あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

画集は?英字新聞は? 憧れの女友達のお宅を訪問した女子がガッカリしたこと

2017年11月03日(金)  読了時間:約4分
勝手に期待され、勝手にガッカリされてしまう汚部屋……
勝手に期待され、勝手にガッカリされてしまう汚部屋……
 憧れの女友達の家に行くときは同性であってもやっぱりドキドキしてしまうもの。きっとこんな生活をしているに違いない、その生活を真似したら、私もちょっとは近づけるかも? なんて想像も膨らみますよね。とはいえ、その期待が見事に裏切られてしまうこともあるのではないでしょうか。そこで、ヒトメボの女性読者に「憧れの女友達のお宅を訪問してガッカリしたこと」を聞いてみました。


食器がない…

「グルメな友人の家に遊びに行ったら、食器がなかった。紙皿と辛うじてマグカップがあるぐらい。グルメというだけで、別に料理がうまいとは一言も本人は言っていなかったのだけど、勝手に期待して、裏切られてしまった」(神奈川・30歳女性)

 自分で作るよりも外食のほうがおいしいなら、そうなってしまうものなのかもしれません。今度はおいしいお店を紹介してもらいましょう。

部屋が汚い…

「本人がオシャレでキレイだから、部屋もそうだろうと思ったら、テレビでよく見るような汚部屋だった」(東京・27歳女性)

「水周りが汚くてがっかり。泊まりたくないな、と思った」(東京・32歳女性)

 他人の家に行くとそれでなくても気になってしまうほこりや水周り。憧れの友人ともなるとなおさらチェックしてしまうものかもしれません。

本がない…

「オシャレで知的そうなので家にはよく分からない画集や専門書や英字新聞が置いてあるものとばかり思っていたが、そもそも本の類が一切なかった。そのときはアレ?と少し幻滅したけど今から思えばなくて良かった。部屋に唯一あったデイリースポーツの話題で盛り上がったことで今はよく一緒に野球の観戦に出かけます」(東京・27歳女性)

 さらに素敵な要素を見つけて憧れが加速するのもいいかもしれませんが、どうせならその後に繋がる等身大の共通点を見つけられたほうが友人関係としては有意義?

少年マンガがズラリ…

「まるで妖精さんのようなファッション、見た目の友人。かわいくて見ているだけで癒されるような子なんですが、家に行ったら、少年マンガがズラリと。昔の少女マンガとか、ファンタジー小説が好きだと思っていたので、理想通りでなくてがっかり」(千葉・24歳女性)

 最近の少年マンガには女性読者が増えているそうですし、そうイメージ違反でもないような気もしますが、なかなか手厳しいですね。

お風呂がない…

「見た目も普段の生活も華やかな友人の家に行ったら、風呂なしのワンルームだった。家に呼びたがらないことに納得。お風呂はアパートに共同風呂がついているのでそこで済ませているのだとか。意外すぎた」(神奈川・23歳女性)

 家賃を浮かせて、普段の生活やファッションにお金をかけているということでしょうか。ある意味、合理的なのかもしれませんが……。

部屋着が高校時代のジャージ…

「オシャレな友人の家に行ったら、部屋着が高校時代のジャージだった。てっきりフワフワもこもこの部屋着とか着ていると思ったのに……。がっかりしたけど、ちょっと親しみが湧いたのも事実」(静岡・25歳女性)

 学生時代のジャージの着心地がいいのは間違いありません。くれぐれも部屋着だけを真似ないようにしてください。

部屋の外に棚を放置

「サバサバ系を自称する姉御肌の先輩。よく飲みに連れて行ってくれるし慕っていたのですが、ある日、部屋に招かれてびっくり。アパートの部屋の外に私物の棚を放置していた。やんわりと『他の入居者の邪魔になるのでは……?』と言うと、『みんな気にしてないから大丈夫だよ!』と一言。その自信はどこから来るのか……。ポストにも郵便が大量に入ったままだし、部屋の中はもちろん片付いていないし、『この人、大丈夫かな?』と心配になりました。その先輩はその後、会社を急に辞めて音信不通に」(東京・26歳女性)

 自分が「細かいことは気にならない」サバサバ系だったとしても、他人に対して「きっと気にしてないはず」と思い込むのは違いますよね。


 勝手に期待値を上げてしまい、勝手にガッカリしてしまっている、という感も否めませんが、憧れの女友達には「こうあってほしい!」という理想があるというのも事実。それに、想像とは違う一面を見て、自分とそう遠くない存在だったと気づいたり、そのことでかえって親近感が湧いたりと、ガッカリすることばかりでもないようです。
(ふくだりょうこ+プレスラボ)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 山本莉会
    中国と日本のクオーター。 大手ウェブ系広告代理店を退社しライターに。 主に雑学、仕事術、恋愛コラムなどを執筆しています。 苦手なものはイケてる男性との会話。 重度の海外旅行癖があるが、小心者なので交流は苦手。
  • せんち