あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

ハメるな危険! 恋人と険悪になるゲーム、楽しめるゲーム

2017年09月24日(日)  読了時間:約4分
恋人同士でやるのは要注意なゲーム
ゲーム中に見せる意外な素顔がケンカの引き金に!?
 家でまったり、恋人とゲームを楽しむ…という風景は、幸せなカップルならではですが、しかし、ゲームはあくまで勝負事。あまりに白熱しすぎて険悪になるケースもあるのではないでしょうか。ということで、恋人同士でやるのは要注意なゲームと、楽しめるゲームを調べました!

 まずは、要注意なゲームから!

相手をハメた瞬間がピンチ

「『桃太郎電鉄』。気軽な気持ちで彼女にカード攻撃を連発したら、本気で怒り出してそれからはお互い無言で続きをやることに」(28歳・男性)

「『いただきストリート』。彼氏が、私の超高級ショップのあるマスに止まってしまい、最後の最後で大金を支払うハメに。私は面白くて仕方なかったので大笑いしていたら、『そんな笑うことないだろ』と怒られた」(25歳・女性)

 巧妙な仕掛けを作って相手をハメるようなボードゲームは危険ですね。最初は楽しくできるのですが、終盤の仕掛け合いは、意外に我を忘れてしまいます。

熱中し過ぎるとつい…

「『鉄拳』。彼女とやっていたのだが、自分が一方的に攻められているときの彼女の凄みに恐怖を感じた」(27歳・男性)

「『バイオハザード5』から出来るようになった2人協力プレイ。重要なシーンのときに自分がモタモタしていたら、『オイ、何やってんだよ!』と彼氏が思わず声を荒げて、もうやりたくなくなった」(22歳・女性)

 一瞬の判断が重要になるアクションゲームは危険ですね。つい汚い言葉を口走ってしまいそうで…。

荒々しい一面が出やすいカーゲーム

「『マリオカート』。アカこうらを持った状態で、何周も彼女のカートをピッタリと付け回し、満を持してこうらを発射して攻撃した。すると彼女が、『最低の性格だね』と悲しい目つきで言ってきた」(23歳・男性)

「カーレースもののゲーム。プレイ中、彼女が舌打ちしたり、『どけコラ』と小声で言ったり。見てはいけない一面を見た気がした」(29歳・男性)

 実際の車でも運転中は性格が豹変する人もいますからね…隠された一面が出やすいかも。

 続いては、カップル同士で楽しめるゲーム!

無邪気な姿が好印象

「『太鼓の達人』。リズムに合わせて頑張っている姿がかわいい」(30歳・男性)

「『マリオテニスGC』。彼女がwiiを振り回している姿を見ると、妙にいとおしくなる」(28歳・男性)

 体を動かしてはしゃぐゲームは、女性のポイントアップに効果的なようですね。これは使わない手はありません!

「一緒に」やるのなら楽しめるRPG

「『ドラゴンクエスト』シリーズなどのRPG。彼氏が一人でやるのを見ているのは退屈だけど、一緒に考えながら進めていくと楽しめる」(24歳・女性)

「最近のRPGはグラフィックもきれいで、ストーリーもおもしろい。彼氏のやっているのを見ていたら私がハマってしまった」(28歳・女性)

 意外や意外、RPGは女性から好評のよう。ただし「彼女がいないときに1人で進めたら怒られた」(29歳・男性)という声もありました…。

ちょっと独特? レアなケース

「『AKB1/149恋愛総選挙』。彼女が『これ面白そうじゃない?』と言ったので、買ってやってみた。2人で『この告白はないわー』などと言っていたら、意外に盛り上がった」(25歳・男性)

「『戦国無双』シリーズ。彼女が歴史好きで、自分はゲーム好きだったので、ちょうどいいバランスで楽しめた。時々、彼女が登場人物について熱く語り過ぎるのが難点だったけれど」(22歳・男性)

 AKBに歴史モノ。こういうジャンルでもときに恋人同士で楽しめることがあるんですね。そんな相性ピッタリの恋人を見つけられたら、さぞかし幸せでしょう…

 ちなみに、今回意見を聞いた女性たちからは、「基本的にゲームは男性の方がやり慣れているのだから、彼女相手に本気を出されても困る」という声が多く聞かれました。恋人同士でゲームをやるときでも、多少の気遣いは必要ということですね。
(有井太郎+プレスラボ)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • YUMI
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長