あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

〝弟〟がテレビゲームで強いられた理不尽な役目

2018年01月30日(火)  読了時間:約3分
いつも兄の得意なゲームで対戦…
いつも兄の得意なゲームで対戦…
「弟」というだけで理不尽な思いをしたことはありませんか?兄弟でテレビゲームをしていて、面白くない役目を押し付けられた経験がある人も……。ヒトメボ読者に、「弟がテレビゲームで強いられた理不尽な役目」について聞いてみました。


ドラクエでひたすらメタルスライム探しをさせられる

「『ドラゴンクエスト』シリーズが大好きだった僕たち兄弟。兄と一緒に進めていたのですが、僕にコントローラーを握らせてくれるのは大抵面倒な経験値集めのときだけ。メタルスライムなどの「メタル系」を探すだけの日々が続いたことを覚えています」(滋賀・33歳男性)

一緒にゲームをしようと言われたはいいものの、ひたすら経験値集めをさせられる始末。三人兄弟の次男なら、兄にされたことを末っ子の弟に仕返ししたりして……。

スマブラで技の練習台にさせられる

「兄と一緒にスマブラをすることが多かったのですが、僕はほとんど兄の練習台でした。兄が同級生に教えてもらったコンボ・テクニックを、僕のカービィを相手に試すのです。絶対に兄には反撃してはいけないルールでした」(大阪・25歳男性)

なんてかわいそうなカービィ……。兄を超えたいけれど、練習台じゃあなかなか強くなれないですね。

ゼルダはやらせてもらえなかった

「NINTENDO64で発売された『ゼルダの伝説 時のオカリナ』。すごい面白そうなソフトだったのですが、兄は「これは怖いゲームだからお前には早い」と言って、やらせてくれませんでした。大人になって自分で買い、これは小学生の頃にプレイしたかったと感じましたね」(神奈川・25歳男性)

兄からすると、本当に弟を怖さから守ってあげたかったのかもしれませんよ。

苦労して捕まえたポケモンを交換させられる

「僕がせっかく捕まえ、育てていた伝説のポケモンを、姉が勝手に通信ケーブルをつないで、自分のソフトに入れていました。『サンダー』と『トランセル』の交換とか、ひどい取引ばかりさせられていましたね。今思い出しても頭にきます」(東京・26歳男性)

なんてひどい取引(笑)!苦労して捕まえた愛着のあるポケモンを勝手に奪われたら、大人でも怒りますよね?

対戦はいつも兄の得意なパワプロ

「僕はサッカーが好きで野球に興味がなかったのですが、兄は野球チームに入っており、ゲームで対戦をするときはいつも『パワプロ』でした。野球のルールは難しくて、小さい頃は覚えられず、勝てた記憶がありません……」(兵庫・28歳男性)

大人になった今、サッカーゲームで兄にリベンジしてみては?


このほか、「マリオカートで好きなキャラクターを使わせてもらえなかった」(栃木・26歳男性)「格闘ゲームで、自分が負けそうになるとリセットボタンを押す兄」(神奈川・21歳男性)などの声も。

兄や姉の言い分としては、「年上という理由でのいつも苦労しているのだから、ゲーム中くらいワガママを聞いてほしい!」が考えられますが……。テレビゲーム中の「弟」の理不尽な役目、思い当たるものはありますか?
(長橋諒/ヒャクマンボルト)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
ヒトメボ編集部はインターンを募集中です
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 長橋諒
    1989年生まれ、東京都昭島市出身。アパレル販売員を経て、Webライターの世界に。中島みゆきと中村一義が好き。
  • ヒトメボ編集部
  • タカダハルナ
    学生ライター。地元・青森の情報を、地方新聞・エッセイ・動画などで発信中。「とりあえずビール」が口癖の女子大生です。