あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

あえてのオウム返し!? 男の話を聞くときに女子が気をつけていること

2018年01月02日(火)  読了時間:約3分
聞き上手な愛され女子に!
聞き上手な愛され女子に!
 好きなことについて語りたがる男性は多いし、聞き上手の女性はモテるという話もよく耳にします。そこで、ヒトメボの女性読者に「男性の話を聞くときに心がけていること」について聞いてみました。


基本的に肯定

「『それ、ちょっと間違えてない?』なんてことを男性が意気揚々と話していても、否定しないようにしています。基本的に肯定。話の腰を折るのって、男性のプライドを傷つけてしまうから」(東京・28歳)

 張り合って相手を論破する「どっちが正しいゲーム」を繰り広げてしまうと、男性の本能的に「敵」と見なされてしまうかも?


相手の話したそうなことを見極めて質問

「相手の興味がありそうなこと、得意分野、話したそうな分野に関してじっくり聞いて、質問を投げかける」(神奈川・31歳)

 相手が話していて気持ちの良さそうな内容を見極めるのって、レベルの高いコミュニケーション能力かも!


ポイントを絞ったオーバーアクション

「ポジティブな感情を素直に出すようにしています。ところかまわずオーバーリアクションをするのは、『適当に話を聞いてるな』と見透かしてくる男性もいるので、大きな反応はポイントで」(東京・29歳)

 ポジティブな部分にフォーカスする相手と話していると、気分が明るくなりますよね。でも、わざと大げさにし過ぎるのはNGとのこと。


オウム返しで理解を伝える

「仲良くなりたい男性の話には、共感を表すようにしています。親近感を持ってもらいたいから。『それわかります』とか、『私もそれ好きです!』とか。あと、相手の話にオウム返ししたりして、理解者であることを伝えたい」(東京・33歳)

 相手が共感してくれる部分が多いと、「気が合う!」と思うのは、男性も女性も同じですね。


笑顔!

「目を見て笑顔! を心がけます。相手の話をよく聞いて、その会話を楽しんでいます。ということを伝えるために」(埼玉/25歳)

 笑顔を増やす。単純なことだけど、心がけていないとつい忘れてしまうもの。仏頂面の女性より、笑顔の女性と一緒にいるほうが楽しいですね。

「なるほど」とは思っても、なかなか実践するのは難しいもの。これらを実践できている人って本当に聞き上手なんだと思います。少しずつでも取り入れていけたら、話していて「心地よい」と感じる男性も増えてくるはず!?
(桜まゆみ+プレスラボ)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • サカイエヒタ
    株式会社ヒャクマンボルト代表。企画、編集、漫画、コラム執筆、給与計算など。日々丁寧に寝坊しています。 電子書籍「かぞくとわたし」KADOKAWAより発売中です。
  • 長橋諒
    1989年生まれ、東京都昭島市出身。アパレル販売員を経て、Webライターの世界に。中島みゆきと中村一義が好き。
  • ヒトメボ編集部