あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
占い/診断生活/暮らしトレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

ゲイ男性のモテのトレンド。「イカホモ」と「エビちゃんOL」の類似点とは?

2013年03月16日(土)  読了時間:約3分
短髪・ヒゲのガチムチな男性
短髪・ヒゲのガチムチってこんな感じ…?
 今やテレビのバラエティ番組やコメンテーターに欠かせない、おネェタレントたち。こうしたメディアの影響から、ゲイ=女性的な見た目や話し方という印象をお持ちの人も多いのでは?

ところが、ゲイの聖地・新宿2丁目を歩いていると、ラガーマンのようなたくましい外見の男性がそこかしこに。いわゆる「ガチムチ」と呼ばれる彼ら。そもそも「ガチムチ」とはどういう意味? 芸能誌などで活躍するゲイライターのアボンヌ安田さんに伺いました。

「その名の通り、ガッチリムチムチした体型をしているホモのことです。筋肉質ではあるんだけど、脂肪もそこそこ乗っかっちゃってる状態…と言えばわかっていただけるかしら。たまに脂肪の乗り具合がそこそこどころじゃない方も『ガチムチ』を名乗っていたりするけど、そういう場合は『いや、デブでしょ』というツッコミ待ちか、もしくは本当に『自分はデブではなくガチムチである』という自意識を持っているかのどちらかです」(アボンヌ安田さん)

 彼らは体型だけでなく、ファッションの傾向も似ている気が…?

「ガチムチホモの外見的特徴として、短髪・ヒゲ・キャップ(帽子)など、見る者に男らしいという印象を与える『記号』を身につけていることが多く、これらの記号を取り揃えている方のことをイカにもホモ、略して『イカホモ』と称したりもします。

そして、このイカホモは、いわゆる女性誌でいうところの『モテ系』。ひと昔前の『エビちゃんOL』みたいなものね。まるでクローンのように、大量に増殖しているところもそっくり。ちなみにエビちゃんOLの御用達ブランドはプライベートレーベルやレッセパッセだったけど、イカホモの方々はアバクロンビー&フィッチやトミーヒルフィガーなど、いかにもマッチョが着てそうな海外のカジュアルブランドを好む傾向にあります」(同)

 ガチムチホモの人って見た目はマッチョで男っぽいけど、やっぱりおネェ言葉を使ったり、心は女性的なのでしょうか?

「ガチムチに限らず、総じてゲイは女性的な感性を持ち合わせているもの。というか、ノンケ(異性愛者)の男性にだって女性的な部分はあるはずだから、『ゲイはノンケよりも女性的な感性が強め』くらいに認識しておいてください。強さの度合いは見た目に関係なく、人によります。見た目はガチムチホモでも内面が乙女な方もいれば、夜な夜な女装していても内面がすごく男っぽい方もいらっしゃるのよ」(同)

 そうなんですね。テレビなどから受ける影響や印象で、先入観を持ってはいけませんね。

 ノンケとはちょっと異なる恋愛観を持つゲイの世界。しかし、アボンヌ安田さんの「ガチムチイカホモ」&「エビちゃんOL」の例えに倣うと、モテの定義や要素はノンケもゲイもそう大差ないのかもしれません。
(坂井あやの/verb)
識者紹介
アボンヌ安田
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
  • 根本裕幸
    カウンセラーとして各地で活躍。 近著は「こじれたココロのほぐし方」(リベラル社)
  • 大場俊彦
    耳鼻咽喉科のクリニックとして、口臭外来を開設。咽喉頭の腫瘍や、鼻の病気まで含めて口臭の対策を行っている。口臭対策の専門家として、数々のメディアで取材を受ける。
  • 石原壮一郎
    大人モノの元祖&本家として、日本の大人シーンを牽引。ウエブ、雑誌、新聞、テレビ、ラジオなど幅広い分野で活躍中。代表作でもある著書『大人力検定』『大人の女力検定』は、ニンテンドーDSのゲームソフトにもなるなど話題を呼び、大人ブームを巻き起こした。『大人の合コン 力検定』『30女という病』『夫婦力検定』『大人の超ネットマナー講座』(ダイヤモンド社)など著書多数。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 内藤香苗
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。