あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

「ダルマみたい……」 ダイエットを決意した彼からのひと言

2017年09月30日(土)  読了時間:約3分
「おいしそうに食べる君が好き」って言ってたじゃない……!
「おいしそうに食べる君が好き」って言ってたじゃない……!
 大好きな恋人からのひと言というものは、ときとしてかなりの衝撃です。ましてや、容姿に関することならなおさら……。彼氏から体重増加を指摘されたら、慌ててダイエットに励むという女性は多いのではないでしょうか。女性たちに「ダイエットを決意した恋人からのひと言」を聞いてみました。

乙女心を焚きつける

「もうちょっと痩せたらかわいいのにな」(神奈川・27歳女性)
「『1キロでいいから痩せようか』と言われたとき。ほんとは1キロでは全然だめなのに、1キロという低い目標でもいいんだと思わせてくれた優しさが嬉しかったです。そのおかげで今は6キロ痩せました」(神奈川・26歳女性)

 優しく言うことで女性をうまくコントロールする言い方ですね。優しい彼のために、ダイエットもヤル気になりそう。

たとえてみた

「ダルマみたい…」(大阪・27歳女性)
「お腹、ぽにょぽにょだwこれからポニョって呼ぼうかな?」(福岡・15歳女性)
「お腹をさわっていた彼が突然『ブタ……』とつぶやいた。彼も思わず言ってしまった言葉らしく、『真っ白でぷにぷにしていたからつい……』と弁解していたが、弁解されただけ余計にショック」(東京・29歳女性)

 かわいいイメージのものならまだよいかもしれませんが、「ダルマ」や「ブタ」はショックですね……。

励ましつつ

「俺も体絞ろうと思ってるんだけど、お前も痩せたらもっとかわいいと思うよ」(岐阜・25歳女性)
「一緒にジム通おうぜ!」(埼玉・29歳女性)

 相手に文句や小言を言うのではなく、2人で一緒にがんばろうという姿勢が好印象。

好みのタイプが

「実は安室ちゃんのことが大ファンだと言われた瞬間」(大阪・23歳女性)

 彼の好みが、スレンダー体型の女性有名人だと知ったら……。うかうか太っている場合じゃなくなりますね。

究極の選択

「50キロ超えたら別れるから」(東京・29歳女性)

 もはや脅迫にも近い言葉……。あえてきつい言い方をして、危機感を持たせようとする彼氏の心遣いだと信じたいです。

直球で

「太ったなー!」(静岡・36歳女性)
「最近、太ももがすごいね」(東京・38歳女性)
「デブブスブタ」(兵庫・29歳女性)

 彼女にこんな言葉をかける彼氏もどうかと思いますが……。この言葉を素直に受け入れてダイエットする女性は根性が座っていると思います。

 実はこのアンケート、男女両方に質問したのですが、回答が集まったのは女性ばかりでした。体重を指摘され、なおかつそれをしっかりと覚えているのは女性に多いのかもしれません。女性に体重を指摘するということは、それなりの覚悟がいることなのかも。

 とはいえ、大好きな恋人に「太った?」などと指摘され、それをバネにダイエットした人もいるようです。体重が増えがちなこの季節、彼氏に指摘されるされないに関わらず、自分で自分に喝を入れてみるのも良いかもしれませんね。
(田中結/プレスラボ)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。