あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

「?」終わりはもう古い!? “メールの女王”直伝、好きな人が思わずレスしたくなるメールの裏ワザ

2011年10月05日(水)  読了時間:約4分
言いたいことは最後に。
一番言いたいことは、最後の一言に入れるのが◎
 好きな人とのメールが、なぜかいつも続かない…とお悩みの人のために、メールのダメポイントを検証した前回。ざっとおさらいすると、内容のない“自己完結型メール”や“前置き長文メール”、“質問攻めの「? 」マーク乱用メール”などが典型的なダメールの例でしたね。では、ダメな要因が分かったところで、今回は“思わず返信したくなっちゃう”メールの実践テクを学んでいきましょう!

 教えてくれるのはもちろん、「メールの女王」などの著者で恋愛コラムニストの春乃れぃさん。春乃さん流・相手が返信したくなるようなメールの作法とは…?

【メールテク:1相手のメールを真似すべし】

「メールも会話と同じで、相手のテンションに合わせることがとても重要です。絵文字やデコメに凝って華やかなメールを送る人も多いと思いますが、相手によっては『ウザい』と思われてしまうことも。どんな文面にするか難しいと感じるのなら、相手のメール本文を真似して文面を作るのが正解です。絵文字の量、行数、文体などを相手と同じにすれば、自然とテンポのいいメールのやりとりができるようになります」(春乃さん)


【メールテク2:本当に言いたいことは、P.Sに入れるべし】

「一番伝えたいことや気の利いたひと言は、最後の一文に入れるのがコツ。ビジネスメールでも、最後の最後にクスッと笑えるような余談が入っていたりするだけで好印象ですし、ついその内容に反応したくなりますよね。本文とP.Sをうまく使い分け、相手が食いつきそうな内容は最後に入れるようにしましょう」(同)


【メールテク3:人間の記憶に最も残るのは、14~21文字】

「改行なしのダラダラとした長文はとても読みにくく、相手に対する心遣いが欠けています。理想は“人間の記憶に最も残る”とされている14~21文字で、改行を入れるのが◎。すっきりとして読みやすく、印象に残りやすいメールになります」(同)


【メールテク4:質問するなら“褒め言葉”とセットにすべし】

「返信をもらおうと文末を『? 』にするのは、もう古いです。どうせ『? 』マークを使うなら、褒め言葉とセットにした方がいいですね。例えば『○○君って何人兄弟? 』と聞くよりも、『○○君って長男でしょ!? だっていつもみんなに頼られてるもん! 』と、一度わざと決めつけた質問をして、さりげなく褒め言葉をプラスします。これなら相手も反応しやすいし、嫌な気持ちはしないはず」(同)


【メールテク5:「返信不要」で返信率が上がる】

「女子にありがちなのが、嬉しいことがあったりテンションが上がった時に一方的に送ってしまうメール。こうしたメールには返信を期待しないのが一番ですが、ひと言『返信不要だよ』と加えておくと、逆に返信が来るということが多々あります。私がよくやるのは、『忙しいと思うから返信不要だよ◎ お仕事がんばってね』という感じ。相手にプレッシャーを与えない方が、返信が来やすいということも、頭に入れておきましょう」(同)


【メールテク6「もう寝てもいいよ」は可愛げがない】

「相手を気遣ってなのか、『疲れてるならもう寝てもいいよ』などと送る人もいますが、これは可愛げがないのでやめましょう。特に、メールが苦手な20~30代の草食系男子にこれを送った場合、『本当はもっとメールしたいんだけど』という一文がないと、あなたの本当の気持ちには気付いてもらえません」(同)


 今までメールが続かなかった人には、ぜひとも実践してほしいメールテクがずらり。春乃さんいわく、「容姿の善し悪しに関係なく、気の利いたメールができる人はモテます。人は、メールだけで惚れさせることだって出来るんですよ」とのこと。希望のもてるこの言葉を胸に、今後もメールテクニックを磨いていきましょう!
(池田香織/verb)
識者紹介
春乃れぃ
ケータイ書籍『恋愛博打』でデビュー以来、数々の恋愛系著書や雑誌コラムで人気を集めるカリスマ作家。おもな著書に『モテれ。』、ケータイ書籍『超☆セックスレス』、『また、男に騙されたのか』など。個性豊かな連載陣の面白くて役に立つエッセイやコラムが読める「大人モテLAB.」を主宰。
オフィシャルサイト
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
  • 尾崎真
    全国1200店舗を展開するハウスクリーニングのプロ集団「おそうじ本舗」の技術アドバイザー。ハウスクリーニングにおける最新技術の研究・開発を行い、洗剤やハウスクリーニングサービスの最新技術に対する知識では誰にも負けないという自信を持つ。
  • 山内兄人
    早稲田大学人間科学部人間環境科学科教授。専門研究分野は、生物学、神経内分泌学。著書に『性差の人間科学』『脳の人間科学』など。
  • 恋愛カウンセラー・イサキ
    一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)認定、上級心理カウンセラー。 クライアント数は7000名を超え、さまざまな媒体で恋愛アドバイスを行い多くの人の恋の悩みを解決している。