あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

中学・高校時代にイケてると思ってやっていた地元限定のトレンドとは!?

2012年09月19日(水)  読了時間:約3分
地元限定のトレンド
今考えると赤面するようなエピソードも多数
 中学・高校時代って、その地域では当たり前でも一歩外に出るとなかなか理解してもらえなかったり、いま振り返ると「何でそんなことをイケてると思ってたんだろ?」って感じたりする、地元限定のトレンドがありましたよね? そこで今回は、各地の地元限定と思しきトレンドについてアンケートをとってみました。

福島
「登下校がジャージの人が多かったので、みんな襟の部分で個性を出そうと必死でした。ファスナーを一番上まで上げて折ってみたり、胸のあたりまで開けて開襟っぽくしてみたり。できる範囲でのオシャレで周りとの差をつけようとがんばってました」(女性30歳)

栃木
「中学時代、自販機のシールをはがして、自転車に貼るのが流行ってました。一番イケてるのは、マルボロなどのタバコ関連のシール。今考えると、まったく意味が分かりませんが、何かの強がりだったんでしょうね…」(男性27歳)

東京
「高校時代は雑誌の『東京ストリートニュース』が大流行して、カリスマ高校生が人気でした。雑誌によく載っているイケメンが通う昭和第一高校や法政高校のバッグを持つのがイケてるステータスでしたね。他校の生徒がそこの卒業生からバッグを譲ってもらったり、売ってもらってる人もよくいました」(男性31歳)

「西の地域限定かもしれませんが、自転車のハンドルを上にグイっと引き上げる、通称『鬼ハン』は真面目な子以外みんなやってましたね。今でも中学生とか高校生がやってるのをよく見ます」(男性26歳)

岐阜
「高校のとき、シャツの第一ボタンを外して、緩めにリボンを結ぶ着こなしがイケてました。ちょっとした不良気取りです(笑)」(女性28歳)

福井
「セーラー服のタイの色が赤、青、白と3色あったんですが、なぜか赤タイだけは中3のイケてるグループの子しかつけてはいけない暗黙のルールがありました。生徒手帳にはそんな校則載ってないんですけどね…赤タイに憧れてました」(女性30歳)

香川
「私の学校では、彼氏がいる人は体育の時間に彼氏の体操服を着るっていう決まりがありました」(女性21歳)

徳島
「学生に大人気の『あわわ』ってタウン誌があるんですけど、それに載るのが憧れでした。当時はみんな買ってたんじゃないですかね?」(女性25歳)

熊本
「中学・高校では自転車に『バックステップ』を付けて、女子と2人乗りするのがイケてましたね。流行りすぎたからか、中2のときには規制がかかったほどでした」(男性33歳)

長崎
「私の母校では、髪を二つに結ぶときに、前髪を入れずに顔の横で垂らすことを『すだれ』と言っていました。この『すだれ』は校則違反だったので、よく先生に注意されてましたね」(女性20歳)

 調べてみると、地方ごとにまったく違うエピソードが盛りだくさん。いま振り返ると「??」 なトレンドも多いですが、当時はみんな「それがイケてる」と信じていたんですね。近くにいる出身地の異なる人と話したら、思わぬエピソードが聞けるかもしれません。ぜひ、会話のネタにしてみてください!
(船山壮太/verb)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • サカイエヒタ
    株式会社ヒャクマンボルト代表。企画、編集、漫画、コラム執筆、給与計算など。日々丁寧に寝坊しています。 電子書籍「かぞくとわたし」KADOKAWAより発売中です。
  • 長橋諒
    1989年生まれ、東京都昭島市出身。アパレル販売員を経て、Webライターの世界に。中島みゆきと中村一義が好き。
  • ヒトメボ編集部