あるあるなるほどみんなのこえ恋愛テク恋の悩み/トラブル
占い/診断生活/暮らしトレンド/カルチャー女の本音/心理その他のカテゴリ→

花柄、レギンスは要注意!? 男子が嫌いな女子のNGファッション

2012年03月07日(水)  読了時間:約5分
花柄のワンピース
ガーリーな花柄ワンピは、女子には大人気だけど…!?
 女性にとって、ファッションやメイクへの興味関心は非常に高いもの。熱心にトレンドの傾向を研究したり、いち早く流行のアイテムをゲットしたいという人も少なくないはずです。しかし、そんな女性のファッションへの熱意とは裏腹に、男性からは冷ややかな視線が向けられていることも珍しくないよう…。

 というのも、男性には「あえて口出しするほどではないけれど、じつはNG」な女性のファッションが色々と存在するらしいのです。そこで実際に周囲の男性の意見を聞いてみたところ、こんな意見をキャッチしました。

「花柄ブームがきたとき、街中の女の子が花柄を着ていて怖くなった。あまりにも個性がなさ過ぎて心配になる」(20歳・大学生)

「一時期流行ったロンパースが嫌いだった。まるで病院で着る服みたいで、全然オシャレだと思えなかった」(22歳・工場勤務)

「レギンス。履く意味が分からない! さらに言うと、トレンカはもっと分からない。中途半端に足が蒸れそう」(24歳・会社員)

「短い靴下を履いてサンダルを合わせるコーディネートをよく見かけるけど、なんかダサくないですか? 」(26歳・印刷会社)

 女子目線ではイケてるおしゃれのつもりでも、意外と男子ウケの悪いファッションって身近に存在するんですね…。こうした好みは人それぞれだと思いますが、男性の多くが密かに嫌う女子のファッションってあるんでしょうか? 前回「嫌われる女子の言動」を教えてくれた恋愛コンサルタントの橘つぐみさんに解説してもらいました!

「まず前回、男性には『人の心を読み取るのが上手な人』と『そうでない人』の2タイプがいると言いましたが、ファッションに関してもこのタイプの違いによって嫌がるポイントに差が出ます。象徴的なのは、『人の心を読み取るのが上手な人』は流行りモノを好まず、逆に『人の心を読み取るのが苦手な人』は、流行に飛びつく傾向があるということ。これは女性のファッションに対して抱く感情とも同じで、前者の男性は流行りものばかりで固めたコーディネートをあまりよく思わないのです。反対に後者の男性には、トレンドを意識したファッションの方がウケがいいこともあります」(橘さん)

 やはり、男性のタイプによってどの程度トレンドを取り入れるか、様子を見た方がよさそうですね。また、こんな傾向もあるそう。

「人の心を読み取るのが苦手なタイプの男性は、深く人の心を詮索しない分、『自分の目で見たもの』をそのまま信じることが多いです。そのため、流行中のファッションであっても女性であることを感じさせない露出度の低い服ばかり着ていると、物足りなく思われてしまう可能性が高いでしょう。冒頭のコメントにあったようなアイテムは、露出が少なかったり、どこか子供っぽい印象を与えるものが多い点で共通していますね。また、体のラインがまったく出ないゆるいシルエットの服もあまり好まれません。流行のふわっとしたシルエットのトップスを使うなら、透け感のあるシフォン素材などを選ぶといいと思いますよ。また流行アイテムの中ならショートパンツは広く好評です」(同)

 なるほど…露出の度合いと素材のバランスを考えてコーディネートするのも、ひとつのワザとして覚えておきたいですね。ちなみに橘さん! 最近巷で「ボーダーを着ている女性はモテない」というウワサをよく耳にするのですが…男性の目には果たしてどう映っているのでしょうか?

