あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

仕事人間の「カエル顔」は、家でギャップ萌えが楽しめるツンデレタイプ -どうぶつ顔で診断-

2016年03月21日(月)更新  読了時間:約4分
こう見えて結構ツンデレなんです
こう見えて結構ツンデレなんです
 ゲコゲコというおなじみの鳴き声。水の中と陸の上の両方で暮らせたり、オタマジャクシから似ても似つかない姿に変化したりと、カエルってとてもユニークな存在ですよね。そんなカエルのような顔をした人もまた、人相学的に見て、周りに与える印象と実像とが大きく異なるユニークな人が多いそうです。

「カエル顔は、地に足のついた努力家。かなりのキャリア志向で、ぱっと見は自信たっぷりに見える人が多いでしょう。でも、それは巧妙に演出したかりそめの姿、という場合も。外から見える自分の姿をものすごく気にしてしまう人なので、本来の自分より“盛って”見せる傾向があるのがこのタイプの特徴です」と語るのは、人気占い師のマドモアゼル・ミータンさん。カエル顔は付き合ってみるとギャップ萌えが楽しめるのだとか。今回は、カエル顔を人相学的に分析し、その性格と恋愛傾向を探っていきましょう。


こんな人はカエル顔かも?


【下膨れ型の輪郭】
忍耐強く、勤勉なタイプ。コツコツと目標に邁進する、地に足のついた人。常識人で努力家。他人を許容できる器の広さを持つが、自己主張が強い一面も。

【口が大きい】
生まれつき運がいいとされる吉相。皆をまとめるリーダー気質。他人への影響力が大きい。

【への字口】
男女ともにキャリア志向。仕事運が良いため、社会的成功をおさめる人が多い。実は自分の好感度にかなり敏感。

【目が大きい】
何事にも積極的。やると決めたら真っ先に行動するバイタリティあふれる人。基本的に平和主義で、愛情に溢れた人が多い。

【目が出ている】
洞察力に優れていて、人を見る目がある。気配り上手なので、他人を管理したりケアしたりするポジション向き。

【目が離れている】
楽しさを追求する人。派手に目立つことはないが、周囲をまとめる力がある。友人にも恵まれている。

【はっきりとした涙袋】
男女ともにモテる。いい出会いや、子宝に恵まれる。

【鼻が低い】
粘り強く努力する働き者。可愛らしい性格の人が多い。


カエル顔の特徴

 カエル顔は忍耐強くて気配り上手。行動力があって、他人に及ぼす影響力も強い「頼れる人」なんだそう。

「カエル顔にはリーダーシップを取って仲間たちを引っ張ることができる人が多いでしょう。女性の場合、キャリアウーマンに多いタイプです。基本的に気が強く、『ひとりで生きていける』とうそぶくことも。しかし、それが単なる強がりである場合も多く、本来持っている甘えん坊な部分や寂しがり屋な部分は極力見せない意地っ張りなところもあります」(同)

カエル顔にぴったりなのは、メリハリのある関係に理解がある人

 なかなか本心を見せないとなると、恋愛で相手を振り回してしまうことも多そうですが…。

「ついつい仕事を優先してしまうカエル顔の人は、あまり構わなくてもスネない相手がオススメです。『週末婚でも構わない』と言い放てるくらい、パートナーの考え方に理解を示してくれる相手が良いでしょう。ここで終わると単なる『つまらない人』『情の薄い人』という印象ですが、そこはやはりツンデレのカエル顔。ふたりっきりになると急にベタベタと甘えてくるので、そのギャップに驚くはず。一緒にいる時間は、とても楽しいものになるでしょう」(同)

 ひとりでも生きていけそうに振舞うカエル顔ですが、そのツンデレな性格を大きく包んでくれる懐の深い人がぴったりなんですね。ふたりの甘~いひとときを過ごしてから、それぞれの時間を有意義に使う。案外、恋人や夫婦関係の理想的なパートナーといえるのかもしれません。


(坂野りんこ/サイドランチ)
初出 2015/3/25
識者紹介
マドモアゼル・ミータン
幼少期から占いを始め、モデル業を経た後占い師として独立。人相占いのほか、タロット、西洋占星術、透視・霊視、夢占いなど、さまざまな占術を使いこなす。著書に『幸せをつかむ人相占い入門』(説話社)、『ポケット版 夢占い』(中経出版)他多数。
オフィシャルサイト
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。