あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

お風呂、漫画喫茶… 同棲カップルは「ひとりになりたい」ときどうする?

2017年12月15日(金)  読了時間:約3分
同棲って多くても二部屋くらいですよね?
同棲って多くても二部屋くらいですよね?
 大好きな恋人との同棲生活はきっと幸せですが、その日常に慣れてくると、ときには「あ~ひとりになりたい!」と強く思う瞬間もあるはず。そんなとき皆さんはどうしているのでしょうか? 同棲しているヒトメボ読者に聞いてみました。


お風呂にこもる

「仕事のことを考えたいのに、相手の相談や愚痴に付き合わなくちゃいけないとき。こっちもあまり余裕ないのに、ちゃんと相手を務めなきゃならないとなるとかなりのプレッシャー。私の場合は、なんとかキリのいい所を見つけて話を切り上げて、お風呂にこもって、いつも以上に長い半身浴をします」(福岡・27歳女性)

 共働きが増えてきているので、こうした状況になるカップルは結構多いかも。ひとりになりたいときはお風呂やお手洗いなど、家の中でもプライベートを確保できる空間を活用しましょう。


漫画喫茶に行く

「彼の機嫌が悪いとき。こっちまで気分悪くなってきて、一緒にいると最終的にケンカになっちゃう。だからそういうときは、『機嫌悪いみたいだから、今日は友達のところに泊まるね』って言って、家を出る。言い方がまずいとそこで大ゲンカになっちゃうので、相手を責める気配を極力消すのがポイントだというのが最近わかった。それで、本当に友達の所に泊まりに行ったり、近くの漫喫で朝までっていうのもある。そういう日の漫喫の解放感は、結構クセになる」(大阪・22歳女性)

 人間ですから気分の浮き沈みがあるのは当然ですが、それにすべて付き合っているとこちらが疲れてしまいます。さりげなく相手の反省を促しておきつつ、自分は漫喫を心底楽しむという、なかなかうまいやり方。


ヘッドホンしてiPodをガンガン鳴らす

「私はテレビがあまり好きじゃなくて、彼は大のテレビっ子。基本テレビはついているけど、たまにその音に我慢できなくなってくるので、ひとりでヘッドホンしてiPodをガンガン鳴らす。彼もその辺はわかってるので、それで特に険悪になったりっていうのはない」(東京・32歳女性)

 ひとりの世界に没頭するのもひとつの手ですね。趣味や生活習慣の違いは、同棲することで一気に衝突しやすくなります。お互いの趣味嗜好を尊重しあい、「ふたり」のバランスを作っていく作業は同棲カップルにとって必要そうです。


一緒にDVDやドラマを見る

「仕事の失敗や悩みなどは彼女と共有できないことも多い。『どうしたの?』と気を使われるのも面倒くさい。そういうときは大体、一緒にDVDやドラマを見て、話をしなくてすむようにします」(東京・30歳男性)

 一人になりたくてもなれないときは、せめてコミュニケーションを取らないようにする、という対処法も。エンタメに触れることで、気持ちが切り替わる効果もありそうです。


自分の部屋にこもる

「男性にはエッチなことを考えたい瞬間がありますから……。そういうときは自分の部屋にこもるようにしています」(東京・26歳男性)

 こればっかりは仕方ない……のでしょうか。それぞれの部屋がないカップルのほうが多いと思いますが、どうしているのか気になってきますね。


 同棲だからといって、四六時中一緒にいなければいけないわけではありません。お互いのプライベートの確保は、同棲前よりさらに重要になってきます。自分がひとりになったり、相手をひとりにさせたりと、状況に応じて距離を置くことは、恋人との仲を保つ上で大切なのかもしれませんね。
(藤井弘美+プレスラボ)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • サカイエヒタ
    株式会社ヒャクマンボルト代表。企画、編集、漫画、コラム執筆、給与計算など。日々丁寧に寝坊しています。 電子書籍「かぞくとわたし」KADOKAWAより発売中です。
  • 長橋諒
    1989年生まれ、東京都昭島市出身。アパレル販売員を経て、Webライターの世界に。中島みゆきと中村一義が好き。
  • ヒトメボ編集部