あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

永遠の謎! 「誠実な人」がいいのに「遊んでいる人」を好きになるのはなぜ?

2018年01月04日(木)  読了時間:約1分
遊んでいる男は、ドラマティックなシチュエーションを作るのも得意?
遊んでいる男は、ドラマティックなシチュエーションを作るのも得意?
 好きな男性のタイプを聞かれたときに、「誠実な人」と答える人はいても「遊んでいる人」と答える人は少ないもの。ですが実際には「遊んでいる人」を好きになってしまう女性って多いですよね。それはなぜなのでしょうか。ヒトメボの女性読者にその理由を聞いてみました。

女の扱いに慣れているから

「女性経験が多い男性は、女の扱いをわかっていて、心を満たしてくれる。自分と付き合ったら浮気はしないで欲しいけれど、女をわかっていない男性とはそもそも恋愛が始まらない」(東京・30歳)

 自ら口説いてきてくれる相手とは恋愛のスタートを切りやすいもの。その積極的な姿勢は、過去の経験で培われたものだったりもするのですが……。

日本の女性がミーハーだから

「モテる男は誘惑が多いから遊んでいる可能性が高くなる。とはいえ日本人はミーハーだから、口では『モテる人は嫌』と言っていても、結局モテるところに群がるのが現実」(埼玉・31歳)

 モテる人は「モテている」という事実そのものが、まるでその人全体の価値を上げるかのように働くことがありますね。

「遊びが派手な人はエネルギッシュで、仕事やプライベートが充実している。いろんな経験をしているので、話のネタや人間性が幅広く魅力のある人が多いとも思う」(東京・27歳)

 「新しい世界を教えてくれる男性」が好きな女性は、遊び人との恋愛に陥る可能性も大きいと言えるかも。

マメだから

「マメな性格でないと遊べない。マメな人が全員遊んでいるわけではないけれど、『マメさ』というのはモテる男には欠かせない要素」(東京・29歳)

 自分だけにマメなのかと思いきや、他の女性にもマメだったり。心が痛いけど、よくある話です……。

本能的に男らしい男が好きだから

「ある程度『女にモテたい・遊びたい』と思うのは男性の本能。男性ホルモンが活発な男らしい男ほど、それを求めるし、ある程度の遊びは許容しなきゃいけないとも思う。口ではなんだかんだ言っていても、女性が本能的に男らしい男が好きなのは当たり前だと思う」(東京・32歳)

 仕事や女性に対する熱意をかき立てるのは、男性ホルモン「テストステロン」のしわざだと言われます。デキる男に女遊びはつきものなのでしょうか。


 男性に求めるものの最上位に「誠実さ」や「安心感」を挙げ、当てはまらない男性を理性的に切り捨てる女性がいる一方、意に反して「遊んでいる人」ならではの魅力に惹かれてしまう女性も多くいるようです。恋する乙女は、「この人は私と付き合ったら変わってくれるはず」なんて希望も持ってしまいますよね。しかしまあ、遊ぶにしてもキレイに遊んでほしいものです。
(桜まゆみ+プレスラボ)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • サカイエヒタ
    株式会社ヒャクマンボルト代表。企画、編集、漫画、コラム執筆、給与計算など。日々丁寧に寝坊しています。 電子書籍「かぞくとわたし」KADOKAWAより発売中です。
  • 長橋諒
    1989年生まれ、東京都昭島市出身。アパレル販売員を経て、Webライターの世界に。中島みゆきと中村一義が好き。
  • ヒトメボ編集部