あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

しおりを挟む? 開いて伏せておく? 読みかけの本の閉じ方から性格を分析!

2015年10月31日(土)更新  読了時間:約3分
読みかけの本の扱い方で分かる性格
読みかけの本をどう閉じるかで恋愛傾向まで読み取れてしまう!
 読書を中断するとき、読みかけの本をどうしていますか? しおりを挟む、本を伏せて置いておく、そのまま閉じてしまう…。考えてみると、色々なタイプに分かれますよね。そこで今回は、恋愛・結婚コンサルタントの橘つぐみさんに「読みかけの本の閉じ方」からそれぞれの性格を分析していただきました!

「読みかけの本をどう扱うかによって、本の傷み具合は変わってきます。そのため、本を読むのをやめるときの対処法からその人の性格や恋愛傾向が見えてくるんですよ」(橘さん・以下同)

本に付いているヒモを挟む

「最も本が傷まないこの方法を選ぶ人は、自分のモノを大切に扱う繊細な性格。人の評価を気にする打たれ弱い面もあります。基本的には真面目なので、恋愛でも記念日などを大切にしてくれる一途なタイプですが、粘着質で過去のイヤなことをずっと覚えていたりもするので、敵に回すと怖い相手かも」


しおりを挟む

「読みかけのページを覚えておくために、しおりという『道具』を使うこのタイプは、慎重で几帳面な性格の人が多いと言えます。自分に自信が持てない一面もありますが、だからこそ自分のことを客観的に見る冷静な判断力を持っています。高望みをしたり、自分を過大評価するようなことはありません。恋人に無理な要求をすることも少ないので、お互いの趣味や意見を尊重しあえる良い関係が築けるでしょう」


カバーを挟む

「しおりではなくアリもので済ませようとする人は、効率優先で無駄を嫌う性格。時間に厳しくせっかちなタイプですが、その分頭の回転が早くその場の判断で臨機応変に行動できる人が多いと言えます。サービス精神旺盛でサプライズ的な演出も得意ですが、飽きっぽい面も。このタイプにアプローチするなら、会う回数を相手が望むよりちょっと少なめにしたり、たまにイメチェンをしたりと刺激を与えると、気になる存在になれるかも」


本を開いて伏せておく

「本が傷むことをあまり気にしないこのタイプは、悩みが少ない大らかな性格。デリカシーには欠けますが、物事を広い視野で見ることができるので、相談を持ちかけると芯を突いたアドバイスをしてくれることも。細かいことは気にしないサッパリした性格なので、恋人関係になっても、気を張らずにラクなお付き合いができるでしょう」


何も挟まずに閉じる

「どこまで本を読んだかが分からなくても平気な人は、楽天的で場当たり的な性格。計画性に欠ける部分はありますが、アドリブに強く急な出来事にも適切に対処できる人が多いですね。また、裏表がなく人見知りをしない社交的な一面も。ストレートな感情表現を好むので、恋愛面でも積極的なアプローチが効果的です」


 こんな日常のふとした行動にも性格が表れるんですね。周りの人が読みかけの本をどう扱っているか観察してみるのも楽しいかも!
(岡本温子/short cut)
初出 2013/3/5
■性格診断
「本の扱い方」で分かる恋愛傾向
診断する
識者紹介
橘つぐみ
年間200件以上の恋愛コンサルティングを行う。著書に「最終彼氏の見つけ方」「5秒で彼診断 恋のリトマス試験紙(共著)」など。
オフィシャルサイト
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。