あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

カカア天下も納得! 女が男よりも生物学的に強い理由

2017年08月07日(月)  読了時間:約4分
“女性の強さ”には生物学的な理由があった…!
“女性の強さ”には生物学的な理由があった…!
 「男性より女性のほうが平均寿命が長い」とは、よくいわれることですよね。実際、2013年発表の厚生労働省のデータを見ても、日本における女性の平均寿命は86.41歳、かたや男性は79.94歳と、約6歳分の開きがあります。また、フランス、アメリカ、イタリア、韓国などでも同様のようです。

 でも、ここでちょっと疑問が…。男性のほうが体格が良く筋肉もあって、体力面では勝っているはずなのに、どうして女性のほうが長生きなの?

「それは生物学的にみて、男性より女性のほうが生命力が強いと言えるからではないでしょうか」とは、生物学が専門の早稲田大学人間科学部教授・山内兄人先生。そこで、その理由を詳しく伺いました!


男性よりも…『血管』が強い!


「女性の身体に多く分泌される女性ホルモン『エストロゲン』には、血管をより良く維持する効果があります。実は、長生きをするためには身体の『血管』が丈夫であることが重要なんです。というのも、身体的な若さを保つためには、栄養や酸素を血液に乗せて全身の細胞に行き渡らせる『血管の力』がなければいけないですからね。

また、エストロゲンには動脈硬化の原因となる血液中のコレステロール値を低下させる作用もあります。動脈硬化が防げれば心筋梗塞にもなりにくいので、女性の心筋梗塞の発生率は男性よりも4~5倍低いんですよ」(山内先生)

 女性はホルモンのおかげで若々しくいられるんですね! 他には、どんな理由があるのでしょう?


男性よりも…遺伝子的な病気に強い!


「遺伝子の仕組みを見ると、女性の性染色体は『XX』、男性は『XY』という組み合わせになっています。この中の『X』には病気から身体を守る『免疫機能』に関わる遺伝子の情報が含まれているんです。Xを二つ持っている女性は、Xのどちらかに病気の遺伝子が乗っかっていても、もう一つの病気がない方のXが優位に働くため、遺伝的な病気にはなりにくいんです。

でも、Xを一つしか持っていない男性は、そのXに病気の遺伝子があると、そのまま病気になってしまう可能性が高いんですよ」(同)

 染色体の違いにも、女性のほうが強い理由が隠されていたなんて…! また身体面だけでなく、メンタル面でも女性の生命力が男性に勝る理由があるとのこと。


男性よりも…環境の変化に強い!


「生物学には、実験用のラットを四角い箱に入れて行動を観察する実験があるんです。すると、オスは箱の中をグルグル回ってやがて真ん中の方に落ち着きます。これは、その場所が自分のテリトリーとして安全かどうかを慎重に観察しているんです。しかも、オスは初めての場所に入れると、緊張のせいでたくさん糞をします。

一方、メスは初めての場所に入れても、自由に動き回り、糞をすることもあまりありません。つまり、テリトリーを守る本能があるオスは、緊張しやすく恐がりな傾向にあり、メスは大胆に行動できる傾向にあるんです。これは人間にも言えることだと思いますね」(同)

 たしかに、女性のほうが海外旅行など、初めての土地に行くのが好きな人が多いような…。テリトリーにとらわれないゆえに、女性は新たな場所に飛び込める強さを持っているのかも。

 こうしてみると、

・血管が強い
・栄養や酸素が全身に行き渡る
・心筋梗塞になりにくい
・遺伝的な病気に強い(Xが2つ)
・環境の変化に強い

 …と、女性が生物学的に強く長命であるというのも頷けますね。

「女性の強さの根本には、『子どもを産める』ということがあると思います。女性には、10ヶ月間も自分のお腹の中で子どもを育てるというとても大変なことに耐えられる身体的、精神的な力が生まれながらに備わっているんですよ」(同)

 なるほど、「母は強し!」は本当なんですね。ここまで女性が強いなら、女性の尻に敷かれる男性が多いのも納得できるかも!?
(岡本温子/short cut)
識者紹介
山内兄人
早稲田大学人間科学部人間環境科学科教授。専門研究分野は、生物学、神経内分泌学。著書に『性差の人間科学』『脳の人間科学』など。
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。