あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

アプローチしてOKですか? 居酒屋店員さんに聞いてみました。

2017年11月21日(火)  読了時間:約5分
居酒屋定員へのアプローチ方法
行きつけの店に、気になる店員さんがいたら…
 働く店員さんのことを「あっ、この人いいな」と思ったことはありませんか? でも相手はお仕事中。「どうアプローチしたらいいか分からない」「そもそもアプローチしていいのかな?」…と、行動を起こせないでいる人も多いかもしれません。

 そこで今回は、「居酒屋」で働く店員さん10名に直撃取材! お客さんとの恋愛についてあれこれ聞いてみました。


お客さんとの恋愛はアリですか?


 アリ 7名/ナシ 3名

「こまめに来てくれる方と、徐々に会話が増えて仲良くなって、プライベートでも飲みに行くようになったりとか…いいなって思います」(和食系居酒屋2年勤務・女性・28歳)

 かなり脈はありそうです! ナシと答えた方の中には、「プライベートが充実しているから」という意見が。ということは、充実していないときはアリってこと…!? 男性の多くは、基本的に恋愛ウェルカムなムードです。


どんなお客さんだと惹かれますか?


「笑顔がすてきな人」(創作系居酒屋1年勤務・女性・23歳)
「顔がタイプの人」(串系居酒屋3年勤務・男性・32歳)
「笑顔がかわいくて少しエッチな人。お客さまは自分より年上が多いので、普段出会えない年齢層の方と知りあえるのがいいです」(串系居酒屋3年半勤務・男性・36歳)

 やはり、見た目の印象は大切みたい。ほかには…

「優しくて礼儀正しい人」(串系居酒屋1年勤務・女性・20歳)
「お皿を下げに行ったときに『ごちそうさま』『おいしかったです』と目を合わせて話してくれるとステキだなって思います。指図してきたり、サービスをしてもらう側だからという態度の人はちょっと…」(創作系居酒屋1年勤務・女性・19歳)
「こちらが接客しているときに優しく『ありがとうございます』とか返してくれると、こっちもうれしい。容姿はもちろん、お客さんとしての態度(?)とか、常識の範囲できちんとしている人に惹かれます」(串系居酒屋6年勤務・男性・28歳)

 お酒の席って、ともするとハメをはずしてしまいがち…。店員さんは見ています。


お客さんとの連絡先交換はアリですか?


 アリ 9名/ナシ 1名

「LINEの交換ならアリです」(創作系居酒屋1年勤務・女性・19歳)
「人によってですけど…アリかな」(和食系居酒屋2年勤務・女性・28歳)

 10名中9名がアリという結果に。「笑顔でもらって捨てちゃう」という人がいる一方、お客さんとの恋愛は「ナシ」と答えた中でも連絡先の交換はOKという人がいました。ちなみに、メールアドレスよりはLINEなどSNSを連絡先交換に使っている人が多いようです。


お客さんからどんな風にアプローチされるとうれしいですか?


「気軽に話しかけてもらえると、こっちも話しやすいのでうれしいです。その会話の中で、趣味が合ったり、地元が近かったりすると仲良くなれそうです」(串系居酒屋3年勤務・男性・24歳)
「個人的に誘われるよりは、『3対3くらいで遊びに行こー!』みたいに、みんなで飲んだり遊んだりできるようなアプローチだとうれしいです」(創作系居酒屋1年勤務・女性・23歳)
「お客さんのアプローチは基本的にスルーだけど、自分が興味のあることだったら行きたくなります。芸術系の大学生の人たちに『展覧会に来てくださいよ』と名刺を渡されたときは、実際に見に行って交流を深めました」(和食系居酒屋2年勤務・女性・22歳)
「突然『お兄さん、彼女いますか!?』などとグイグイ来られると、少し引いてしまう(笑)。料理の説明とか、話す機会がある中で仲良くなれば、逆にこちらから声をかけると思う」(串系居酒屋6年勤務・男性・28歳)
「ガツガツこられてもOKです! 仕事してるときも、ふとしたときにそのお客さまと目が合う瞬間が心地よいです。そのお客さまでない卓で、ほかの女性と少し仲良くしていると、めっちゃ気にしてるよーな素振りをしていて、かわいいって思いました」(串系居酒屋3年半勤務・男性・36歳)

 グイグイ行ってもOKかどうかは、人によって違いますが…。気になる店員さんには、まずは気軽に話かけてみるのがよさそうです。


お客さんと付き合ったことはありますか?


 アリ 2名/ナシ 8名

「SNSから突然、『前回、お店に行かせてもらった○○です!覚えてますか!?』とメールがきて、それがきっかけで食事に行ったことがあります。お付き合いには発展していません」(串系居酒屋6年勤務・男性・28歳)
「常連さんに『ここらへんでオススメのお店はありませんか?』と尋ねられたのがきっかけで、そのあと一緒に遊びに行ったことがあります」(創作系居酒屋1年勤務・女性・19歳)

 連絡先を交換して飲み会をしたものの、お付き合いには至らず…というパターンが多いみたい。しかし、お付き合いに発展したと答えた2名中1名は、お店での連絡先交換がきっかけで、なんと結婚!

「コースターの裏に連絡先がかかれていて、『お兄さんかっこいいですねー。今度飲みましょうよ』と声をかけられました。その場で飲む約束をして、後日、本当に飲みに行きました。その後も合コンしたり、いっぱい飲み会をして…結婚しました!」(串系居酒屋3年勤務・男性・32歳)

 自分からは声をかけにくいけれど、お客さんが話しかけてくれれば仲良くしたいという人が多かったです。お客さんも店員さんも、お酒の場が好きなもの同士、気が合えば、飲みに行くチャンスもありそうですね。
(せんち/クレッシェント)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • YUMI
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長