あるあるなるほど恋の悩み/トラブルみんなのこえ恋愛テク
占い/診断トレンド/カルチャー生活/暮らし女の本音/心理その他のカテゴリ→

長文、質問攻め、オチナシ…返信の価値なし「ダメール」にありがちな内容とは?

2011年10月03日(月)  読了時間:約4分
返信の価値なし「ダメール」にありがちな内容
待っても待っても、あの人からの返事はナシ…。
 今や恋愛に欠かせないツールといえば、「メール」ですよね。気になるあの人からの返信を待つ時間は、ドキドキと期待でいっぱい♪ …な、ハズなのに! どういう訳だか「いつも自分の方がメールを送ったきり、相手からの返信がこない…」とお悩みの人もいるのでは(涙)。いったい、メールが続かない原因はどこにあるのでしょうか?

「いつもメールのやりとりが自分で終わってしまう人は、たいていが“自己完結型”の返信する価値のないメールを送っているんです! 内容もオチもないのにやたら長文になるのも、メールが続かない大きな原因。相手とのラリーを一往復で終わらせないためには、“思わず返信したくなるようなメール”を送らないとダメですよ! 」

と、メール未熟者をバッサリ斬ってくれたのは、「メールの女王」などの著者で恋愛コラムニストの春乃れぃさん。それにしても、返信する価値のないメールって…。すっかり自信喪失ぎみなのは筆者だけではないと思いますが、具体的にはどんなところがダメポイントなのか、文例を見ていきましょう!

【ケース1:気になる彼とデートに行った翌朝のメール】

――――――――――――――――

昨日はありがとう☆
なんかとっても楽しかった~♪
○○くん今日もバイト頑張ってね!

――――――――――――――――

「こういうメールをもらって男性も悪い気はしないのですが、『うん、頑張るよ』と律儀に返信する気にはなれないもの。女子のいわゆる“ダメール”に多いのは、こうした自分の感情を自己完結しただけの単なる報告メールです。楽しかったことを伝えるなら、例えば『○○くんの△△の話、すっごく笑えて面白かった! 』などと、具体的に何がどう楽しかったのか伝えるべきです」(春乃さん)

【ケース2:一人暮らしを始めたばかりで、最近元気のない彼を励ますメール】

―――――――――――――――

一人暮らしって大変だよね~。
分かる分かる。私も大学入って
いきなり都内に出てきたからさ。
バイトで夜遅くなってから洗濯
機まわしたりもしてた! 家に帰
って誰もいない寂しさも、すご
い分かるよぉ! ところでさ…

―――――――――――――――

「このような前置きが長すぎるパターンも、ダメールです! 一体何スクロールすればいいの!? というくらいの長文メールは、相手を疲れさせます。また、『分かる分かる』と過剰に同調するのもNG。一見相談に乗っているようですが、結局いつのまにか話題が自分のことにすり替わっているんですよね。こういう人には、もう相談したくないと思われてしまいます」(同)

【ケース3:アドレスを交換した合コン相手と何通かやりとりしている時のメール】

――――――――――――――――――

○○くん男子校出身だって言ってたよね。
何か部活とか入ってたの? 私は吹奏楽
をずっとやってたよ♪

休みの日はどんなことしてるのー? 今
度よかったら一緒に映画とか行かない?
邦画と洋画だったらどっちがいい?

そういえば○○くんって何人兄弟だっけ?

――――――――――――――――――

「こんな『? 』マークだらけの質問攻めメールは言語道断です。しかも、1通の中にそれぞれ別の話題が何ブロックもありますよね。メールのラリーを続けたいなら、1通に入れる内容は1つだけにするのが鉄則。短文のメールの方が、ずっとテンポよく会話が続きます。返信が欲しいからとむやみに『? 』を乱用するのは、男女ともにNGですよ」(同)

 良かれと思って送ったはずのメールも、冷静に見つめてみると、“返信する価値なし”のメールだという理由がよく分かります…(後悔)。では、“思わず返信したくなっちゃう”メールって、どんなメールなの!? その実践テクは…続編で!
(池田香織/verb)
識者紹介
春乃れぃ
ケータイ書籍『恋愛博打』でデビュー以来、数々の恋愛系著書や雑誌コラムで人気を集めるカリスマ作家。おもな著書に『モテれ。』、ケータイ書籍『超☆セックスレス』、『また、男に騙されたのか』など。個性豊かな連載陣の面白くて役に立つエッセイやコラムが読める「大人モテLAB.」を主宰。
オフィシャルサイト
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 正木裕美
    愛知県出身、愛知県弁護士会所属。 男女トラブルをはじめ、ストーカー被害や薬物問題、ネット犯罪などの刑事事件、労働トラブルなどを得意分野として多く扱う。 身内の医療過誤から弁護士の道へと進む。2012年には衆議院選挙に愛知7区より日本未来の党の公認候補として出馬し、「衆院選候補者ナンバーワン美女」とインターネットや夕刊紙で大きな話題を呼んだ。
  • 岩沙好幸
    弁護士(東京弁護士会所属)。慶應義塾大学経済学部卒業、首都大学東京法科大学院修了。弁護士法人アディーレ法律事務所。 パワハラ・不当解雇・残業代未払いなどのいわゆる「労働問題」を主に扱う。 動物好きでフクロウを飼育中。 近著に『ブラック企業に倍返しだ! 弁護士が教える正しい闘い方』(ファミマドットコム)。 『弁護士 岩沙好幸の白黒つける労働ブログ』も更新中。
  • 島田さくら
    大阪大学大学院高等司法研究科卒業。司法修習第65期。東京弁護士会所属。 元カレからのDVや、妊娠が発覚した翌日にカレから別れを告げられるなど、過去のオトコ運の無さからくる、波乱万丈な人生経験をもとに、悩める女性の強い味方として男女トラブル、債務整理、労働問題などの身近な法律問題を得意分野として扱う。 また、離婚等の豊富な知識を有する夫婦カウンセラー(JADP認定)、2級知的財産管理技能士の資格も有する。 家庭では1児の母として子育てに奮闘している、シングルマザー弁護士。
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。
  • 魚青子
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。