あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

新郎側と新婦側の出席者に温度差… 「このカップル、先行き不安だな」と思った結婚式

2017年12月31日(日)  読了時間:約3分
愛と幸せに満ちた結婚式のはずが……。
愛と幸せに満ちた結婚式のはずが……。
 めでたく結ばれた2人にとって「結婚式」は幸せの最高潮を迎える瞬間。ですが、たまーに、この時点から不穏な空気が漂っているカップルも……。そこで、不謹慎にも「このカップル、先行き不安だな(離婚しそう…」)と思ってしまった結婚式と、その後について聞いてみました。

高級外資系ホテルでの派手婚

「某高級外資系ホテルで派手婚をしたスピード婚夫婦。そこでの結婚式は、かねてからの新婦の希望。スピーチで新郎が『ここで挙式すると言ったら、プロポーズをOKしてくたんです(笑)』と笑っていましたが、新婦の周りの友人は、本当にそれが結婚の条件だったことを知っていて……。新婦は結婚式をしたら気が済んだのか、数ヶ月で新婦から離婚を突き付けたようです」(東京・30歳女性)

 結婚式を挙げることそのものが目的となってしまっていたのでしょうか。ちょっとさみしい話ですね。

新郎の友人が大声で「歴代の女で一番カワイイ!」

「新婦がお色直しで退席中に、新郎が友人から『女遊びもほどほどにしろよ』とか、『新婦、お前の歴代の女で一番カワイイ!』とか大声でイジられ盛り上がっていて……。お祝いの場でそんなことを言う友人も品がないし、新婦側の親族や友人は冷ややかな空気。結婚後まだ2年ですが、旦那の浮気癖が原因で家庭内別居中だそうです」(東京・33歳女性)

 大切な娘を嫁に出す新婦側のご両親の心境を考えたら、胸が痛みますね。一生一度の大切な席。参加する側も、常識は大切です。

新郎側と新婦側の盛り上がりに温度差

「二次会パーティーながら200人着席という豪華な結婚式に出たとき。新郎の会社側(ベンチャー)の人がやたら内輪だけで盛り上がっていて、新婦や新婦の会社側(大手)の人が面白くなさそうな顔をしているという温度差のあるパーティーがありました。なんだか微妙な感じ?と思っていたら、1年後にそのカップルは離婚してしまったそう。理由はわかりませんが……」(東京・30歳女性)

 式だけでなく、普段の生活にも温度差がある夫婦だったのでしょうか……?

新郎の同僚女性が泣き出し、途中退席

「女友達の結婚式に出席したところ、披露宴中に、新郎側の同僚の席に座っていた女性が急に泣き出して退席するという珍事が。新郎側の焦りっぷりを見ていたら胸騒ぎがしましたが……。結婚式後、半年で離婚。なんと式で退席した女性が原因で、新郎は結婚前からその彼女と新婦、二股をかけていたそうです」(神奈川・27歳女性)

 いくら同僚とはいえ、「彼氏」の結婚式に参加する女性も、二股相手を招待する新郎も相当な図太い神経の持ち主ですね。こんな「サプライズ」は見たくありません。

 結婚式に出席しているということは、新郎新婦にかなり近い存在の知人、または友人であるはず。「この二人、先行き不安かも」なんて不穏な空気を察知してしまう自分に、嫌悪感を抱いてしまうこともあるかもしれません。幸せな結婚式ばかりだったら良いのですが、そんな予感を抱いてしまったときは、「ハズレ」であることを願いたいものですね。
(桜まゆみ+プレスラボ)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • サカイエヒタ
    株式会社ヒャクマンボルト代表。企画、編集、漫画、コラム執筆、給与計算など。日々丁寧に寝坊しています。 電子書籍「かぞくとわたし」KADOKAWAより発売中です。
  • 長橋諒
    1989年生まれ、東京都昭島市出身。アパレル販売員を経て、Webライターの世界に。中島みゆきと中村一義が好き。
  • ヒトメボ編集部