あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

私をおいて虫から逃げた! 女子が「この男は信用できない」と思った瞬間

2017年08月15日(火)  読了時間:約4分
男が信用を失墜する機会は多数
男が信用を失墜する機会は多数
 「この人いいなあ」と思っていたのに、その男性のある行動により評価が一変した経験はないでしょうか? 果たしてその瞬間はどんな時に訪れたのか。ヒトメボの女性読者に「この男は信用できないと思った瞬間」を聞きました。

マジメな話の最中にテンションが急変

「ある男性と2回目のデート。仕事の深刻な話をしていた最中に、相手の男性に電話がきた。彼は迷わず出て、それまでのテンションとはまったく違う雰囲気で『ウッス、どうしたあ?』と陽気に話しだした。その変化にちょっと“軽さ”を感じた」(東京・25歳)

 目の前で電話に出るなら、もう少し雰囲気を考慮して欲しいところですね。女性のチェックも、少し厳しめな気はしますが…。

前に会ったときと同じバッグを誉めてきた

「前に会った時と同じバッグなのに、『何そのバッグ、かわいいね!』と誉めてきた。悪気はないのかもしれないけど、たぶん適当に誉めているだけだと思う」(滋賀・24歳)

 前会った時のことを忘れたり、同じ話をしたりするのは、減点になる可能性が高いですからね。適当な男と思われないよう注意です。

2回目のデートでも自分の話をしなかった

「私の話を聞くばかりで、自分の話をほとんどしない男性。1回目のデートはそれでもいいと思ったけど、2回目のデートでも同じ感じだったので、ただ『合わせているだけ』な気がして信用がおけなくなった」(青森・28歳)

 時々は自分の話をしたり、意見が食い違ったりするほうが信頼という意味では重要ですよね。

私をおいて虫から逃げた

「2人で夜道を歩いていたら、大きな蛾が飛んできた。隣りにいた彼は一瞬で私から離れ、『俺、虫嫌いなんだよ』とひと言。私には一切構わない姿に引いてしまった」(長野・30歳)

 反射的に逃げてしまったのだとしても、ちょっとひどいですね。男性なら、そこはまず相手の女性を気遣っておきたいところです。

満員電車でケータイチェック

「一緒に飲んだ帰り。金曜の夜で電車は満員だった。乗車すると、押し合うくらいの状態なのに、その男性はケータイをチェックしていて、私には一向に構わず…。悲しくなると同時に信用できなくなった」(東京・27歳)

 少しはいたわる素振りが欲しかったですよね…。もしくはそれほどケータイをチェックしたかったということでしょうか。

お会計のとき上から目線

「2回連続で食事をおごってもらってたので、3回目は自分も出そうとした。すると相手は『無理しなくていいよ』とひと言。別に無理はしていなかったし、上から目線な言い方に信頼がおけなくなった」(愛知・30歳)

 もうちょっと別の言い方がありますよね。ちょっとした言葉も、その影響力は計り知れません。

準備万端すぎた部屋

「付き合う前の男性と飲んで、終電を逃してしまった。向こうも焦っていたが、家が近いとのことで彼の部屋へ。すると部屋には、女性に人気のDVDとカクテル系の飲み物、さらにスイーツまで冷蔵庫にあり、いかにも『準備万端』。すべて向こうの計画な気がして信用できなくなったので、この日はひたすら話だけして帰った。その後、彼とは会っていません」(東京・26歳)

 あまりに準備万端すぎるとかえって疑いを生むようです。むしろ男性向けのDVDがある…くらいのほうが安心?

 いくら相手の男性に好意を持っていても、「信用できない」と感じてしまえば一気に気持ちも冷めてしまいます。しかもそのきっかけは、些細なことであるケースも多そう。男性の皆さん、不用意な言動で相手の信頼を失わないよう、くれぐれもご注意を…。
(有井太郎+プレスラボ)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 有馬樹里
    婚活トレーナー。nifty「恋愛の達人」等にてメールや電話などで恋愛お悩み相談を担当。講演会やカウンセリングを通して、これまで500人以上に婚活トレーニングを実施。セミナー講師は「恋愛・婚活トレーニング・実践!」など多数。メンタルトレーナーおよびカラーセラピストの資格保持。
  • 橘つぐみ
    年間200件以上の恋愛コンサルティングを行う。著書に「最終彼氏の見つけ方」「5秒で彼診断 恋のリトマス試験紙(共著)」など。
  • 島田佳奈
    作家/女豹ライター/コラムニスト。オールアバウト恋愛ガイド。 『人のオトコを奪る方法』他著作多数。 オールアバウト・ハウコレなど連載多数。 新刊『腐らず、枯れず、咲き誇れ! アラフォー独女の生きる道』(双葉社刊)絶賛発売中!
  • 山本莉会
    中国と日本のクオーター。 大手ウェブ系広告代理店を退社しライターに。 主に雑学、仕事術、恋愛コラムなどを執筆しています。 苦手なものはイケてる男性との会話。 重度の海外旅行癖があるが、小心者なので交流は苦手。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 田中結
    編集&ライター。男性向けの成人誌、女性向けの婚活サイトの編集経験から、 生々しい恋愛問題が得意。おひとり様の研究も行ってい て、 ひとり焼肉、ひとり焼き鳥、ひとり居酒屋、ひとりバー、ひとり旅館、 ひとり野外フェスはクリア。