あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

修羅場は避けたい…… 恋人に連絡できなかったときのフォロー、どうすればいい?

2017年07月26日(水)  読了時間:約4分
うっかり恋人への連絡を忘れた経験のある人は多いはず…
うっかり恋人への連絡を忘れた経験のある人は多いはず…
 恋人同士であれば、用事はなくとも連絡を取り合う人は少なくありません。なかには「1日1回は連絡しよう」とルールを決めているカップルもいるでしょう。しかし、場合によっては何らかの理由でその日だけ連絡できなかった…というケースもあるはず。そんなとき、どうフォローすれば穏便に済ませられるのでしょうか? 心理カウンセラーの根本裕幸さんに伺いました。

 根本さんによると、連絡できなかったときのフォローは「男女で少し異なる」とのこと。ということで、まずは男性が連絡を怠った場合の対処を聞きました。


彼氏が連絡できなかったときは…


「悪意なく連絡を怠った場合、とにかく正直にそれを伝えることが重要です。女性は、連絡できなかったことよりもウソをつかれることを嫌がります。ですから、『忙しかった』『忘れてた』『友達と飲んでて盛り上がった』など、たとえ仕方がないとは言えないような理由でも正直に言うのが最善。仮に『友達に合コンに誘われて…』という場合でも、ウソをついてバレるよりは正直に言う方が揉める可能性は少ないでしょう」(根本さん)

「男性が女性につくウソはバレやすい」と根本さん。どんな理由であれ、正直な答えがもっとも安全なようです。では彼女が連絡できなかった場合はどのようなフォローが良いのでしょうか。


彼女が連絡できなかったときは…


「基本的には男性と同様、正直に伝えるのが良いでしょう。ただ、彼氏の性格から『正直に答えたら確実に怒りそう』という理由の場合、女性はウソを交えた方が良いかもしれません。女性は内容より誠意を重んじますが、男性はとにかく内容にこだわりがち。ですから多少はウソを交えてでも、彼氏が怒らなそうな内容に変えるのもひとつの手でしょう」(同)

 男性と女性で何を求めるかに違いがあるということでしょう。だからこそ対処法が少し変わるようです。


フォローの連絡はとにかく早めに


 フォローの内容も大切ですが、それをするタイミングも重要とのこと。では、どんなタイミングで釈明の連絡をすると良いのでしょうか?

「連絡できなかったら、なるべく早くフォローの電話をするのがベストです。たとえ相手が寝ている時間だと分かっていても、アクションだけは起こしておきましょう。『今日は遅いから明日きちんと…』という考えは逆効果です。また、フォローの際に色々と言い訳をしてしまうのもNG。罪悪感からつい言い訳しがちですが、自分の非を認めて潔く謝った方が、相手も許してくれるはずです」(同)

「なるべく早く」「言い訳しない」というのは、シンプルですがなかなか難しいもの。とはいえ後で揉めるよりはずっとマシですから、頑張って連絡しましょう。


普段の心構えや関係作りも重要


 ここまでは、連絡できなかった場合の事後フォローを伺いましたが、普段からの心構えも重要なようです。

「たとえば、『何で毎日連絡取らなきゃいけないの?』と聞かれたとき、『恋人だから当然でしょ』という人がいますが、これはよくありません。自分の考えを相手に押し付けず、なぜ自分は連絡が欲しいのか、相手がきちんと納得するように伝えましょう。その上で、お互いが無理のないペースで連絡すると良いですね。また、『1日1回』などのルールをむやみに決めないこと。連絡が義務になってしまいますし、意味のないケンカが起きてしまう可能性も増えますから」(同)

 義務で連絡を取り合っても楽しくないですからね。大切なのは、何のために毎日連絡を取るか、その理由をお互いが共有することかもしれません。

 飲み会などで「まずい、恋人に連絡しなきゃ」という友達をよく見かけます。彼女のいない筆者(男性)からするとうらやましい光景なのですが、当事者にとってそれが修羅場になるのは避けたいところ。今回のアドバイスをもとに、お互いが納得できるコミュニケーションを行えるといいですね。
(有井太郎+プレスラボ)
識者紹介
根本裕幸
カウンセラーとして各地で活躍。

近著は「こじれたココロのほぐし方」(リベラル社)
オフィシャルブログ
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。