あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

日本人の97%は幼い頃「バリア」を張ったことがある!

2017年06月20日(火)  読了時間:約5分
これは何バリア?
これは何バリア?
 登校中に犬のフンを踏んで「バリア!」。給食の時間に牛乳を吹き出し「バリア!」。幼い頃、よくバリアを張ったり張られたりしたものでした。(ところで、バリアって「張る」もの?)

 筆者の周りでは『エッピーバリア』と呼んでいましたが、両手をクロスして親指を立てる…が、バリアを張るときのポーズ。そういえば、『跳ね返しバリア』なんていうのもあったなぁ…。皆さんはどうだったのでしょう? そこで、アンケート。(回答者:100人/男性53人 女性47人)

幼い頃「バリア」を張って遊んだことはありますか?

ある…97人
ない…3人

 やはりというべきか、100人中97人が「ある」と回答! 今はスカしている美男美女だってきっとやっていたに違いありません。では、一体どんなバリアが張られていたのでしょうか?


あなたの地域では、「バリア」を何と呼んでいましたか?(「バリア」以外の呼び方やローカルルールがあればできるだけ詳しく教えてください)


「呼び方は『バリア』、張るときは『バリ!』」(埼玉・29歳男性)

「バリー」(東京・39歳男性)

「バーリ」(東京・31歳男性)

「バリキ」(北海道・29歳男性)

「宇宙最強無限ばーりぁっ!」(愛知・30歳男性)

「タイム光線バリア→(それを覆って二重バリアを張る時) 大(おお)バリア」(山形・40歳女性)

「エッピーバリア」(神奈川・30歳女性)

「ミッキーバリア」(石川・35歳女性)

「ぐっちょバリア」(愛知・33歳男性)

「透明バリア」(東京・35歳男性)

「両手でダブルバリアとか」(千葉・32歳女性)

 バリアはもちろん、その変形バージョンや強化バージョンと思われるものが多数。ふつうのバリアだとだんだん効かなくなったりしたんでしょうか? 際限なくインフレしていくのは一種の国民性なのかもしれませんね。また、名前にバリアが付かないものとしては…

「タンバー? ターなんとかって言ってた気がします」(鳥取・32歳男性)

「マホカンタ、リフレク」(兵庫・33歳男性)

「たんま」(静岡・13歳女性)

「けっかい」(徳島・55歳女性)

「えんがちょ」(北海道・39歳女性)

「タイム! 腕を胸の前で交差して、手は握っていました」(愛知・25歳女性)

「『ヴーン』と言い続けていればバリア状態でいられる鬼ごっこ。 息が切れて『ヴーン』が途切れた瞬間を鬼が狙いに来る」(熊本・22歳女性)

 おそらく「えんがちょ」がバリア遊びの原型? 「けっかい」もかなり歴史がありそうな匂いを醸し出しています。また、通常の「バリア」だと、バリアの持続時間や強度が当事者間の“あうんの呼吸”で“なんとなく”成立しているのに対して、「ヴーン」はバリアの発動と終了の条件がはっきりしていて、よりゲーム性が高くなっているように感じますね。

 ちなみに筆者は「たんま」を「タイム」の訛ったものだと理解していたのですが、一説によると「たんま」は器械体操で滑り止めに使う白い粉、炭酸マグネシウムを略した言葉なんだとか。

 それはさておき、男女問わず9割超がバリアを張っていたというのも驚きでしたが、バリエーションがこんなにもあるとは…。さて、大人になった今、あらためてバリア遊びを振り返ってみると、


・汚れ“的なもの”をほかに移せる(そのかわり靴や服を洗っても汚れ“的なもの”は消えない)

・犬の糞などの汚れ“そのもの”は決してなすりつけない(ここで掟破りをした人はいますか?)

・からかって囃したてる割に付けたり付けられたりはOK(バリアって「絶対に押すなよ?(押せ!押せ!)」に近いところがありますよね)

・からかわれるほうも「バリア」と言われたら、なぜかそれを律儀に守る(無視して付けちゃえばいいのに!)と思いきや、


・1段階目のバリアはやっぱり破られる(ここからフリースタイル状態に…)

 …など、この遊びが多くの暗黙の了解によって、絶妙なバランスのもと成り立っていたことに気づかされます。そもそも、いつになったら終わるのでしょうか? 疲れるまで? 覚えていらっしゃる方は教えてください。


 最後に、皆さんいつ頃までバリアを張っていたのかというと…

最後に「バリア」を張ったのはいつですか?

・幼稚園より前…4人
・幼稚園時代 …12人
・小学校時代 …67人
・中学校時代 …7人
・高校時代  …3人
・それ以降  …5人
・無回答   …2人

 多くの人は小学生の時代に卒業してしまうようですが、「それ以降」「無回答」の7人はいまもバリアを張り続けているのかもしれませんね。皆さんは何バリアを張っていましたか? ではこの辺で、エッピー!
(坂井あやの/verb)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。