あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

隣に座った人が気になる… 新幹線のあるある恋模様

2017年08月11日(金)  読了時間:約4分
新幹線と一期一会の恋。女性のほうが少しだけ積極的?
新幹線と一期一会の恋。女性のほうが少しだけ積極的?
 旅行や帰省や出張など、長距離移動するとき新幹線にお世話になる人は多いと思います。そのとき、少しだけ日常を離れるから? 長い時間を同じ空間で過ごすから? なかには(むしろかなりの確率で)、恋心が芽生えることもあるようです。今回は、「新幹線」から送信された男女9人のエピソードをご紹介します。


♯1

「品川駅で新幹線待ってる、赤いトランクの女性、スタイル美しいです。 みんな見とれてるw」(東京から送信・男性)

「ホームで見つけた男性。すごくタイプでした! ど真ん中! 同じ新幹線に乗ったみたい…素敵だー!」(不明・女性)

 一際目を惹く赤いトランクの女性。彼女も内心、ど真ん中の男性にドキドキしていたのかもしれません。

♯2

「東京駅。新幹線乗り待ちの人綺麗だな。席が隣ならいいのに」(東京から送信・男性)

「京都から新幹線に乗り込んできた、すらっとした長身の男性。隣の席にこいっ! と念じるもかなわず。。。」(京都から送信・女性)

 どうせ同じ時間を過ごすなら素敵な人と過ごしたい。けれど、なかなかその願いは叶わないもの。

♯3

「新幹線内にいるおねーさんがキレイ!」(静岡から送信・男性)

「新幹線の中にいる近くに座ってるお兄さんかっこいい!」(愛知から送信・女性)

 もし全ての車両がこうだったなら旅路はもっと楽しくなるんでしょうか? 落ち着かなくなる気もしますね。

♯4

「新幹線で隣にメチャメチャカワイイ子がぁ~こんなの生まれて初めてです」(京都から送信・男性)

「新幹線で今隣りに座ってる人。ステキ? でも熟睡してはるww」(東京から送信・女性)

 京都でドキドキし過ぎた彼はそのうち寝てしまった(のかもしれない)。

♯5

「素敵だなぁ。タイトミニをびしっと着こなしているキャリアウーマンって素敵だなって思う。」(神奈川から送信・男性)

「新幹線の隣に若いメンズが座ってきてのんびり出来ない!ばかやろぅwww」(埼玉から送信・女性)

 素敵なお姉さんだってのんびりしたい。でも若いメンズがいるからびしっとせざるを得ない。けど嫌じゃない。

♯6

「東海道新幹線の中です。ワゴンで飲み物売ってるお姉さんビューティー」(神奈川から送信・男性)

「品川の新幹線乗り場のとこのスタバで働いてる男の人かっこよかった!次また来たら会えるんかなあ?」(東京から送信・女性)

 もちろん、乗客だけではなく素敵な店員さんも気になってしまいます。

♯7

「発車を待つ新幹線の中。斜め前の席のサラリーマンが細身で男前!酔った勢いで話しかけたいところ(笑)」(大阪から送信・女性)

「新幹線の後ろの席の女性が素敵で気になります!! どうやって話しかけると自然か…悩ましい…」(岐阜から送信・男性)

 この場合は、男性も飲みはじめるのが正解でしょう。

♯8

「清楚なお嬢様風。新幹線のグリーン車で。白、ホワイトって言葉がめっちゃお似合いな女性です。声を聞いてみたいと思ってしまった」(茨城から送信・男性)

「新幹線の中の彼。定期を持ってるということは新幹線でいろいろ飛び回るお仕事なんかな。すごい、素敵な人やー。博多から大阪方面に向かう13号車4のEの方!新大阪でおりはったら声かけよっ(笑)」(山口から送信・女性)

 もし隣に座ったなら…もし同じ駅で降りたなら…。ついつい考えてしまいますよね。

♯9

「東京→広島の、のぞみ新幹線の自由席で隣になったカレ。『隣空いてますか?』『空いてますよ!』の笑顔に瞬殺されました! 姫路で降りちゃった…もっかい会いたいよ~」(兵庫から送信・女性)

「上田駅で降りた彼女。新幹線の上り最終2号車11Cに座っていたスーツの娘良いかも。もう、会うことも無いかな…」(長野から送信・男性)

 いろいろ考えているうちに訪れる降車時間。


 実際にお互いがどう思っているかは、なかなか今回のようには分かりません。でも、話しかけたいときは自然にまじめに話しかけたらいいと思います。きっと、のぞみはあります。
(吉田未希/ヒトメボ編集部)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。