あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

「実は本気じゃなかった」と、人づてに知る… つらくなる別れた後の元恋人の行動

2017年11月07日(火)  読了時間:約3分
別れた恋人に泣かされるなんて、とっても切ないことですが……
別れた恋人に泣かされるなんて、とっても切ないことですが……
 一時は恋人として幸せな時間を過ごした人。別々の道を歩むことになっても美しい思い出は色あせない……と思いたいものですが、別れた後に元恋人がしたことで、つらい気持ちになったり思い出が汚されたような気分になったことがある人もいるのでは? ヒトメボ読者に聞いてみました。


衝撃のセリフを又聞き

「『実は本気じゃなかった』と又聞きした」(東京・26歳女性)

「『本当に別れて良かった。あの人と結婚したら人生終わってた』と言っていると共通の知り合いづてで情報が」(埼玉・32歳男性)

「『エッチが本当に合わなかった』と共通の友人にこぼしていた」(東京・28歳男性)

 張本人の耳に入れてはいけない言葉のオンパレード。別れた恋人の悪口は言うものではありません。どんな経緯かわかりませんが、本人に伝えた人も罪深いですね。


別れてすぐの結婚、交際

「6年付き合ってもプロポーズしてくれない元カレに見切りを付けて別れたのに、半年後、彼がほかの女性と結婚していた」(埼玉・29歳女性)

「別れて1ヶ月経たないうちに、フェイスブックのステータスが『交際中』になり、新しい彼氏との写真をアップしまくった元カノ」(東京・25歳男性)

 別れた恋人に幸せになってほしい、とは思っていても、あまりに切り替えが早いと大ショック! あっさりしすぎも、考えものです。


元恋人の結婚で事実が発覚

「学生時代からお互い社会人1年目まで付き合っていた元カレが最近結婚したのですが、結婚式で『社会人になってすぐに付き合い始めた2人』と紹介されていたらしい。ふ、二股だったってこと……?」(東京・26歳女性)

「学生時代に付き合っていた元カレが結婚した相手は、料理上手で家庭的、癒し系タイプのかわいい子。大酒飲みでガサツな私とは真逆のタイプで、『あいつと付き合っていて苦労したから、真逆のタイプの女を選んだ』って共通の友人からネタにされています。別にいいけど!」(東京・28歳女性)

 それもこれも、自分との恋愛があったからこそ。……と思いましょう。


罪悪感が拭い去れない

「半ば無理やり別れた元カレが失恋を機に鬱になり、頑張っていた仕事を辞めざるを得なくなった。もう付き合えないけど罪悪感があり、私もすごく落ち込んでいる」(千葉・28歳女性)

「何年も前に別れた元カノから、未だに落ち込んだ内容や、『あなたと別れてから私の人生はドン底』というようなメールが来る」(東京・30歳男性)

 失恋からは本人の足で立ち上がるしかないのですが……。自分が下した「別れ」の決断が、かつて愛し合った人の人生を下り坂に変えてしまった罪悪感はつらいもの。それぞれが、新たな幸せを見つけられるように祈っています。

 別れたのはとうの昔とはいえ、やっぱり一度付き合った人はいつまで経っても特別な存在。不本意ながら、相手の行動で心をかき乱されてしまうこともあるものです。みなさんは、元恋人とどんな関係を築いていますか?
(桜まゆみ+プレスラボ)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 山本莉会
    中国と日本のクオーター。 大手ウェブ系広告代理店を退社しライターに。 主に雑学、仕事術、恋愛コラムなどを執筆しています。 苦手なものはイケてる男性との会話。 重度の海外旅行癖があるが、小心者なので交流は苦手。
  • せんち