あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

女子の9割が男子とプレイした経験あり!? 異性とゲームした思い出

2017年11月15日(水)  読了時間:約4分
 1983年にファミコンが登場してから早30年以上が経ちました。以来、数々のコンピューターゲーム機やソフトが発売され、家族や恋人と一緒に楽しむ姿が当たり前の光景として見られるようになりましたよね。そこで今回は、「異性とゲームした経験」というテーマでヒトメボ読者にアンケートを実施しました!(回答者:42名/男性17名 女性25名)

Q.異性とテレビゲーム・携帯型ゲームで遊んだことはありますか?(携帯電話ゲームを除く)

ある…37名(男性13名、女性24名)
ない…5名(男性4名、女性1名)

 8割以上の人が経験ありという結果に。男性の76%に対し女性は96%と、意外にも女性の方が経験ありとの回答でした。これは、男性は一人や同性とプレイすることも多いからなのかもしれませんね。

Q.それはいつのことですか? ※複数回答可

幼稚園・保育園…14名(13.2%)
小学校…23名(21.7%)
中学校…19名(17.9%)
高校…12名(11.3%)
専門・大学…20名(18.9%)
社会人…18名(17.0%)

 最も多かったのが小学生時代、そして最も低かったのが高校時代という結果でした。思春期まっさかりの高校時代、むちゃくちゃ異性を意識していたということでしょうね。そこで、実際に「異性とゲームした」ときの思い出やエピソードを教えてもらいました!

友情が深まった

「小学生の頃、ポケモンが流行っていてみんなで公園に集まって遊んだ」(北海道・23歳女性)

「バイト仲間たちとドンキーコング(懐かしい)さらに仲良くなりました」(東京45歳・女性)

「モンスターハンターを男友達3人とやっていて私が逃げて隠れてたらクエストクリアした後に3人から打たれたり来られたりぶっ飛ばされたりしまくってもっと仲良くなった」(京都・15歳女性)

「20代前半の頃、初期のバイオハザードを男4人女1人で。部屋を暗くして巨大スクリーンで開始。みんなの普段の兄貴っぷりからは想像できないびびり方に笑った」(東京・39歳女性)

 男女の垣根を越えて仲間とワイワイしたり、素の表情やリアクションに盛り上がれるのがゲームの醍醐味! 仲良くなりたい異性がいたら気軽に誘えるきっかけになりそう。それにしても「普段の兄貴っぷりからは想像できないびびり方に笑った」って…どれほどのギャップだったのかが気になります。

ケンカになった

「バルーンファイト、アイスクライマー、マリオブラザーズの2Pプレイで協力した試しがない。必ず殺し合いで足のひっぱり合い」(東京・34歳男性)

「戦争ゲームを一緒にやって、あまりに自分が下手でよくゲームオーバーになるから、相手の機嫌を損ねた」(新潟・28歳女性)

「モンスターファームを1人でしてたら怒られたから、相手に貸したけど、結局うまく出来てなかったからイライラした」(東京・27歳男性)

 原因の多くが「対戦プレイでの勝敗」ではなく、「協力プレイでの進め方」だというのは意外です。一方で、対戦プレイの揉めごとについてはこんなエピソードも。

「社会人になってからオセロにはまって、彼が勝つまで何回もやらされて、決局私がわざと負けてあげた」(大阪・26歳女性) 

 相手が負けず嫌いのときは、広い気持ちで接してあげる。それが関係を長続きさせる秘訣かも!?

恋人とより親密に

「ストリートファイターで瞬殺された。何度やっても瞬殺されて、どれだけやりこめばこんなに強くなれるんだ? と感心した。相手が楽しそうだったのでおかしくて、かえって仲が縮まった気がする」(東京・30歳女性)

「中古のスーファミでヨッシーアイランドをしていた。できないところは任せて、楽しそうなところをやっていた。共同作業によって、相手に頼もしさを覚えた!」(神奈川・22歳女性)

「みんゴル。付き合う前の彼から勧められ、ゴルフのルールをコレで覚えてから練習~コースデビューし、結果結婚に至った」(神奈川・39歳女性)

 男性の頼もしさや強さを感じたカップルほど、より仲が深まっている様子です。なかにはゲームのおかげで「結婚に至った」なんて羨ましいエピソードまで! 将来はぜひ、子供も交えて「みんゴル」をプレイして欲しいですね。


 まさに、ゲームは男女のコミュニケーションツールとして一役買っているといえそう。みなさんも次のデートは恋人とおうちでまったりゲーム三昧、なんてプランを立ててみてはいかがでしょうか?
(志賀むつみ)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 山本莉会
    中国と日本のクオーター。 大手ウェブ系広告代理店を退社しライターに。 主に雑学、仕事術、恋愛コラムなどを執筆しています。 苦手なものはイケてる男性との会話。 重度の海外旅行癖があるが、小心者なので交流は苦手。
  • せんち