あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

部活のポジションで分かる男性の恋愛傾向 ~野球部編~

2013年07月25日(木)  読了時間:約4分
ピッチャーや4番バッターには、いったいどんな恋愛傾向が?
ピッチャーや4番バッターには、いったいどんな恋愛傾向が?
 学生時代、多くの人が打ち込んでいたものといえば部活。青春のすべてをかけていた人も中にはいるはずで、この部活での自分の「ポジション」や「役割」が、恋愛傾向にも影響を与えている可能性はありそうです。そこで、部活のポジションや打順などの役割から考えられる男性の恋愛傾向を、恋愛・結婚コンサルタントの橘つぐみさんに伺いました。今回は野球部編です。


ピッチャー


「1人でゲームを作る冷静さと、負けず嫌いな強い気持ちが必要なピッチャー。このような性格の持ち主の場合、恋愛において、自分の感情をあらわにすることは少ない傾向にあります。女性からすると『私のこと好きなのかな?』と不安になることも多いでしょう。相手に好意があるかの判断は、『自分の細かな言動を覚えているか』でチェックしてみてください。また、男性を立てる意識で接することも大切です」(橘さん)

 相手は負けず嫌いの性格だからこそ、うまく立てて心地良い関係を作ることが大切なんですね。


キャッチャー


「常に全体を見ているキャッチャーに必要なのは強い責任感。そのような男性は、しっかりとした恋愛観、場合によっては重い考え方の持ち主であることが多いです。軽々しく手を出すことはありませんし、進展も遅いかもしれませんが、それだけマジメともいえるでしょう。このタイプの男性は、当然ながらしっかりとした性格の女性が好きですので、自分の誠実さをうまくアピールすることが、攻略のポイントとなります」(同)

 マジメなキャッチャー出身男性には、結婚相手に最適な人が多いかもしれません。だからこそ、こちらも「しっかりとした女性」に見られるようなふるまいを。


4番バッター


「ランナーを返し、勝負を決める4番バッターに必要なのは勝負強さ。そのような、『ここ一番』で力を発揮できる人は、恋愛において、あまり『細かいことを気にしない』ケースが多いんですね。たとえば同じグループ内で彼女を変えたり、浮気してしまったり。もちろん女性はそのような行為をしないよう注視すべきですが、かといって、あまり細かくチェックすると相手は苦痛。女性は男性以上にドシッと構えることが大切です」(同)

 あくまで1つの傾向ですので、すべての人に当てはまるわけではありませんが、4番バッターはモテるイメージもありますから、女性からするとなかなかの「強敵」なのかもしれません。


2番バッター


「2番バッターは、その前の1番バッターの結果で臨機応変な対応が必要。これを恋愛に当てはめると、女性に合わせて、押したり引いたりできる男性だと考えることができます。見方を変えれば、女性を立てたり、あるいは引っ張ったりするので、非常に頼りになる存在かもしれません。たとえ初めて会った際にピンと来なくても、このような男性は何回か会ってみた方が良いでしょう。イメージがグングンよくなる可能性があります」(同)

 野球では地味なイメージの2番バッターですが、恋愛では会えば会うほど魅力的に見えてくるケースも。いつの間にか、あなたの4番バッターになっているかもしれませんね、なんて。


控え選手


「ずっと控え選手のまま学生時代を過ごした男性は、2タイプに分けられると思います。1つは『マジメに取り組んでいなかった』タイプで、もう1つは『頑張ったけれどレギュラーに届かなかった』人。いずれにせよ、このような男性の中には、若干消極的な性格の持ち主が多いかもしれません。その場合は、女性が男性を引っ張ることが大切でしょう。アプローチをこちらからするのも有効。そのような中で相手がリードしてくれる機会をじっくり待ちましょう」(同)

 こちらについても、じっくりとアプローチするのがポイント。序盤のリードを女性が行って、徐々に男性が引っ張る展開になれば成功ということですね。


 橘さんいわく、「野球部の中には恋愛禁止のところもあります。そのような高校出身で、まだ20代前半の男性の中には、恋愛に奥手な人も多いです」とのこと。これはポジションに限らない話ですが、野球部出身の男性と出会った場合には、こちらについても聞いておきましょう。
(有井太郎+プレスラボ)
識者紹介
橘つぐみ
年間200件以上の恋愛コンサルティングを行う。著書に「最終彼氏の見つけ方」「5秒で彼診断 恋のリトマス試験紙(共著)」など。
オフィシャルサイト
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
  • 五味常明
    1949年、長野県生まれ。一橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 医学博士。体臭多汗研究所設立。日本診療外科研究会代表。 流通経済大学スポーツ健康科学部客員教授。
  • 尾崎真
    全国1200店舗を展開するハウスクリーニングのプロ集団「おそうじ本舗」の技術アドバイザー。ハウスクリーニングにおける最新技術の研究・開発を行い、洗剤やハウスクリーニングサービスの最新技術に対する知識では誰にも負けないという自信を持つ。
  • 山内兄人
    早稲田大学人間科学部人間環境科学科教授。専門研究分野は、生物学、神経内分泌学。著書に『性差の人間科学』『脳の人間科学』など。
  • 相川綾香
    いつでも気持ちは10代の乙女ライター。 少女漫画、キュンとくるドラマや映画が大好物。 乙女ゲームシナリオなどを執筆中の1児の母です。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長