あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

灯台下暗し? 帰省シーズン、地元で生まれる恋の予感

2017年08月09日(水)  読了時間:約5分
久しぶりの地元には思いがけない恋の予感も…?
久しぶりの地元には思いがけない恋の予感も…?
 帰省シーズン。毎年のルーチンで何の感慨も湧かないなんて人もいれば、いつも新鮮な気持ちで胸躍らせてる人もいますよね。さて、今年の帰省はどうでしょう。何年かぶりに地元で再会したあの人がかっこよく(きれいに)なっていた…なんて素敵な出会いがあるかもしれません。今回はヒトメボに寄せられた投稿の中から「地元と恋心」について、9つのシチュエーションをご紹介します。


#1 帰省前の期待

「明日から地元に帰ります。良い出会いあるといいな。いきなり運命の出会いとか求めてないけど、将来的に有効な出会いがありますように!」(鹿児島県大島郡・女性)

 なにごとも最初の心構えが大事。出会いも意識していないと見逃してしまうものですよね。

#2 車内で会う人も魅力的

「帰省かな?パソコンのバックや東京ひよこの紙バック持った眼鏡の細身の男の人がすごく好み。ちょっと近付いちゃお」(静岡県静岡市・女性)

「帰省中の電車内で発見。顔超小さい!かなり美人だった」(熊本県宇城市・男性)

 旅先ではいつもより魅力的な人が多い気がしてしまう…。もし目的地まで同じだったら?

#3 地元に降り立った瞬間

「帰郷し、空港についたと母親らしき人に電話するニットかぶった彼」(福岡県粕屋郡・女性)

「久々の実家へ帰郷(・◇・)/~~~ 可愛い子がメチャ増えてるわ。店員さんメチャ愛想が良くて可愛い」(奈良県吉野郡・男性)

 ちょっと交通の便の悪い地域では親に電話して迎えに来てもらうところまでがワンセット。免許取りたての友人を呼ぶことも。そして、何もかもが新鮮に見えてしまう不思議な高揚感。

#4 魅力を再発見!

「地元を歩いてたコ、清楚な感じで可愛かったなぁ。どこ行くんだろ。ご一緒したかった(笑)あんなに可愛い子がいるなんて思わなかった!」(神奈川県綾瀬市・男性)

「田舎に帰る電車の中、前に座ってる明るめの茶髪の人すごくかっこいい~。地元にもこんなかっこいい人がいるのね」(兵庫県姫路市・女性)

「サラッとリュックを背負いこなしてる!地元にこんな人がいるなんて…勝手に動揺。大学生っぽいけどなんか良い♪電車すぐ降りちゃったけど、また会えたらいいな…」(埼玉県吉川市・女性)

 灯台下暗し。意識して見渡してみれば運命の相手は意外と身近にいた?

#5 元同級生のバージョンアップ

「地元の同級生がメッチャかわいくなってた!」(東京都世田谷区・男性)

「地元のカラオケ。久しぶりに同級生に会ったー。クラス遠かったんだけどもー。あまり話した事なかったけどー。やばい、かわいい、これきた!」(埼玉県加須市・男性)

 原石から輝くダイヤへ。地元で磨かれた人もいれば都会で磨かれた人も。元同級生の変化は見ていて楽しいですよね。

#6 働く元同級生に胸キュン

「地元のスーパーで中学の同級生がバイトをしていて、気づいてない私に声をかけてくれました!久々に見た彼は背が高くなっていて目があった瞬間一目惚れしてしまいました。」(大分県宇佐市・女性)

「地元のスーパーで小学校の時好きやった人が働いてるんやけど…見るだけで癒されるからチラッと帰りに買い物したらたまたま入り口付近にいはって軽く挨拶出来た!やっぱあの手の雰囲気とか顔が一番好きかも(笑)」(滋賀県大津市・女性)

 地元で働いている同級生とお店で思いがけない再会も。学生時代とは違う働く姿に胸キュン。

#7 お祭り

「浴衣に着替えてみました。地元のお祭りの時には着て行こうかな!もしかしたら、会えるかもしれないし淡い期待を抱いてもいいかな」(大阪府八尾市・女性)

「今日も地元のお祭りでした。浴衣でいってきましたよ。お祭りのあと、中学の頃の同級生達と公園でお話してました。その中にかっこいいってずーっと思ってた人がいてとても嬉しかったです。そこまで話してないけど、楽しい時間でした」(神奈川県川崎市多摩区・女性)

 懐かしいあの顔この顔が大集合!夏の地元を目いっぱい楽しむならやっぱりコレ。冬だったら初詣でしょうか。

#8 元カレ・元カノの思い出

「久々地元の祭り!やっぱ初心に帰る…地元いいなあ…と思うと同時に元彼が頭をよぎる…なにしてるのかな」(群馬県邑楽郡・女性)

「地元にいると、昔好きだった人に会えないかなーと思ってしまう。今でもたまに思い出してしまう」(青森県十和田市・女性)

 地元にいるとよみがえる青春時代の思い出たち。少し切ない気持ちにも。

#9 何年振りに再会したら…

「元カノでもある同級生にたまたま遭遇。20年振りに見かけ、それなりに年をとっていたが当時の面影があり可愛かったな~」(長野県岡谷市・男性)

 帰省のたび、会えないかなあなんて思いつつ月日は経ってしまうもの。それでも、いつか再会できたとき、変わらない魅力に当時の想いが再熱する…のかどうかは分かりませんが、素敵な気持ちにはなれるようです。


 自分と似ている人に好意をもちやすい、という類似性の法則。共通の経験や話題が多い人同士は、お互いに好意を抱きやすいそう。「ふるさと」というのは多くの人にとって特別なもの。思いがけない場所で同じ地元の人に出会ったとき、それだけで親近感が沸いた経験はありませんか?

 大人になって離れたからこそ、地元で運命の相手が見つかることがあるかもしれません。ドキドキする帰省になるとよいですね。
(ヒトメボ編集部)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 五味常明
    1949年、長野県生まれ。一橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 医学博士。体臭多汗研究所設立。日本診療外科研究会代表。 流通経済大学スポーツ健康科学部客員教授。
  • 尾崎真
    全国1200店舗を展開するハウスクリーニングのプロ集団「おそうじ本舗」の技術アドバイザー。ハウスクリーニングにおける最新技術の研究・開発を行い、洗剤やハウスクリーニングサービスの最新技術に対する知識では誰にも負けないという自信を持つ。
  • 山内兄人
    早稲田大学人間科学部人間環境科学科教授。専門研究分野は、生物学、神経内分泌学。著書に『性差の人間科学』『脳の人間科学』など。
  • 相川綾香
    いつでも気持ちは10代の乙女ライター。 少女漫画、キュンとくるドラマや映画が大好物。 乙女ゲームシナリオなどを執筆中の1児の母です。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長