あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

男子の意見は真っ二つ! 女子のぱっつん前髪についてどう思う?

2013年06月09日(日)  読了時間:約3分
女子のぱっつん前髪
「かわいく見せたい」は全ての女の子の願いなのです。
 女子なら誰もが一度はしたり、憧れたりしたことがあるぱっつん前髪。年齢とともに抵抗感がでたり、イメージチェンジや若返りのためにあえて挑んだりと、色々な人がいるとは思います。しかし、実際のところ男子からはどのように見られているのでしょうか? ヒトメボ読者にアンケートを実施しました。(回答者:男性28名)

Q.女子のぱっつん前髪についてどう思いますか?

・とても好き…5人
・どちらかといえば好き…5人
・何とも思わない…9人
・どちらかといえば嫌い…3人
・とても嫌い…6人

 「何とも思わない」が9人でトップですが、好きか嫌いかに分けると、好き10人、嫌い9人と意見が見事に真っ二つですね。

 では、それぞれ回答者の意見を聞いてみましょう。


好き


「幼く見えてかわいらしい」(東京・24歳男性)

「若く見える」(埼玉・33歳男性)

「個性を出していて良いと思う。話のネタにもなる」(神奈川・21歳男性)

「ぱっつん前髪の女子はファッションとのバランスがうまくとれている人が多いと思う」(千葉・26歳男性)

 かわいい系の女子が好きな人には、ぱっつん前髪も好評のようですね。確かに、前髪を下ろすと若く見えますし、見事に切りそろえられていたり、短めだったりすると個性も際立ちます。髪型とファッションのバランスも大事ですよね。

嫌い


「もっと自然に流せばいいのに、わざわざキッチリ揃える理由がわからない。前髪が厚すぎるのも嫌。かわいい自分を演出している感が出ている」(埼玉・20歳男性)

「眉が見えない位置のぱっつんは、表情が読めないので好きではない」(茨城・21歳男性)

「子供じみて見える。大人の女性がその髪型をしていると、何かしら心に歪みや影があるように思ってしまう」(東京・31歳男性)

「ただでさえ西洋人と比べて見た目が幼いのだから、成人した女性がやらなくてもいいと思う」(東京・34歳男性)

 前髪は切り方やセットの仕方によって顔の印象に影響を与えますが、整えられたぱっつん前髪からは、何かしらの作意や暗さを感じる人もいるようですね。また、大人の女性らしさを求める人には、子供っぽい髪型と考えられているようです。

 ちなみに、「何とも思わない」と回答した人には、「似合っていれば良い」という声が多くありました。


 男子の意見は、ぱっつん前髪を「かわいい」「個性的」と見るか「子供っぽい」「作為的」と感じるかで好き嫌いが分かれたように思います。好きな男性の好みに合わせるのもいいですが、自分のしたい髪型を楽しむのが一番ですよね。
(鳴沢ことみ/コンセプト21)
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • YUMI
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長