あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

厚い胸板よりも「小尻」! 女子が男子の「尻」に魅かれる理由

2017年08月03日(木)  読了時間:約3分
そのうちお尻に敷かれたりして?
そのうちお尻に敷かれたりして?
 筋肉質な体のほうが女子にモテる―。そう思っている男子もいるのでは? 1976年に学者のG・ウィルソンとD・ナイアスが発表した論文によると、「男子が女子に好まれると思う体のパーツ」と「実際に女子が好む男の体のパーツ」にはかなりの違いがあるそう。

 たとえば、約21%の男子が「男のたくましい胸と肩」が人気だと考えているのに対し、実際の女子人気はたったの1%。逆に、男子の中で4%程度の人気だと思われている「尻」は、なんと39%もの支持を得て、女子の中ではダントツ1位の人気! しかも、キュッと締まった「小尻」に性的魅力を感じる女子が多いよう。

「異性に対して肉体的な魅力を感じるのは、自分にはない部分。つまり、性差が強調されるパーツです。女性はお尻が丸くて大きい人が多いので、引き締まった小さいお尻は『男性特有の特徴』として、魅力的に見えるのです」

 小尻人気の理由を教えてくれたのは、心理コーディネーターの織田隼人さん。なるほど、魅力の要因は、小尻が持つ「男性らしさ」にあったのね。でも、「男性らしさ」という点では、男子が人気だと思っている「たくましい胸と肩」のような、力強いパーツのほうがしっくりきそうだけど…?

「異性にとって魅力的なパーツは、時代とともに移り変わります。たしかに、『たくましい胸と肩』も男らしさを感じさせるアイコンではありますが、その魅力が特に際立っていたのは、肉体労働が多かった時代のこと。頭脳労働にシフトしてきた現代では、あまり求められていないと言えるでしょう。小尻人気は今も健在、もしくは調査時よりももっと人気が高まっているかもしれません」(同)

 たくましい胸と肩。キュッと締まった小尻。ともに性差を強調するパーツですが、人気はその時代の社会的背景に影響されるんですね。

 さらに織田さんからは、こんなお話も!

「お尻は年齢の出やすい部分。引き締まった小さなお尻は、若さ、もしくは若い頃と同じ体型・体力を維持できているという証拠にもなります」(同)

 引き締まっていても、プロレスラーのような筋肉質な大きなお尻は今の時代は魅力的と受けとめられないようだし、小さくても引き締まっていないただの痩せたお尻では、男性的な魅力にも若さのシンボルにもならないために魅力的ではないんですね。うーん、女子ってワガママ…。

 とはいえ、小尻は「現代版のセクシーでパワフルな男のバロメーター」ということは確かみたい。自分のまわりのモテる男子のお尻をチェックしてみると、「全員小尻だった!」なんてこともあるかも!?
(小倉杏)
識者紹介
織田隼人
心理学で読み解く男女の違いを追求。主著に『彼に浮気をやめてほしい貴女へ』(あさ出版)ほか。
オフィシャルサイト
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。