あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

「カマキリ顔」はセンス溢れるオシャレ番長-どうぶつ顔で診断-

2016年03月08日(火)更新  読了時間:約3分
感性に自信アリ!
感性に自信アリ!
 するどい大きな鎌を武器とする獰猛な肉食昆虫、カマキリ。顔の半分以上はあろうかという大きな目にシュッと尖った顎と小さな口……。でもこれって、人間だったらカワイイとされている特徴だったりしますよね。実は、カマキリのような顔は人相学的にとてもセンスがいいとされる相なのだとか。

「カマキリのような顔をした人はすばらしい芸術的感性を持っています。特にファッションの分野で輝く人が多いでしょうし、それ以外の仕事に就いていたとしても『センスがいい人』『オシャレな人』という扱いを受けるでしょう。視野が広く機転が利くので、組織において重宝される人でもあります」と語るのは、人気占い師のマドモアゼル・ミータンさん。

 どうやら強くて怖そうなイメージとは裏腹に、オシャレで洗練されたタイプのよう。今回は、カマキリ顔を人相学的に分析し、その性格と恋愛傾向を探っていきましょう。


こんな人はカマキリ顔かも?


【逆三角形型の輪郭】
芸術に対する興味が強い。長いものには巻かれない主義で、どんな相手にも態度を変えない。自己主張がはっきりしている。

【大きな目】
自分をさらけ出せるタイプ。明るく話し上手で積極的。人から愛されるが、アップダウンが激しく極端な性格でもある。

【目が出ている】
基礎能力が高く、効率よく仕事をこなせるために出世も早い。高い観察眼を持っていて、他人の動きをよく把握している。リーダー向きの性質。

【口が小さい】
周りを和ませる癒し系。気転が利くため、組織に欠かせない存在として重宝される。

【細くて尖った鼻】
芸術性が高い。ファッションセンスにも優れている人が多いため、カリスマファッションリーダーとして輝くことも。


カマキリ顔の特徴


 自己主張が強く好き嫌いがはっきりしている一方、気配り上手でコミュニケーション能力が高いカマキリ顔は、芸能や美容関係、アパレルといった業界にいることが多いのだそう。

「センス溢れるカマキリ顔は『自分の感性が理解されない場所』にいることを好みません。オシャレな人が集う業界、街、友人関係などに居心地の良さを感じます。嬉しい褒め言葉は『センスがいい』『さすが、わかってるね』。逆に着ている服を見て、『それ、いくらだったの?』『どこのブランド?』などと値踏みしたりするのは野暮と感じてしまうようです」(同)

カマキリ顔にぴったりなのは「人懐っこいタイプ」


 うかつなことは口走れない、なかなかに攻略難度が高そうなカマキリ顔。このタイプと合うのはどんな人でしょうか?

「カマキリ顔の人は向上心が強いので、一芸に秀でた人に憧れを感じることが多いです。特に職人肌の人には、尊敬の気持ちがいつしか愛情へ……ということもあるでしょう。ただ、あまり情に流されない性質もあるので、このタイプが恋に落ちるには時間が必要です。好意を持っている相手に告白されても、あれこれ余計なことを考えて断ってしまうこともあります。そういう意味では自分以上に自分を気にかけてくれ、子犬のようにつきまとってストレートに愛情をぶつける人懐っこいタイプがピッタリかもしれませんね」(同)

 オシャレ番長のカマキリ顔にはプライドの拠りどころが別にある分、異性にはそんなに執着しないようです。自分から積極的に恋愛に飛び込んでいくタイプではなさそうですから、愛情表現はちょっとしつこいくらいのほうがいいのかもしれませんね。


(坂野りんこ/サイドランチ)
初出 2015/3/4
識者紹介
マドモアゼル・ミータン
幼少期から占いを始め、モデル業を経た後占い師として独立。人相占いのほか、タロット、西洋占星術、透視・霊視、夢占いなど、さまざまな占術を使いこなす。著書に『幸せをつかむ人相占い入門』(説話社)、『ポケット版 夢占い』(中経出版)他多数。
オフィシャルサイト
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 五味常明
    1949年、長野県生まれ。一橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 医学博士。体臭多汗研究所設立。日本診療外科研究会代表。 流通経済大学スポーツ健康科学部客員教授。
  • 尾崎真
    全国1200店舗を展開するハウスクリーニングのプロ集団「おそうじ本舗」の技術アドバイザー。ハウスクリーニングにおける最新技術の研究・開発を行い、洗剤やハウスクリーニングサービスの最新技術に対する知識では誰にも負けないという自信を持つ。
  • 山内兄人
    早稲田大学人間科学部人間環境科学科教授。専門研究分野は、生物学、神経内分泌学。著書に『性差の人間科学』『脳の人間科学』など。
  • 相川綾香
    いつでも気持ちは10代の乙女ライター。 少女漫画、キュンとくるドラマや映画が大好物。 乙女ゲームシナリオなどを執筆中の1児の母です。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長