レポート
2012年06月27日(水)  読了時間:約3分

濃すぎる体毛、多すぎる髪etc…女子は知らない男子が抱くコンプレックス

男のコンプレックス
かき上げた髪。『キテるね』なんて言われ、コンプレックスになることも……。
 一重、太りやすい体質、鼻が低い……など、女子が抱えるコンプレックスはさまざま。一方で男子が抱えている悩みって、女子はあまり知らないかも。社会人男性に、実はコンプレックスに思っていることについて聞きました。

濃すぎる体毛は悩みのタネ!

「ヒゲが異常に濃い。朝剃ったのに夕方にジョリジョリする」(30歳・自動車)
「体毛が濃い。彼女と手をつないだとき、『痛い! 』と言われ見てみると、自分の指の毛が彼女の指に刺さって血が出ていた」(31歳・広告)
「毛が濃くて、体を洗うナイロンタオルが使えない。使うと毛が抜けて、ナイロンタオルが毛むくじゃらになるから」(26歳・IT)

体毛の濃さ=男性らしさの象徴でもあると思っていたのですが、血が出るほど濃い体毛とは……。

多くても少なくてもNG?

「生まれつき薄い髪。量も見た目も変わってないのに、大人になるにつれて『ちょっとキテるね』とか『最近ヤバくない? 』とか言われる。もともとだよ! 」(26歳・人材)
「髪が多すぎてスタイリングが決まらないこと。流行のおしゃれな髪型は基本できない。あと、寝起きはなぜかバカボンみたいになる」(32歳・IT)

こちらも毛の問題。多すぎても少なすぎても悩みの種に。

体質にコンプレックス!

「鍛えても体に筋肉が付かないこと。今はそんなに気にしないけど、高校生のときの水泳の授業はすごく嫌だった」(29歳・自動車)
「肌が白すぎること。黒くなりたくて日焼けしたら、3日間熱が出た」(25歳・食品)

王子っぽくていいのでは? と思うのですが、確かに筋肉質の男性が好きな女性もいますもんね。

身長&体型にも悩みが……

「背が低いこと。座ったままだと、身長差にあまり気付かれないので、女の子と遊ぶときはいつも車デート」(26歳・メーカー勤務)
「座高が低いこと。電車などで女子と並んで座ったときに子どもみたいに見える」(27歳・メーカー勤務)
「学生時代サッカーをしていたので太ももが太く、パンツが入らないこと。昔、太ももだけ太いサルエルパンツが流行ったときは感動した」(26歳・IT)

背の高低や体型は女子もコンプレックスに思うことが多い項目。男子もまた同じようです。

 人がそれぞれ抱くコンプレックス。筆者は女性なのですが、男子には男子なりの悩みがあるのだなぁ……と実感しました。人との違いを挙げればキリがないですが、いつかそんなコンプレックスを自分の個性だと思えるようになれれば素敵ですね。
(山本莉会/プレスラボ)
コラムを共有
【今なら3,000円分無料!】
叶わない恋、届かない想い、復縁はもちろん、お仕事や対人関係のお悩みなど、ウィルに在籍している実力派鑑定師が、解決の糸口を見つけるお手伝いをさせて頂きます。
登録料・年会費は一切不要です。まずは無料会員登録からどうぞ。
- 電話占いウィル -
男女別・浴衣の魅力的な着こなし方
前のコラム
「帯は下げる」「脇をしめてしとやかに」etc… 男女別・浴衣の魅力的な着こなし方
幸運へたどり着くための道筋をアドバイス『幸運の女神』
出会いがない! と嘆いていた私が運命の相手に出会えた理由
若かりし頃のオシャレ失敗談
次のコラム
オシャレデビューは何歳? ミニ浴衣に厚底、タオル生地のヘッドバンドetc… 若かりし頃のオシャレ失敗談
コメント
0/400

#ヒトメボ http://www.tokiomonsta.tv/hitomebo/column/article/269-hitomebo-complex-of-man.html
コメントに関する注意
あわせて読みたい
バックナンバー
性格診断
性格診断一覧
キーワード
  • マドモアゼル・ミータン
    幼少期から占いを始め、モデル業を経た後占い師として独立。人相占いのほか、タロット、西洋占星術、透視・霊視、夢占いなど、さまざまな占術を使いこなす。著書に『幸せをつかむ人相占い入門』(説話社)、『ポケット版 夢占い』(中経出版)他多数。
  • 常田知里
    神戸大学理学部生物学科卒業後、化粧品メーカー、美容皮膚科専属看護師を経て「美容と健康を考える」をコンセプトとしたカフェ【cafe chichi】を開業。4年後の第3子妊娠中に一旦閉店し、カフェと料理教室併設の自宅を建築。産後、自宅にてカフェと料理教室を再開。 分子細胞生物学好きな理系美容料理研究家で、栄養学、生化学、生理学、調理化学に基づいた美容料理が得意。料理教室では月替わりテーマで食育・美容の講義を行っている。 7歳、5歳、3歳、1歳の母。
  • 日本エクストリーム出社協会
    日本エクストリーム出社協会(右:天谷窓大さん/左:椎名隆彦さん) エクストリーム出社とは、早朝から観光、海水浴、登山などのアクティビティをこなしたのち、定刻までに出社をする活動のこと。この活動の提唱者が日本エクストリーム出社協会である。活動への参加者は、一般的な通勤者と区別して、出社ニストと呼ばれる。 著書、「サラリーマンは早朝旅行をしよう! 平日朝からとことん遊ぶ『エクストリーム出社』」(SB新書・788円税込)