あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

つくった声ではダメ!? 心地よいモテ声になる姿勢とは?

2017年08月01日(火)  読了時間:約4分
「肋骨」を意識した発声を!
「肋骨」を意識した発声を!
 「通らない」「こもる」「小さい」など、声についての悩みを持っている人は意外に多いもの。男女問わず、よく響いて心地よさを感じさせる声の人には憧れますよね。いったいどうすればそのようなモテ声になれるのでしょうか。ボイス&メンタルトレーニングスクール「アマートムジカ」代表の堀澤麻衣子さんにお話を伺いました。


声をつくろうとしてもムダ?


「異性に対して声を変える人、異性の前でなくてもわざわざ低い声を出そうとする男性、高い声をつくる女性がいます。でも、つくり声を出してもモテません。高い声や低い声をわざと出そうとすると、声帯をしめたりしてノドに負担をかけます。無理のある発声法は長続きしませんし、つくり声のわざとらしさは他人から見ると意外に分かるものなんです」(堀澤さん)

 ごく短い会話なら一時的にごまかせるかもしれませんが、会話をしてみれば確かに「不自然な感じ」はなんとなく分かりますよね。これは声“だけ”を変えようとするからなのだそうです。

「一時的に喉を締めて声だけを変えようとせず、発声の根本となる、身体や心の状態を変えることが大切です。例えば、猫背の人は、肩が内側に入っていて、呼吸も浅く息をしっかり吸えないので、小さな声しか出せないことがあります。自分の声を一番聞いているのは自分なので、毎日聞いている自分の声のエネルギーに見合った自分になろうとしてしまいます。

つまり、小さな自分の声を毎日聞くことにより、自信がなくなっていったり行動がおとなしくなっていったりと、自分から出るエネルギーもどんどん下がっていってしまうのです。声をわざと低くつくったり、モテようと甲高い声を不自然につくったりするのも、心の根底では『自分に自信がない』から、とりあえず雰囲気だけよく見せようとしているだけなので、根本的な解決になっていません」(同)


まずは姿勢から!


 先の例でいえば、座っているときに背中が丸まっていて声が小さい人に対し、相手は「自分に自信がないのかな、もしくは落ち込んでいるのかな」と感じてしまうのだそう。

「やさしくていい人でも、姿勢が悪いだけで、声が出ず、なかなか自分の言っていることが相手の心にインパクトとして響かないために、なんとなく自分は大切にされていないと自己評価が低くなってしまう人もいます」(同)

 つまり、そうした姿勢やそれに伴う声などが原因で、本当のその人の良さが他人に伝わっていない人が多いそう。

「心の中で思っていることや感情が顔に出ず、表情のない人は何を考えているか分からないので、相手は緊張を強いられます。中にはそれがいいという人もいますが、喜怒哀楽のどんな感情でもこころの内を、表情や声、言葉として表現している人は 『分かりやすい人』なので安心できるのです。

無表情で『おいしいね』『ありがとう』『愛してるよ』と言われても、顔の表情と言葉の意味が一致していないので、口先だけではと疑ってしまいますよね。これを心理学用語では認知的不協和といいます」(同)

 肯定的な言葉と冷たい表情や声という相反するメッセージが同時に発信されることで相手の不安感を呼び起こしてしまうのだとか。


肋骨を意識した姿勢で安心感のある声に!


「声の悩みを解決する方法論はいろいろありますが、まずは肩を垂直に持ち上げ、肋骨を高い位置に保ったまま、力を抜いて肩だけをゆっくりと下におろします。それにより、声が胸板に響いて、信頼感、安心感、優しさが表現された声が自然に出せるようになります。気持ちが相手に届いているってこういうことなんだと分かるかと思います。

この肋骨を意識した姿勢は、自分の気持ちもすっきりするだけでなく、相手に、やる気や、前向きさ、エネルギー、自信など、プラスのオーラや声を発する好印象を与えます。この姿勢に変えた途端、今まで面接で落ち続けた人が面接に合格したり、恋人や家族と仲良くなれましたという報告をいただきます」(同)

 心の状態を変えるには時間が必要ですが、姿勢を変えることは今この瞬間からできそうです。声に悩みがある人、安心感を与えて人から信頼を得る声になりたい人は、まずはそこからスタートしてみてはいかがでしょうか。
(東野由美子/サイドランチ)
識者紹介
堀澤麻衣子
歌手、ボイス&メンタルトレーニングスクール「アマートムジカ」代表/日本発声教育協会 理事。映画『チャーリーとチョコレート工場』、アニメ『エウレカセブン』など多数の映像作品に参加。2013年夏、ロサンゼルスにて、グラミー賞ノミネートプロデューサーと、フルオーケストラアルバムを制作。日本で初の丹田呼吸法をボイストレーニングにミックスさせ、1日で声の悩みが解決するメソッドを開発。テレビ「はなまるマーケット」などに出演。1日で声の悩みを解決する「一日修得ボイストレーニング」は国内・国外からも受講生が訪れキャンセル待ちに。著書『1日で感動的に声がよくなる!歌もうまくなる!!』(すばる舎)、『1日でできる!声を変えれば、うまく話せる!』(メディアファクトリー)他は、12万部を超えるベストセラー。(司拓也と共著)
アマートムジカ
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
  • 五味常明
    1949年、長野県生まれ。一橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 医学博士。体臭多汗研究所設立。日本診療外科研究会代表。 流通経済大学スポーツ健康科学部客員教授。
  • 尾崎真
    全国1200店舗を展開するハウスクリーニングのプロ集団「おそうじ本舗」の技術アドバイザー。ハウスクリーニングにおける最新技術の研究・開発を行い、洗剤やハウスクリーニングサービスの最新技術に対する知識では誰にも負けないという自信を持つ。
  • 山内兄人
    早稲田大学人間科学部人間環境科学科教授。専門研究分野は、生物学、神経内分泌学。著書に『性差の人間科学』『脳の人間科学』など。
  • 相川綾香
    いつでも気持ちは10代の乙女ライター。 少女漫画、キュンとくるドラマや映画が大好物。 乙女ゲームシナリオなどを執筆中の1児の母です。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長