもっといい原稿が書けた。これが実力じゃないぞ」という言い訳)。うわ~、日本はいつからこんな“察してほしい”文化になってしまったの!?

「日本人は、昔から“話し手が匂わせて、聞き手が察する”という阿吽の呼吸で会話をしてきました。“本音と建前”というやつです。だから、それ自体は今に始まったことではありません。

しかし、SNSの普及で“常にゆるくつながっていて、チャット感覚でいつでもメッセージ交換できる”という状態ができあがってから、会話でも情報を小出しにするのが当たり前。“5往復やりとりして、やっと相手の真意がわかる”というような話し方にまで発展したのです」

 と教えてくれたのは、作家・心理カウンセラーの五百田達成さん。なんともややこしい時代になったものですね。でも、それって面倒じゃないですか?

「現代人は、自分が傷つくのも相手を傷つけるのもイヤなんです。多少面倒なやりとりをするくらいでお互い傷つかずにいられるなら、そのほうがいいと思っているのでしょう。さらに、みんながコミュニケーション上手で、気配り上手。話下手な男の子なんてほとんどいません。

相手を傷つけないよう、“空気が読めない”と思われないよう、無意識に細心の注意を払って会話しているんです。でも、自慢したいという欲望はあるので、“一見自慢話だと思われない自慢話”をするために、もっと込み入った伝え方をします」(同)

 その“一見自慢話に聞こえない自慢話”とは? 五百田さんに会話例を挙げていただきました。

(フリ)
「私みたいな数字に弱い人間が社長やってるなんて、世の中おかしいよね」

(本音)
「全然そんなことないよ、ちゃんと社長できてるじゃん!」というフォロー、もしくは「数字に弱いのにうまく会社経営できてるなんて、才能あるんだよー!」という褒め言葉を期待している。

(予防線)
「たしかに数字弱いよねー」と笑われてしまったら、一緒になって笑うことで自虐ネタだったということにできる。自慢自体はしていないので、「自慢話をする嫌なやつ」と思われる心配がない。

 う~む、自虐ネタを装って自慢を挟み込んでくるんですね。たしかにこの自慢話なら、全然嫌味に聞こえません!

 ほかにも「オレって童顔で、全然歳相応に見られないんだよね」と言う男子は「若いってことじゃん!」というフォローを期待していて、「背が小さいのがコンプレックス」と言う女子は「小さいのって可愛いよ!」という褒め言葉を期待しているのだとか。

 しかし、こんなにも傷つくことにおびえていたら、好きな人に告白なんてとてもできないのでは?

「自分も相手も傷つけたくないから、生々しいやりとりが発生する一対一の恋愛関係はあまり流行らないし、告白するときも予防線を張るんです」(同)

 五百田さんが教えてくれた、傷つかない告白フレーズはこちら!

(フリ)
「オレたち、まわりからは付き合ってるみたいに見えてるらしいよ」

(本音)
「えっ、私もそう思ってたけど」もしくは、「じゃあ、付き合っちゃおうか」という言葉を待っている。

(予防線)
「そんなわけないのにねー!」と返されてしまったら、「そうだよね」と同意すればOK。面と向かってフラれないので、気まずさも残らない。

 なるほど~。鈍感な筆者はスルーしてしまいそうなほどさりげない!! どっちに転んでもリカバリーできるなんて、達人の域じゃないですか。


 うっかり返事を間違えて、相手の期待を裏切ると、「コイツ、空気読めてないな」と思われてしまいます。達人同士の会話が繰り広げられる今、相手の言葉を“言葉通り”に受け取っていたら、大変なことになる…かも?
(小倉杏)
識者紹介
五百田達成
「特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ」(クロスメディア・パブリッシング)が12万部を超えるベストセラーに。東京・恵比寿にて働き女子の人生相談ルーム「恋と仕事のキャリアカフェ」を主宰。2014年1月7日に新刊が発売。「実はあなたもやっている!? ウザい話し方」(PHP研究所)
恋と仕事のキャリアカフェ「実はあなたもやっている!? ウザい話し方」(PHP研究所)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • YUMI
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長