あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

「もうおばちゃんだよ~www」「すっぴんなのに笑」 女子が痛々しいと感じる同性のSNS投稿

2017年09月28日(木)  読了時間:約3分
考えすぎると何もつぶやけなくなりそうではありますが……
考えすぎると何もつぶやけなくなりそうではありますが……
 気軽に自分の言葉を発信できるSNS。自己演出するにはもってこいの場ですが、発言によっては周囲の反感を買ってしまうことも……。特に、同性だからこそ見ていて痛々しい、イラっとしてしまうこともあるようです。 そこで、女子が女子に対して「痛々しい」と感じるSNS投稿について聞いてみました。


かわいいね、はいはい。

「決めポーズと笑顔が全部同じの自分の写真をアップしまくる。かわいい待ち乙!」(東京・28歳女性)

「それが本当にかわいいなら文句もないんだけど」という意見もありました。同性の意見は厳しい?


芸能人気取り?

「髪切ってきた~☆とか言って、髪型を投稿するやつ。他人の髪型の変化に興味はない! 男も『どうでもいい』って思ってるんじゃないかと」(静岡・26歳女性)

 これもやはり「かわいい」待ち?


かまってちゃん?

「『う~…今わたし、すっごく情緒不安定…でも負けないよ!』みたいな、病んでる発言。『大丈夫? ムリしないでね』の慰めを待ってるだけですよね?」(千葉・30歳女性)

 情緒不安定だというアピールをしても安定するわけでもなかろうに、と思ってしまいそうです。


若くてイイネ!

「20代前半で『もうおばちゃんだよ~www』とか『もう若くないし~』とか言ってる女子の投稿。後半になったら同じこと言ってみろ…冗談じゃなくなるんだから!」(東京・29歳女性)

 自分より年上の女性に対しての「若い」アピールととらえる人も多いようです。逆にアラサーになると「まだまだ私も若いし」という気持ちにシフトできる人も中にはいますが。


有名人との絡みをアピール

「ちょっとだけ読モをやっている女の子が『今日は○○さんとご一緒させてもらいました!』『○○さんに招待してもらいました!』とか、必死だなと思う」(東京・27歳女性)

 自然な紹介なのかそうではないのか、同性は意地悪な視線で見ているもの。


意識の高い発言

「全然仕事のできない後輩はツイッター上では意識高い系のキャラ。フォロワー数もそこそこ多くて、『自分で考えて行動できない人はダメ』『もっと問題意識を』みたいなツイートばかりしている。同僚と見て苦笑」(東京・29歳女性)

 SNSで虚像をつくってしまっていないか、定期的な確認は必要かも。


リプライで甘えっこキャラ

「男友達から『A子の絡みがうざい』と相談されて見てみたら、複数の男子に『あたしの誘いを断るのー?』『相談したいんだってばー』みたいな甘えたリプライを送っていた。普段は『男に頼る女が嫌い』と言ってる姉御キャラだったのでびっくり。リプライでも見ようと思えばほかの人から見えるのに……」(東京・28歳女性)

 もしかしたら本人は自分の二面性に気づいていないのかもしれませんね。


口説かれたorナンパされた

「『超口説かれた~』、『すっぴんなのにナンパされた笑』みたいなつぶやき。本当にモテる子はわざわざアピールしない」(千葉・23歳女性)

 本当にモテる女子はやっかまれる怖さを知っているので、モテ自慢はあんまりしないですよね。


 何をつぶやいても自由でしょ? と言いたいところですが、やっぱり周囲の反応は気になるもの。毎回、数秒間でも「この投稿、大丈夫?」と自分で確認したほうがいいのかもしれませんね。
(ふくだりょうこ+プレスラボ)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。