あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

浮かれてよく知らない人にも恋バナ… いま思うと赤面!の若い頃の恋愛エピソード

2017年12月01日(金)  読了時間:約3分
過去の恋は封印したい!?
過去の恋は封印したい!?
 誰だって一度や二度は恋愛で失敗したことがあるでしょう。なかでも若い頃の恋愛となると、未熟さゆえに勢い余ってやってしまったことや恥ずかしい失敗も多いと思います。ヒトメボ読者に、思い返すと赤面してしまう、若い頃の恋愛エピソードを聞きました。


面倒な女だった…

「1日メールの返事がないだけで不安になって、他の部活仲間と親しく話しているだけで焼きもち焼いて、電話口で泣いたりしてた。赤面というか、いま思えば相当面倒な女だった」(東京・27歳女性)

 不安になったりヤキモチを焼いてしまったりするのは好きだという証拠。でも、いま振り返ってみると「恋愛初心者だったな」と思うのかも。


親しくない人に恋バナ

「高校入学して数日、隣の席の子に「彼氏いる? 私つい先日できてね~」と話していたこと。知り合って間もない、よく知らない人から恋愛話をされるのはさぞ迷惑だっただろうなあと思う…」(埼玉・29歳女性)

 恋をするとウキウキするので、思わず人に話したくなるもの。時間が経つと、「あのときの自分は、どう見えていたのかな…」と気になったり…。


デート中、迷子に!

「デートの目的地に向かう途中、迷子になった」(神奈川・31歳男性)

 デートではリードしてほしいと思っている女性も多いもの。彼女からの期待に応えたいプレッシャーもあったのでしょうか?

一目惚れした店員に会いに行けなかった

「コンビニ店員さんに一目惚れして後日もう一度会いに行きたかったのですが、買ったのがエロ本だったので恥ずかしくて会いに行けなかった」(東京・30歳男性)

 それはそれは……。どこに出会いがあるのか分からないので、コンビニでも気が抜けませんね!


ケバいギャルメイク

「きっちりメイクのほうがモテると思って、めっちゃギャルメイクをしていた。そのメイクで引いてしまった男性もいたと思う」(東京・26歳女性)

 気合いを入れれば入れるほど恋が遠ざかってしまうなんて! でも、いつの間にかメイクが濃くなっていた経験、誰にでもありますよね。


紹介された好きでもない人と交際

「紹介された人とは付き合わないと紹介してくれた人に失礼だと思って、全く恋愛対象ではない人と付き合ったこと」(鹿児島・24歳女性)

 紹介してくれた人に悪い……という気持ちも分からなくはないですが、その事実がバレたときの相手のショックのほうがやっぱり大きいですよね。


 人は、さまざまな失敗や発見を重ねて成長していきます。赤面してしまうほど恥ずかしい過去があっても、それを今の恋愛に活かせているのだとプラスに捉え、これからも成長し続けたいものですね。
(姫野ケイ+プレスラボ)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • YUMI
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長