あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

元彼からのプレゼント、捨てる派or取っておく派? いい恋愛をできるのはどっちのタイプ!?

2015年06月18日(木)更新  読了時間:約3分
大切な思い出の品を捨てる
大切な思い出の品、思い切って捨てることも必要?
 部屋から元カノとの思い出の品が出てきた。当時の思い出に浸っていると、今の彼女がそれを見て激怒!! 「私は元カレの思い出は全部は捨てた」と彼女は言うけれど、男はなんとなく捨てられずに取っておくタイプが多いような気が…。過去の恋人からのプレゼントを捨てる人・捨てない人の違いは何? はたまた、そのタイプによって新しい恋にも影響が現れるのでしょうか?? 『モテの真実』の著者で心理コーディネーターの織田隼人さんに伺ってみました!

「取っておく派は、博愛主義者の人です。現在の恋人が一番好きだけど、過去の恋人との恋愛も良い思い出だったと考える人が多いですね。捨てる派は、昔の恋人を嫌いになることで恋を断ち切るという傾向があります。比率的には捨てない派が男性に多く、捨てる派は女性のほうが多いです」(織田さん)

 ドキッ! 実は筆者もそうなんです…(汗)。でもなぜ、とっておく派には男性が、捨てる派には女性が多いのでしょうか?

「男性は『ばらまく性』なので、一度に沢山の女性を好きになることができます。考え方としては、昔の彼女も好き、新しい彼女はもっと好き、という思考回路をもっています。なので、過去の思い出の品を未練たらしく取っておいているという訳ではなく、その品を持っていること自体を“勲章”のように捉えているケースが多いですね。一方、女性は『選ぶ性』なので、一人の男性を好きになると、そのほかの男性に興味を持たなくなります。恋人と別れた場合、嫌いになることで、想いを断ち切ることがほとんど。そのため、女性が過去の恋人のモノを捨てられていない場合は、男性より危険と言えます。つまり、過去の恋人のモノを持っているということは、未だにその彼が本命であることが多いからなのです」(同)

 同じタイプでも男女でこんなに心理の違いがあるんですね。また、「捨てない派」の人は、今後の出会いや恋愛にこんな傾向が現れやすいとか。

「新しくいいなと思う異性を見つけても、過去の恋人のほうが性格など内面の部分をよく知っている分、『前の彼ならこうだった』と比較してしまうため恋が発展しにくくなることがあります。なので、元彼との思い出の品は、捨てられるのであれば捨てちゃったほうが新しい恋を育みやすいと思いますよ」(同)

 過去の思い出に浸るのもホドホドにしたほうが良いということですね。皆さんも思い当たるフシがありませんでしたか? なかなか新しい恋に踏み出せない人や、恋愛がうまくいかないとお悩みの人は、過去の思い出の品を“断捨離”するのもひとつの手かもしれませんよ!
(冨手公嘉/verb)
初出 2011/4/4
識者紹介
織田隼人
心理学で読み解く男女の違いを追求。主著に『彼に浮気をやめてほしい貴女へ』(あさ出版)ほか。
オフィシャルサイト
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 有馬樹里
    婚活トレーナー。nifty「恋愛の達人」等にてメールや電話などで恋愛お悩み相談を担当。講演会やカウンセリングを通して、これまで500人以上に婚活トレーニングを実施。セミナー講師は「恋愛・婚活トレーニング・実践!」など多数。メンタルトレーナーおよびカラーセラピストの資格保持。
  • 橘つぐみ
    年間200件以上の恋愛コンサルティングを行う。著書に「最終彼氏の見つけ方」「5秒で彼診断 恋のリトマス試験紙(共著)」など。
  • 島田佳奈
    作家/女豹ライター/コラムニスト。オールアバウト恋愛ガイド。 『人のオトコを奪る方法』他著作多数。 オールアバウト・ハウコレなど連載多数。 新刊『腐らず、枯れず、咲き誇れ! アラフォー独女の生きる道』(双葉社刊)絶賛発売中!
  • 山本莉会
    中国と日本のクオーター。 大手ウェブ系広告代理店を退社しライターに。 主に雑学、仕事術、恋愛コラムなどを執筆しています。 苦手なものはイケてる男性との会話。 重度の海外旅行癖があるが、小心者なので交流は苦手。
  • 有井太郎+プレスラボ
    女性にはモテないが、なぜか恋愛相談を受けることは多い男性ライター(都合がいいってことですか…?)。男性ならではの本音を交えながら、女性の方々が少しでも参考にできる恋愛テクニックを探求していきたいです!
  • 田中結
    編集&ライター。男性向けの成人誌、女性向けの婚活サイトの編集経験から、 生々しい恋愛問題が得意。おひとり様の研究も行ってい て、 ひとり焼肉、ひとり焼き鳥、ひとり居酒屋、ひとりバー、ひとり旅館、 ひとり野外フェスはクリア。