あるあるなるほどみんなのこえ恋の悩み/トラブル恋愛テク
生活/暮らし占い/診断トレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

29日生まれはどうしてる? 2月生まれあるある

2016年02月01日(月)更新  読了時間:約3分
1年の中で最も短い1ヶ月ゆえに、2月生まれも少数派?
1年の中で最も短い1ヶ月ゆえに、2月生まれも少数派?
 厳しい寒さもあともう少し。2016年を迎え、早くも2月になりました。今月誕生日を迎えた&迎えるみなさま、おめでとうございます! 2月生まれの「あるあるネタ」を集めてみました。

早生まれ

「早生まれなので、同級生より年をとるのが遅い」(東京・46歳女性)
「子どもの頃は、誕生日が待ち遠しくて。周りの子より誕生日が遅いのが嫌だった」(埼玉・31歳女性)

 早生まれの「良さ」を感じるのは、大人になってから?

バレンタイン

「誕生日がバレンタイン近くで、彼女がバレンタインと合わせて結構豪華なプレゼントをくれる(笑)」(東京・26歳男性)
「誕生日がバレンタイン。男性にチョコをあげる日というよりも、感覚的には自分がプレゼントをもらう日です」(千葉・24歳女性)
「誕生日が2月15日。誕生日プレゼントと義理チョコをいっしょくたにされるので、子どものころからチョコレートをもらう数が多い」(東京・33歳男性)

 バレンタインに、誕生日。2月生まれの男性にとっては、頂き物が多い月になりそうです。

うるう年

「2月28日生まれですが、『29日生まれじゃなくて良かったね』とよく言われる」(東京・28歳男性)
「知り合いに2月29日に生まれた人がいるけれど、その人の誕生日は戸籍の上では3月1日となっている」(東京・26歳女性)

 4年に1度の誕生日? ……というわけもなく、うるう年の2月29日生まれの人は、便宜上3月1日、または2月28日が誕生日となる人が多いようです。

入試の時期

「高校受験・大学受験と、入試の時期のまっただ中が誕生日だった。『神様がいるならば、誕生日プレゼントとして、合格させてください!』と祈ったものです」(東京・26歳女性)

 受験で緊迫した空気の中、誕生日を迎えた2月生まれの人も多そう。誕生日くらいほっと一息、リラックスした時間を過ごしたいですよね。

覚えやすい誕生日も?

「2月22日生まれ。すぐに覚えてもらえます」(東京・36歳男性)
「2月9日生まれ。誕生日を聞かれたら『肉の日です』と答えています」(山梨・30歳女性)

 確かに覚えやすいですね。林家ぺーさんでなくてもすぐに覚えられそう。


 2月生まれの皆様、共感できるあるあるネタはありましたでしょうか? 今年度もあと少し。誕生日を迎え、晴れ晴れとした気持ちで。4月からの新年度に向けて、日々頑張っていきましょう!
(桜まゆみ+プレスラボ)
初出 2014/2/8
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
カテゴリ
  • 松橋良紀
    コミュニケーション総合研究所の代表理事を務める。NLPなどをベースにした「営業心理学研修」の専門家。対人関係を円滑に進めるコミュニケーション改善講師としても活躍する。著書に「あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール」(明日香出版社)などがある。
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 坂下隆子
    男性専用ネイルサロン「オトコネイル」の代表を務める。72歳の男性実業家のひと言をきっかけに男性用のネイルサロンを立ちあげた。現在、オトコネイルは市ヶ谷店と霞が関ビル店の2店舗。「闘う男性のためのひとときの安らぎ空間」をコンセプトとしている。
  • 藤井弘美+プレスラボ
    女子高生時代、やんちゃな友人に恵まれつつ、自身は品行方正に育つ。ディープな恋愛相談を受けることが多く、ほぼ愚痴と化した相談に徹夜で付き合いながら内心「スプラトゥーンやりたいなあ…」と思うアラサーライター。
  • 吉田未希
    ヒトメボコラム編集長
  • ふくだりょうこ+プレスラボ
    ライター。乙女ゲームシナリオのほか、エコや占い、恋愛についてのコラムを執筆。 常に男女の恋についてさまざまな妄想を繰り広げています。 趣味は手抜き料理を考えることと、ライブ鑑賞。