あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

フリーザ編?魔人ブウ編?自分にとっての『ドラゴンボール』のピーク

2018年01月26日(金)  読了時間:約3分
『ドラゴンボール』のピークはどこ?
『ドラゴンボール』のピークはどこ?
世代を超えて人気の高い『ドラゴンボール』。 週刊少年ジャンプで約 10年半にわたって連載された長編漫画ですから、人によって記憶に残っているシーンはさまざまなはず。「私にとってのドラゴンボールのピーク」について、ヒトメボ読者に聞いてみました。


孫悟空少年編

「レッドリボン軍編でウパの父親を生き返らせるシーンです。初めて生死について考えたシーンでした。それ以降はドラゴンボールが死者のためのただのツールになっているのが気になるけど……」(神奈川・39歳男性)

「間違いなく、僕のピークは桃白白が投げた柱に乗って移動しているシーンですね。子どもながらにマジでビビりました」(大阪・34歳男性)

「悟空が少年の頃はとにかくブルマが可愛くて、ちょっとエッチだったのがいいですね〜。あのポップな雰囲気が鳥山明っぽくって好きでした」(神奈川・32歳男性)

少年編でピークを迎えた人も。悟空がまだかわいかった時代です。

ピッコロ大魔王・サイヤ人編

「悟空の『失敗したな。腕を一本残しているぞ!』には鳥肌が立ちました。悟空が負けてしまう展開を予想していたので……」(東京・35歳男性)

「悟空がマジュニアに天下一武道会で勝ったところ。マジュニアの怪光線が悟空を貫いたときはもうダメだと思った。最後の最後までハラハラした」(滋賀・37歳男性)

「ナッパ戦かなぁ。ピッコロとかたくさんの仲間が死んだし、それを見た悟空が怒りを爆発させているシーンはこれぞジャンプ! って感じで読んでてワクワクした」(千葉・34歳男性)

ピッコロ大魔王編〜サイヤ人編では、強敵が続々登場。冒険の要素が強かった「孫悟空少年編」と比べ、この時代のドラゴンボールは本格バトル漫画となっていましたね。

フリーザ編

「フリーザが強すぎて絶望したのを覚えています。クリリンの死をきっかけに悟空が超サイヤ人になったシーンは素直に泣きました」(東京・33歳男性)

「敵ながら、フリーザ様が大好きなのでフリーザ編が一番好きです! なかでも『私の戦闘力は53万』のフリーザ様がお気に入りです」(埼玉・36歳女性)

物語の舞台が宇宙となり、より強い敵が現れるフリーザ編。ピッコロやベジータが悟空と共に戦うなどキャラ同士の友情があらわれ始めたこともあり、思入れがある方は多いのではないでしょうか。

セル・魔人ブウ編

「セルゲームが私のピークです。悟飯の成長していく様子をいまだに読み直してしまいますね。悟空が死んでしまったのは辛かったですが、最後に父子で力を合わせてセルを倒すシーンは涙ものでした」(静岡・33歳女性)

「未来から来たトランクスがもう一度未来に帰るシーンかな。ベジータがトランクスにポーズをとるのが感動的だった。いつもムスッとした表情のベジータがあんなことするなんてビックリ!」(東京・29歳男性)

「ミスターサタンのおかげで元気玉を撃てた瞬間はマジで泣いた。こんなポンコツキャラなんでいるんだよって思ってたから、そのぶん感動も大きかったな」(北海道・37歳男性)


なかには「いやー占いババの技場での透明人間VSヤムチャのブルマのおっぱいでしょ!男子ならみんなあそこは100回は見たはず!あれ以外にはない!」(東京・39歳男性)という方も。

たまにはみんなで呑みながら、いろいろな漫画作品について「私のなかでのピークはここだ!」なんて談義をしても楽しいのではないでしょうか。あなたにとっての『ドラゴンボール』のピークはどこですか?
(ゴジョー)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
ヒトメボ編集部はインターンを募集中です
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 長橋諒
    1989年生まれ、東京都昭島市出身。アパレル販売員を経て、Webライターの世界に。中島みゆきと中村一義が好き。
  • ヒトメボ編集部
  • タカダハルナ
    学生ライター。地元・青森の情報を、地方新聞・エッセイ・動画などで発信中。「とりあえずビール」が口癖の女子大生です。