あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

顔に絆創膏、派手なトランクス…男子がカッコイイと思っていたこと

2018年02月08日(木)  読了時間:約4分
オールシーズン半袖で寒さ我慢大会…
オールシーズン半袖で寒さ我慢大会…
小学生のとき、ヤンチャな友だちや漫画などの影響で「イケてる!」「カッコイイ!」と思っていた言動がありますよね。なかには、こっそり憧れていたけれど実行できなかったこともあるのでは?ヒトメボ男性読者に小学校時代にカッコイイと思っていたことを聞いてみました。


チュッパチャップスをくわえる

「いつもチュッパチャップスをくわえている友だちがいてイケてるなと思ってた。十代後半になったらみんな一度はタバコに憧れるけど、その前兆だよね」(兵庫/35歳男性)

チュッパチャップスを指にはさんで「フハーッ」なんて。みなさん一度はやったことあるのでは?

顔に絆創膏

「漫画『テニプリ(テニスの王子様)』に菊丸英二っていうトリッキーなショットを打つキャラクターが出てくるんだけど、いつもほっぺに白いテープを貼っててなんか憧れてた。真似して怪我してないのに顔に絆創膏貼って学校に行ったことあります(笑)」(愛媛/25歳男性)

「手塚治虫の漫画『三つ目がとおる』の主人公・写楽がいつも額にある第三の目を絆創膏で隠してるの。絆創膏を外したときに覚醒する設定で、それがかっこよくて真似して額に貼ってた。〝俺は絆創膏をとれば最強になるんだけど、その力を今は隠してるんだ!〟て思い込んで楽しんでました」(東京/46歳男性)

バトルものの少年漫画には、顔に傷があったり絆創膏をしているキャラクターが度々登場しますよね?絆創膏以外にも、『幽☆遊☆白書』の飛影を真似て腕に包帯を巻いていた……なんて人もいるかも。

「お母さん」の「お」を外す

「小さい頃から『お母さん』『お父さん』って呼んでたんだけど、ヤンチャな友達は『母さん』『母ちゃん』って呼んでていいなと思った。俺もそう呼びたかったけどいきなり変えるのもなんか気まずい気がして、未だに〝お〟をつけてます」(山形/33歳男性)

育ちが良いことが逆にコンプレックスだったという人も。みなさんは両親のことを何と呼んでいましたか?

派手なトランクス

「『スパイダーマン』とか『ミッキーマウス』とか、キャラクターものの派手なトランクスを履いてる友だちをカッコイイと思ってた。体育の時間に親が買ってきたブリーフだと恥ずかしくて着替えたくないんだよね。小学校高学年の話です」(石川/22歳男性)

母親が買ってくるのは決まって白いブリーフだった……という人もいるよう。高学年になると、恥ずかしさを覚え始めるかも!?

オールシーズン半袖

「鉄板ですが、オールシーズン半袖で通学したいと思ってた。毎年11月頭くらいまではねばるんだけど、親に『寒いから長袖で行きなさい!』って怒られて断念してました」(三重/27歳男性)

小学生時代に寒さ我慢に挑戦したことがある人は少なくないはず。一体、何を目指していたのでしょうか……。

カフェオレが飲める

「親同士も仲のいい友だちと家族でランチにいったときに、友だちがカフェオレを飲んでてかっこいいなって思った。もらって飲んでみたけどそのときは舌に合わなかったんですよね……でも無理して『おいしい!』って言った」(京都/33歳男性)

タバコではなく〝チュッパチャップス〟、ブラックコーヒーではなく〝カフェオレ〟が、男子小学生にとっての粋なアイテムだったようですね。


派手なトランクスを履きたいのに母親がブリーフを買ってきたり、半袖で通いたいのに衣替えを強制されるなど、親に根負けして憧れを実現できなかった男性もいるよう。小学校時代、みなさんはどのようなことを「カッコイイ!」と思っていましたか?
(ヒトメボ編集部)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
ヒトメボ編集部はインターンを募集中です
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 長橋諒
    1989年生まれ、東京都昭島市出身。アパレル販売員を経て、Webライターの世界に。中島みゆきと中村一義が好き。
  • ヒトメボ編集部
  • タカダハルナ
    学生ライター。地元・青森の情報を、地方新聞・エッセイ・動画などで発信中。「とりあえずビール」が口癖の女子大生です。