あるあるなるほど恋の悩み/トラブルみんなのこえ恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

ポケベル、ミサンガ…… 平成生まれには通じなさそうな30代の学生時代の思い出

2016年01月11日(月)更新  読了時間:約4分
懐かしい学生時代の思い出話も平成生まれには意味不明!?
懐かしい学生時代の思い出話も平成生まれには意味不明!?
 時が経つのは早いもので、今年も多くの平成生まれが成人に。年の差婚の珍しくない現代、新成人との間で一回り以上年の離れたカップルも誕生することでしょう。実際、大人っぽい20代と若々しい30代では見た目から年齢差は見抜けませんよね。でも、やっぱり内面ではギャップを感じることも? ヒトメボの30代読者に、平成生まれには通じないかもしれない「学生時代の思い出」について聞いてみました。


ポケベル

「休み時間になると、公衆電話に長蛇の列。それで隣のクラスの友達にメッセージを送ったりしている女子がいた。言いに行ったほうが早いのに」(東京・33歳男性)

 懐かしいポケベル……この直後にはピッチことPHSが流行りました。「*2*2」と言っても平成生まれにはなんのことだか分からないでしょうね。

FAXでノートのコピーを送る

「FAXでノートのコピーを送ってもらったりしていた。今なら、写メって送るっていう人もいるでしょうね……」(神奈川・32歳男性)

 板書をiPadで写真を撮るだけで、ペンでは書き写さない、という人も今はいるのだとか。自分の力で書き写したほうが身になるようにも思うのですが、気のせい?

ブルマ

「体育着が小中学校はブルマで、高校のときは短パンでした。短パンと言っても、ブルマと大して変わらない長さ。今考えるとパンツいっちょで校庭を走り回っていたようなものなんですよね。恥ずかしい……」(東京・34歳女性)

 もともとはアメリカの女性解放運動家アメリア・ジェンクス・ブルーマーの活動によって普及したそうですが、慣れ親しんだブルマも今では目にすることはまずありません。

好きな人から学ランの第二ボタンをもらう

「卒業するときに、好きな人から第二ボタンをもらうのが小さな夢だったんですが、今はブレザーの学校のほうが多いから、そういう風習もなくなってきているんですかね」(千葉・31歳女性)

 意中の男の子の第二ボタンは既になかったり、モテモテの男子のボタンは全部なくなったり……甘酸っぱいですね。

ミサンガ

「Jリーグが始まったと同時ぐらいに流行っていた気がする。好きな男の子に作ってあげたり、何本も手首に巻いたりしていたなあ……」(茨城・35歳女性)

 編み方によって模様もいろいろ変えられるのでミサンガ作りに夢中になった人も多いのでは? ミサンガの作り方を紹介する本がたくさん出ていましたよね。

ソックタッチ

「ルーズソックスがずり落ちないように、ソックタッチで止めていた。中にはソックタッチでは威力が弱いとボンドでつけている子もいた」(東京・33歳女性)

 長いなが~いルーズソックス自体も懐かしの代物。今の学生さんたちはソックタッチ、使っていないのでしょうか?

学生鞄を「背負う」

「肩にかけて持つ学生鞄を、リュックみたいに背負うのが流行った時期があったと思います。最近見なくなったけれど、どうして流行ったんだろう」(東京・32歳女性)

 ミニスカートにルーズソックス、胸元には赤いリボンをつけて、金髪か茶髪の巻き髪、そして鞄は背負う。そんな女子高生があふれていた時代、確かにあったと思います。

細眉

「アムラー全盛で、中学校時代から細眉にしている子もいた。女子だけではなくて男子も細眉で、失敗して眉毛がなくなっている子もいた。私は当時、眉毛を抜き過ぎて、今上手く整えられません(泣)」(東京・34歳女性)

 当時は茶髪にアーチ形の細眉、今は黒髪に下がり気味の太眉。時代は変わるものですね。

 30代には「ああ、あった、あった!」と懐かしくなるものばかりですが、平成生まれにはいくつ伝わるでしょうか。異なる世代間で、同世代間で、たまには懐かしい学生時代の思い出話をしてみてはいかがですか?
(ふくだりょうこ+プレスラボ)
初出 2015/1/12
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 篠原絵里佳
    総合病院、腎臓・内科クリニックを経て独立。医療機関での勤務経験と、アンチエイジング医学の活動を通して、体の中から美を作る食を見出す。全国での講演活動、新聞、雑誌、美容サイトの連載、テレビ・ラジオのメディア出演等、その活動は幅広い。また、睡眠改善インストラクターを併せ持ち「睡食健美」を提唱している。人気アプリ「美肌レッスン」を監修。
  • 秋月洋子
    大学卒業後、広告代理店勤務を経て「衣裳らくや」店主・石田節子氏に師事。2003年、フリーとして独立し、CM、広告、雑誌、書籍、TV、映画、商品プロデュースなど、さまざまな場で着物に携わる。著書に『おでかけ着物歳時記』『大人のおでかけゆかたコーディネート帖』など。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 榛村季溶子
  • 鳴沢ことみ
    女性誌の編集者を経てフリーのライターに。 旅行、グルメ、美容、健康、占い等のジャンルで執筆。 趣味は日帰り旅行。神社と温泉、甘いものが好き。 最近、体力づくりのために山登りをはじめた。 実のところ“新たな出会い”に期待しています。