あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

バイタリティ溢れる「はんにゃ顔」は誤解から敵を作りやすいタイプ -どうぶつ顔診断-

2016年05月28日(土)更新  読了時間:約3分
見た目どおりの激しい性格です
見た目どおりの激しい性格です
 「はんにゃ」といえば、嫉妬や憤怒、苦悩の情を表した能面のこと。眉根を寄せ、ツノとキバの生えた鬼女の姿にはちょっぴり怖いイメージがありますよね。そんな「はんにゃ」のような顔をした人は、人相学的に見てもそのまま、思い込みが強くて周囲を巻き込むほどの猛烈な恋愛をする相なんだとか。

「はんにゃ顔の人は、空気を読むことなく突っ走るタイプ。一見常識はずれとも取れるような言動や行動で、他人をびっくりさせるバイタリティ溢れる人です」と語るのは、人気占い師のマドモアゼル・ミータンさん。その昔、初めて「はんにゃ」のお面を作った人は、こんな人をモデルにしたのかもしれませんね。今回は、はんにゃ顔を人相学的に分析し、その性格と恋愛傾向を探っていきましょう。

こんな人ははんにゃ顔かも?


【三白眼】
バイタリティに溢れる。非常に強運だが、冷酷で情に薄い一面も。

【一重まぶた】
頑張りやで粘り強い。洞察力が高い。

【切れ長のつり目】
誠実で、人に尽くすのが苦にならないタイプ。弱みを見せるのが苦手。

【鷲鼻】
博愛主義者。慈愛の人。

【高い鼻】
自分に自信がある。理想が高い。

【口が大きい】
エネルギーがあり、人を寄せつける不思議な魅力がある。

【口角が上がっている】
前向きなムードメーカー、楽しいことが大好きなポジティブ志向。

【しゃくれ顎】
バイタリティに溢れ、天性の才能に恵まれる。若いうちから実力を認められ、その道のプロとなる。ただし、孤独になりがちな一匹狼タイプ。

【頬骨が出ている】
強い意志を持つ。人前に出るのが好きで、世話焼き。だが人の噂話も好き。

【ベース型の輪郭】
タフで頑張り屋。たくましく男性的なタイプ。人一倍高いプライドを持つ。

【富士額】
愛情豊かで、人に尽くすタイプ。癒し系。

【まっすぐで薄い眉】
天才肌。独立心が強く、個人でも組織でも他者から一目置かれる存在になる。情熱的で、ドラマチックな恋愛を好む。

【そのほかの特徴】
色白

はんにゃ顔の特徴

 はんにゃ顔は行動力や集中力に恵まれ、仕事の面では得をすることが多いそう。一方で、空気が読めなかったりと人間関係でつまずくこともあるんだとか。

「ビジネスでもプライベートでも、一目置かれ尊敬される人です。ただし感情的で極端な行動を取ることもあるため、誤解されたり敵を作りやすいタイプでもあります。行動力があるため誰とでも友人になれるのですが、本質的には一人でいることが好きな人です」(同)


はんにゃ顔は嫉妬で鬼になる

 とても優秀で快活なのにどこか不器用で息苦しそう…。職場にひとりはいますよね。はんにゃ顔はどんなタイプと恋愛するとうまくいくのでしょう?

「一番気をつけたいのが、はんにゃ顔はとても嫉妬深いこと。ですので、異性の友人が多いタイプはNGです。一途に追いかけてくれる相手と付き合うのがベスト。ちょっとでも異性の匂いを嗅ぎとると、強烈に束縛したりSNSの利用を制限するよう要求したり、日に何十回も連絡しないと気がすまなかったりと、ガチガチに縛り付ける傾向にあります。ですので、束縛イコール愛されてると思い込めるポジティブな人や、同じく束縛好きのタイプだと二人の世界が作れるのでうまくいくでしょう」(同)

 気になる相手がはんにゃ顔だったときは、絶対に嫉妬心を煽らないことがうまくいくポイントのよう。浮気がバレてしまったら……そのときは、諦めましょう。


(坂野りんこ/サイドランチ)
初出 2015/5/28
識者紹介
マドモアゼル・ミータン
幼少期から占いを始め、モデル業を経た後占い師として独立。人相占いのほか、タロット、西洋占星術、透視・霊視、夢占いなど、さまざまな占術を使いこなす。著書に『幸せをつかむ人相占い入門』(説話社)、『ポケット版 夢占い』(中経出版)他多数。
オフィシャルサイト
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 五味常明
    1949年、長野県生まれ。一橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。 昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。 医学博士。体臭多汗研究所設立。日本診療外科研究会代表。 流通経済大学スポーツ健康科学部客員教授。
  • 尾崎真
    全国1200店舗を展開するハウスクリーニングのプロ集団「おそうじ本舗」の技術アドバイザー。ハウスクリーニングにおける最新技術の研究・開発を行い、洗剤やハウスクリーニングサービスの最新技術に対する知識では誰にも負けないという自信を持つ。
  • 山内兄人
    早稲田大学人間科学部人間環境科学科教授。専門研究分野は、生物学、神経内分泌学。著書に『性差の人間科学』『脳の人間科学』など。
  • 相川綾香
    いつでも気持ちは10代の乙女ライター。 少女漫画、キュンとくるドラマや映画が大好物。 乙女ゲームシナリオなどを執筆中の1児の母です。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長