あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

イスゆらゆら→バッターンッ!! 小学生がやりすぎること

2018年01月12日(金)  読了時間:約3分
イスゆらゆらからのバッターン!!
イスゆらゆらからのバッターン!!
 子どもの頃って、どこからともなく生まれた謎のトレンドにこぞって夢中になったもの。しかも加減がわからないから、時間が許す限りずっと、叱られるか、文字通り痛い目に遭うまでやめられないこともしばしば。ヒトメボ読者に「小学生の頃やりすぎていたこと」を振り返ってもらいました。


下敷きでぼよんぼよん

「下敷きを両手の手のひらに挟んで曲げて、ぼよんぼよん音を出すのをよくやってた。で、曲がっちゃうか割ってしまうのがオチ」(香川・25歳男性)

 下敷きでしか出せないあの妙な音がツボにはまるのでしょうか。ぽよんぽよん、べよんべよん、ふよんふよん……音の聴こえ方は人によって異なるようです。

登り棒で一時停止

「登り棒にとまったまま降りてこないやつがいっぱいいた」(広島・40歳男性)

 さほど絶景とも思えないし、途中で力尽きたとも思えないし……。たしかに不自然な男子をちらほら見かけましたよね。ところで、鉄棒じゃダメなんでしょうか?

一輪車でぐるぐる

「毎日、校庭のトラックを一輪車で狂ったように何周もまわってました。何かに憑りつかれたかのように、ひたすら漕ぎ続けてました」(東京・30歳女性)

一方、こちらは女子に多かったように思います。飽くなき向上心、気づかれるまでアピール、それとも単純に気持ちがいいのか。彼女たちを駆り立てた欲求の正体が今となっては分かりません。

エンドレスフラフープ

「どっちが長くフラフープを回していられるか友達と競争。なかなか友達が終わらないからこっちも引き下がれず、体力の続く限り腰を回してた」(福岡・27歳女性)

 女子が集団で腰をくねくね回していた光景って、改めて考えると異常ですよね。エクササイズに良いそうですが、大人になった今やってみるとビックリするほど下手になっている自分に驚愕します。

イスゆらゆら

「授業中にイスの前足を浮かせながらゆらゆら座るやつ。時々、バランスを崩して後ろにバッターン!! 倒れたときにスカートがめくれてパンツ丸出しになったのが今でもトラウマです……」(東京・38歳女性)

 終われない…! 地獄の淵が見えるまでは。その結果、不運と踊っちまう児童多数。けっしてチキンレースをやってるつもりはなかったとは思いますが。

電気のヒモでボクシング

「和室の電気の紐でシャドーボクシング。ヒモが傘に乗って手が届かなくなったら中断。何度かヒモを引きちぎってしまって母親に怒られ、翌日には新しいヒモが足されてました」(宮城・36歳男性)

 勢い余って電気を消してしまうパターンも。最近は和室もヒモを引っ張って消す照明が少なくなったので、もしかするとイマドキの子どもには馴染みがないかもしれません。


 いったいなにがそんなに楽しかったのか? 一度は体験したことなのに今では理解に苦しむ子ども心。あの頃の衝動を鮮明に覚えている人が羨ましくもあります。あなたが小学校時代に夢中になったものはなんですか?
(坂井あやの/verb)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • サカイエヒタ
    株式会社ヒャクマンボルト代表。企画、編集、漫画、コラム執筆、給与計算など。日々丁寧に寝坊しています。 電子書籍「かぞくとわたし」KADOKAWAより発売中です。
  • 長橋諒
    1989年生まれ、東京都昭島市出身。アパレル販売員を経て、Webライターの世界に。中島みゆきと中村一義が好き。
  • ヒトメボ編集部