あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

彼女に刺さる体毛、多すぎる髪… 女子は知らない男子が抱くコンプレックス

2016年01月13日(水)更新  読了時間:約3分
多すぎても少なすぎても悩みの種。
多すぎても少なすぎても悩みの種。
 一重、太りやすい体質、鼻が低い……など、女子が抱えるコンプレックスはさまざま。一方で男子が抱えている悩みって、女子はあまり知らないかも。ヒトメボの男性読者に、実はコンプレックスに思っていることについて聞きました。


濃すぎる体毛は危険!?

「ヒゲが異常に濃い。朝剃ったのに夕方にジョリジョリする」(30歳・自動車)
「体毛が濃い。彼女と手をつないだとき、『痛い!』と言われ見てみると、自分の指の毛が彼女の指に刺さって血が出ていた」(31歳・広告)
「毛が濃くて、体を洗うナイロンタオルが使えない。使うと毛が抜けて、ナイロンタオルが毛むくじゃらになるから」(26歳・IT)

 体毛の濃さ=男性らしさの象徴でもあると思っていたのですが、血が出るほど剛毛とは……。

多くても少なくても困りもの

「生まれつき薄い髪。量も見た目も変わってないのに、大人になるにつれて『ちょっとキテるね』とか『最近ヤバくない?』とか言われる。もともとだよ! 」(26歳・人材)
「髪が多すぎてスタイリングが決まらないこと。流行のおしゃれな髪型は基本できない。あと、寝起きはなぜかバカボンみたいになる」(32歳・IT)

 こちらは上のほうの毛の問題。多すぎても少なすぎても悩みの種に。

男らしさってなに?

「鍛えても体に筋肉が付かないこと。今はそんなに気にしないけど、高校生のときの水泳の授業はすごく嫌だった」(29歳・自動車)
「肌が白すぎること。黒くなりたくて日焼けしたら、3日間熱が出た」(25歳・食品)

 それはそれで王子っぽくていいのでは? と思うのですが、確かに筋肉質の男性が好きな女性もいますもんね。

身長&体型の悩み……

「背が低いこと。座ったままだと、身長差にあまり気付かれないので、女の子と遊ぶときはいつも車デート」(26歳・メーカー勤務)
「座高が低いこと。電車などで女子と並んで座ったときに子どもみたいに見える」(27歳・メーカー勤務)
「学生時代サッカーをしていたので太ももが太く、パンツが入らないこと。昔、太ももだけ太いサルエルパンツが流行ったときは感動した」(26歳・IT)

 背の高低や体型についての悩みは女子も男子も変わらないようです。座高が低い≒足が長いということだとも思うのですが、それを気にしている方もいるんですね。


 人がそれぞれ抱いているコンプレックス。筆者は女性なのですが、男子には男子なりの悩みがあるのだなぁ……と実感しました。人との違いを挙げればキリがないですが、いつかそんなコンプレックスを自分の個性だと思えるようになれれば素敵ですね。
(山本莉会/プレスラボ)
初出 2012/6/27
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • YUMI
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長