「ボーダーがダメということでは決してないので、ご安心を(笑)。ただ、もともとボーダー自体が割とカジュアルな服に多いですから、それでいてデザイン上どこにも女らしさがないものを選んでしまうと、男性ウケは悪くなるかもしれません。また、ボーダーはトレンドのアイテムでもあり取り入れやすい分、似たような服を多く買ってしまう女性が多いのかもしれませんね。当然、毎日同じようなコーディネートになってしまうと男性の新鮮味も減りますよね」(同)

 週の半分はボーダーを着ている筆者ですが、もうちょっとコーディネートを工夫しなければいけませんね…(悩)。では最後に、男性の多くが嫌がるこんなNGポイントも。

「10cm以上のハイヒールは、なるべくデートでは避けたほうが無難です。女性は靴にこだわる人も多いですが、それはあくまで自己満足の世界。実際、男性はそこまで注目していないものです。むしろ移動が多いと分かっているのに歩きづらい靴を履いて来たことに対して、男性からの評価が下がります」(同)

 なるほど。デートコースを想定したうえで、靴選びも慎重に行うべきかもしれませんね。それにしても、男性と女性ではおしゃれに感じるポイントに微妙な差があるということがよく分かりました…。流行アイテムを取り入れたファッションは、女子同士で集まるときの勝負服として使うのがいいかもしれませんね♪
(池田香織/verb)
識者紹介
橘つぐみ
年間200件以上の恋愛コンサルティングを行う。著書に「最終彼氏の見つけ方」「5秒で彼診断 恋のリトマス試験紙(共著)」など。
オフィシャルサイト
このコラムが気に入ったらフォローしてね!

 
最新情報をお届けします。
コメント
0/400

コメントに関する注意
あわせて読みたい
性格診断
  • 植田愛美
    株式会社Willコミュニケーション 代表取締役。コミュニケーション関連の各種セミナーを企画・運営。自らインストラクターとして指導にあたることも多い。同時に恋愛問題などを得意とするコラムニスト。大手媒体で連載コラムは多数。NLPをはじめ心理系の資格を複数保持。
  • 五百田達成
    「特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ」(クロスメディア・パブリッシング)が12万部を超えるベストセラーに。東京・恵比寿にて働き女子の人生相談ルーム「恋と仕事のキャリアカフェ」を主宰。2014年1月7日に新刊が発売。「実はあなたもやっている!? ウザい話し方」(PHP研究所)
  • 荒牧佳代
    恋愛科学研究所所長、恋愛科学カウンセラー。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。2013年、avex(エイベックス)×DocomoのBeeTV「声感☆ラブメッセージ」全12話監修。2014年、Yahoo女子向けニュースアプリ「ポストピ」にて業界通のタレントとして恋愛記事をチョイス!コメント付きでピックアップ中。「Yahoo、ツヴァイ、ブックビヨンド(学研)」3社の新メディアブランドプロジェクト【恋活サプリ】にて毎週金曜日コラム更新、当プロジェクトより電子書籍「モテに興味ある男、モテに興味ないフリする女」も出版。他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、Webサイトのコラム執筆、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。
  • 田中結
    編集&ライター。男性向けの成人誌、女性向けの婚活サイトの編集経験から、 生々しい恋愛問題が得意。おひとり様の研究も行ってい て、 ひとり焼肉、ひとり焼き鳥、ひとり居酒屋、ひとりバー、ひとり旅館、 ひとり野外フェスはクリア。
  • 姫野ケイ+プレスラボ
    ヴィジュアル系バンドが大好きなバンギャルライター。 学生時代は出版社でアルバイトをしながら、年間60本以上のライブに通うというライブ三昧の日々を送る。化粧映えのするイケメンとお酒が大好き。 恋愛、エンタメ、暮らしに役立つコラムを執筆中。
  • 坂井あやの
    お酒と野球をこよなく愛する、アラサー独女ライター。グルメ誌、ファッション誌の恋愛、マネー関連のページまで、幅広く執筆中。 酸いも甘いも知った大人女子w目線で、恋の不思議と謎を追及していきます!