あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

気付いてないのは自分だけ!? 「上から目線」の人の特徴

2017年08月05日(土)  読了時間:約5分
上から目線になる背景には理由があるようだ。
上から目線になる背景には理由があるようだ。
 友達に「その上から目線を直さないと彼氏できないよ」と言われたり、会社の同僚に「ほんと上から喋るよね」と指摘されたり、なにかと『上から目線』について注意を受ける筆者。

 上から目線と思われ続けるのも、彼氏ができないのも困るけど、正直どんな話し方や態度が上から目線だと思われているのか分からない…。ということで、恋愛カウンセラーのイサキさんに聞いてみました。

「聞く人が『上から目線』と感じる話し方や態度の特徴としては、下記のようなものがあります。これらの特徴がいくつも当てはまる人は、周囲から『上から目線な人』と捉えられている可能性が高いと思いますよ」

【話し方】
・相づちを打つとき
□「はい」ではなく、「うん」や「なるほど」
□声を出さずにうなずくだけ

・指摘をされたとき
□「でもこれって○○ですよね」と反発する
□「今からやろうと思ってました」とひと言付け加える

・説明するとき
□「私って○○じゃないですか?」と自分のことをみんなが理解している前提で話す
□「○○さんって△△ですよね」と決めつけた言い方をする

【態度】
・話を聞くとき
□アゴが上がっている
□椅子の背もたれに寄りかかったまま
□目も見ずに返事をする
□上司や先輩が話をしている最中に時計を見る
□アドバイスや指摘をされてもリアクションが薄い
□表情が半笑い

・話をするとき
□「これは○○ですから」と、資料を指やペンで叩く
□「ふっ」と笑う

 うわ…やってしまっていたことがけっこうあります。

「知識、経験、能力がないのに、まるで自分は全て分かっているような態度をとったり、対等のような話し方をしてしまったり…。これらは、『立場をわきまえない言動だ』と思われます。ただ、上記の『上から目線』にも、置かれている状況や育ってきた環境、その人の性格によってタイプが分かれるんですよ」(同)


自信がない? めんどくさい? タイプで見る上から目線


 イサキ先生によると、上から目線はいくつかのタイプに分けられるそう。

【自分を客観視できないタイプ】

・能力、知識がないのに自己評価が高い
・自分が未熟なことを認めず、会社に入っても「こんなところで働きたいんじゃない」と思っている

「経験が浅いために自分を客観視できないのがこのタイプです。それでいて自己評価が高いので、会社に入っても『こんなところで働きたいんじゃない』というような不満が出やすく、先輩や上司に指摘をされても『でも○○じゃないですか?』と、反発するような態度をとりがちです」(同)


【子どものときから成長していないタイプ】

・注意されることなく育ってきた
・人間関係で苦労した経験がない

「学生時代に上下関係を学ばないまま、社会に出た人がこのタイプ。上司や先輩に対して、自分の親や兄弟のような距離感で接してしまうので、『うん』と返事をしたり、目も見ずに返事をしたりすることも」(同)


【自分に自信がないタイプ】

・周囲に認めてもらった経験が少なく自信がないため、自分を大きく見せようとする

「このタイプは、『周囲に認められたい!』という欲求が強く、自分を大きく見せるクセがついてしまっています。そのため、自分のミスを認めることができず、目上の人に指摘されても『今からやるつもりでした』と言い返すなど、『ひと言多い』と思われる発言をしがちです」(同)

 これらのタイプの他にも、周囲に気を遣う必要がないと思っている『めんどくさがりタイプ』や、理解はしてもそれを心から納得できていない『リアクションが薄いタイプ』の人もいるとか。

「『めんどくさがりタイプ』は、勉強も仕事も簡単にこなす能力が高い人が多いんです。そのため、わざわざ自分を良く見せる必要がなく、周囲への配慮を忘れがちになります。また、『リアクションが薄いタイプ』は真面目で素直な性格の人が多いんですが、『自分』がないため、いろんなことに対して心から納得してリアクションをとることができないんです。そのため、反応のないスカした上から目線な人だと思われてしまいます」(同)

 自分が見えてないから上から目線になってしまう人、学生気分が抜けない人、認められたい人、なんでも器用にできるがゆえに、周囲への気遣いを忘れてしまった人、確立したものがないから、何を言われてもピンとこない人…。『上から目線』とひと言で言ってもいろんな人がいるんだ。

「でも、上から目線の人に共通して言えるのは、自分が思ったことを思いついたタイミングで口に出す『気遣いに欠けた話し方』をしてしまっているということ。そのため、気遣いを怠れば誰でも上から目線になる可能性はあるんですよ」(同)

 『上から目線な人』というレッテルを一度貼られてしまったら、払拭するのは至難の業。例の話し方・態度を見て1つでも当てはまった方は、自分の言動に少し気を配ってみては?
(山本絵理/short cut)
識者紹介
恋愛カウンセラー・イサキ
一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)認定、上級心理カウンセラー。
クライアント数は7000名を超え、さまざまな媒体で恋愛アドバイスを行い多くの人の恋の悩みを解決している。
公式サイト
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。